Announcements
IMPORTANT: Cypress Developer Community is transitioning on October 20th. To learn more and be prepared for this change, check out our latest announcement.
cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 

Knowledge Base Articles

PSoC 4 / PRoC BLE WCO 用外部発振器 - KBA200299 - Community Translated (JA)

ChaitanyaV_61
Employee

PSoC 4 / PRoC BLE WCO 用外部発振器 - KBA200299 - Community Translated (JA)

Community Translated by  MoTa_728816          Version: **

質問:

PSoC 4 / PRoC BLE の時計クリスタル発振器 (WCO) に外部発振器を使用できますか

回答:

はい、WCO に外部発振器を使用することは可能です

ードウェアで以降の設定を行ってください

 1. 外部のクロックソースを XTAL32O ピンに接続します

 2. XTAL32I ピンは浮かせておいてください。もし浮かせておくことが望ましくない場合には XTAL32I パッドとグランドの間に最低でも 500kΩ のインピーダンスを持たせてください。(*1)

 3. 振れ幅が最小で 0V から 1.0V, 又は最大で 0V から 1.6 V の外部クロックソースを与えてください

 4. クロックのデューティサイクルは 20% から 80% のものにしてください。

(*1) 原文では 500kW でしたが、500kΩに修正しました。

外部クロックを使用する場合、ファームウェア

 1. デザインワイドリソース .cydwr ファイルの Configure System Clock ウィンドウの Low Frequency Clocks タブで WCO を無効にして、LFCLK ILO を選択してください

 2. WCO を有効にする前に BLE_BLESS_WCO_CONFIG レジスタの EXT_INPUT_EN (bit 2)ビットを '1' にセットしてください。

 3. CySysClkWcoStart(); API をコールして WCO を開始してください。

 4. CySysClkSetLfclkSource(CY_SYS_CLK_LFCLK_SRC_WCO); API をコールして LFCLK のソースとして WCO を選択してください

 5. CySysClkIloStop(); API をコールして、ILO を停止してください。

以下は WCO に外部クロックソースを使用するサンプルコードです

int main()

{

 /* 外部クロックを有効にする */

 CY_SYS_CLK_WCO_CONFIG_REG |= CY_SYS_CLK_WCO_EXT_INPUT_EN;

 /* WCO を開始 */

 CySysClkWcoStart();

 /* WCO をクロックソースとして選択 */

 CySysClkSetLfclkSource(CY_SYS_CLK_LFCLK_SRC_WCO);

 /* ILO を停止 */

 CySysClkIloStop();

 CyGlobalIntEnable;

 /* BLEスタックの初期化 */

 CyBle_Start(EventCallback);

 for(;;)

 {

  CyBle_ProcessEvents();

 }

}

0 Likes
Version history
Revision #:
1 of 1
Last update:
‎Apr 28, 2020 05:04 AM
Updated by:
 
Contributors