Announcements
IMPORTANT: Cypress Developer Community is transitioning on October 20th. To learn more and be prepared for this change, check out our latest announcement.
cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 

Community Translations

MotooTanaka
Esteemed Contributor

Hi,

I'd like to translate KBA89260 into Japanese.

Please confirm to my work.

moto

Original KBA: KBA89260

Low-Power Comparator Response Time and Overdrive Voltage in PSoC® 4 – KBA89260

0 Likes
2 Replies
JennaJo
Moderator
Moderator

Hello, Tanaka-san

Approve to work.

Thanks,

jenna

Jenna Jo
MotooTanaka
Esteemed Contributor

Original KBA: KBA89260

Low-Power Comparator Response Time and Overdrive Voltage in PSoC® 4 – KBA89260

Translated by:  MoTa_728816

==============================

タイトル:PSoC® 4 ローパワー コンパレータの応答時間とオーバードライブ電圧 - KBA89260

ヴァージョン:*A

質問:

ローパワー コンパレータ (Low Power Comparator) コンポーネントの検知できる最小の電圧差はいくらですか? データシートでは 50 mA と記載されていました。

回答:

PSoC® 4 Low Power Comparator (LPComp)​ のデータシートの DC and AC Electrical Characteristics の LPComp AC Specifications では下記のような表が記載されています。

表 1: LPComp AC Specifications

001-1.png

例えば、ノーマルモードで、応答時間が 38 ns とは、オーバードライブ電圧 (これはコンパレータの正入力と負入力の差)が 50 mV の時に、入力から出力への応答時間が 38 ns になるという意味になります。ローパワーモードでも、ウルトラ ロー パワーモードでも同様です。

もし、オバードライブ電圧が 50 mV 未満であれば、応答時間は対応して増加します。そのためオーバードライブ電圧が下がるとともに応答時間は増加します。

コンパレータが検出できる最小の電圧差は入力信号の安定度に依存します。たとえば、もし入力とリファレンス電圧の両方がとても安定していて、ヒステリシス (hysterisis) が有効になっている場合、リファレンス電圧は 10 mV 単位で増加されます。これは電圧の変動を防ぐのと、ノイズによる期待していない出力の発生を回避するためです。これは同時にコンパレータが最小 10 mV の変化を検知できるということも意味します。しかし、その場合の応答時間は長くなります。

==============================

26-May-2020

moto

0 Likes
Top labels