Announcements
IMPORTANT: Cypress Developer Community is transitioning on October 20th. To learn more and be prepared for this change, check out our latest announcement.
cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 

Knowledge Base Articles

S6BT112A CXPIトランシーバー:LINシステムでのS6BT112A評価 – KBA229364 - Community Translated (JA)

ChaitanyaV_61
Employee

S6BT112A CXPIトランシーバー:LINシステムでのS6BT112A評価 – KBA229364 - Community Translated (JA)

Community Translated by NaTa_2243041        Version: **

Translation - English: S6BT112A CXPI Transceiver: Evaluate S6BT112A with LIN System – KBA229364

図1に示すように、S6BT112AにはLINトランシーバーと互換性のあるピン割り当てがあるため、S6BT112Aは、既存のLINシステムのLINトランシーバーをS6BT112Aに置き換えるだけで評価できます。

    図1. ピンの割り当て:S6BT112AとLINトランシーバー

 pastedImage_0.png

図2は、既存のLINシステムのLINトランシーバーをS6BT112Aに置き換えるS6BT112A接続の例を示します。

LINシステムでは使用されない 8番ピン (CXPI:SELMS) は、マスターノードでは追加でGNDに接続し、スレーブノードでは5V (MCU電源) に接続する必要があります。

LINシステムでは使用されない 3番ピン (CXPI:CLK) は、マスターノードではボーレート周波数のクロックに接続する必要があります。クロックは、MCUのPWM出力または外部パルスジェネレータです。クロックは、TXD/RXD信号と同期する必要はありません。また、スレーブノードのCXPIトランシーバーの3番ピンは未使用のままにしてください。

2番ピンは、LINトランシーバーと S6BT112A の両方におけるスリープ制御です。S6BT112A をアクティブ状態にして物理層の特性を評価してください。スリープ機能を使用するLINシステムの場合は、MCUポートへの2番ピンの配線を切断し、5V (MCU電源) に再接続する必要があります。スリープ機能を使用しないLINシステムの場合は、2番ピンの配線を変更する必要はありません。

                             図2. 接続例:LINトランシーバーとS6BT112A

pastedImage_9.png

pastedImage_10.png

0 Likes
Version history
Revision #:
1 of 1
Last update:
‎Jul 02, 2020 05:11 AM
Updated by:
 
Contributors