Announcements
IMPORTANT: Cypress Developer Community is transitioning on October 20th. To learn more and be prepared for this change, check out our latest announcement.
cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 

Knowledge Base Articles

ケーブル検出中にサイプレスデバイスからのディスカバーIDメッセージの再試行 - KBA229052 - Community Translated (JA)

GeethaP_31
Employee

ケーブル検出中にサイプレスデバイスからのディスカバーIDメッセージの再試行 - KBA229052 - Community Translated (JA)

Community Translated by  NoTa_4591161 Expert         Version: **

Translation - English: Retries of Discover Identity Messages from Cypress Device During Cable Discovery – KBA229052

質問:
Universal Serial Bus Power Delivery Specification v3.0ユニバーサルシリアルバス電源供給仕様V3.0の章6.7によると、nDiscoverIdentityCount20)を超えることなく、Explicit Contractの間にケーブル検出を実行する際にGoodCRC応答が受信されない場合にDiscover Identityメッセージが送信されてはなりません。CCG6などのCypressのデバイスをベースにした製品がタイムアウト前に60個のDiscover Identityメッセージを送信するのはなぜでしょうか?

回答:
CypressDiscover Identityコマンドの実装は、ユニバーサルシリアルバス電源供給仕様に準拠しています。Discover Identityメッセージの再試行には2つのレベルがあります。

  1. プロトコルレベル: 1.1ミリ秒以内にGoodCRC応答を受信しないメッセージが送信された場合、メッセージの損失を回避するためにnRetryCount2)の再試行が行われます。バス上でメッセージが破損した可能性を考慮して行われます。これはnDiscoverIdentityCountにカウントされません。
  2. ポリシーエンジンレベル: Explicit Contract中にケーブルの検出を実行する場合、Discover Identityコマンド要求は50ミリ秒ごとに送信されます。GoodCRCメッセージ応答が受信されない場合、19回の再試行が行われます。これは、EMCAの電源投入に時間がかかり、メッセージに応答しない可能性を考慮して行われます。これらの再試行のみがnDiscoverIdentityCountに対してカウントされます。

したがって、メッセージIDが異なるDiscover Identityメッセージごとに、2回の再試行が行われます。よって、合計20 x 3Discover Identityメッセージが送信されます。要約すると、Cypressのデバイスをベースとする製品は、ケーブルの検出を行うとき、タイムアウトする前に60個のDiscover Identityメッセージを送信するのが妥当となります。

0 Likes
Version history
Revision #:
1 of 1
Last update:
‎Jul 09, 2020 10:24 PM
Updated by:
 
Contributors