Announcements
Community Announcement : Welcome to the NEW Cypress Developer Community.
cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 

PSoC 4

TeMa_2997106
Contributor II

Bridge Control Panel のI2C-USB 変換機能を使用しています。

[環境]

ツール : PSoC Creator 4.3

ボード : CY8CKIT-041-41XX

使用プロジェクト : CE195362/CE222306など(あまりデザイン依存はなさそうで、どのデザインでも発生します)

本ツールのEditor画面で 1回目のコマンドは正常に動作するのですが、続けて2回目のコマンドを発行すると、通信できなくなります。

コマンドを実行しようとすると、1回目は受け付けます。

BCP_Manual操作1.bmp

このまま、違うコマンドを入力すると、

BCP_Manual操作2.bmp

のように、本来のデザインではLEDの色が変わるようなコマンドであるにも関わらず、反映されません。

周波数はCreator上のデザインに合わせて設定しています。それ以外はデフォルトです。

設定箇所に抜けがあるのでしょうか。

見るべきところがどこなのかわからず、何が問題なのかの切り分けもできずに困っています。

宜しくお願いします。

以上です。

0 Likes
6 Replies
RyanZhao
Moderator
Moderator

”w 08- 01- 02- 17- p"では、”-”がNCKの意味です(”+”=ACK)。

I2CスレーブがACK応答を提供しないようです。2つのコマンドの間に、Delayが必要かもしれないと思います。

それに加えて、CE222306の場合、CE222306のBCP_Master_I2cCmd.iic をご参照してください。

以上、宜しくお願い致します。

0 Likes
TeMa_2997106
Contributor II

コメントありがとうございます。

添付の.iicを用いて確認しましたが、これを用いても挙動は(手動でコマンドを入力した際と)変わりません。

ボードに電源起動後、最初に.iicを読み込ませるとLEDがRED→GREEN→BLUEと変化します。

次に同じく.iicを実行すると、LEDがREDから変わりません。

Delayはここで500としていますが、この数値を増やしても変化は無さそうです。

(挙動に違いは出ません)

以上です。

0 Likes
TeMa_2997106
Contributor II

追加情報です。

本症状は、ボードについて回ります。

CY8CKIT-041-41XXが手元に3枚ありますが、あるボード(1枚)では何百回試しても正常(問題なく動作する)のに対し、あるボード(2枚)では必ず上記の症状が出る、などのように、ボードに依存します。

ケーブル、PC、電源(バスパワーor外部供給)等、要因を探るべくいろんな組み合わせを試していますが、起きるボードでは起きる、起きないボードでは全く起きない、と症状がはっきりと切り分けできているのが現状です。

また、同一デザインをCY8CKIT-041-40XXなど別なボードで試しても問題がでませんでした(正常に動作します)。

ボード上で確認すべき点はありますでしょうか。

以上です。

0 Likes
RyanZhao
Moderator
Moderator

返事が遅れて申し訳ありません。

ボードに依存ている場合は、ハードウェアの問題のようなものだと思います。

この問題は他のI2Cコード例で再現できますか?

I2Cハードウェア接続、プルアップ抵抗、I2C波形等々をご確認ください。

以上、よろしくお願いいたします。

0 Likes
TeMa_2997106
Contributor II

ご回答ありがとうございます。

コードについてはCE195362/CE222306双方で発生していますので、コード依存は無いと考えています。

ハード的には試したボードはすべてCY8CKIT-041-41XXですので、個体バラツキ以外の差異は無いと思います。

プルアップ抵抗はSchematicを確認する限りではSCL/SDA共に2.2kΩです。

波形については確認してみます。

以上です。

0 Likes
TeMa_2997106
Contributor II

本件、PSoC5 - PSoC4間のI2Cライン(SCL, SDA)にプルアップ抵抗10KΩを付加したところ、動作が安定しました。

(元のプルアップ回路は残したままです)

実質のプルアップ抵抗が下がるので、バスライン上の容量成分の問題である可能性が高いと考えますが、個体バラツキがあるように感じますので、抵抗値を下げるなどの処置が必要なのかもしれません。

以上です。

0 Likes