Announcements
IMPORTANT: Cypress Developer Community is transitioning on October 20th. To learn more and be prepared for this change, check out our latest announcement.
cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 

Community Translations

Kenshow
Esteemed Contributor

Hi,               

I would like to translate KBA226779 into Japanese.

Please confirm to my work.

Thanks,

Kenshow

0 Likes
2 Replies
JennaJo
Moderator
Moderator

Hello, Kenshow-san

Confirm to work this KBA.

Thanks

Jenna

Jenna Jo
0 Likes
Kenshow
Esteemed Contributor

Hi Jenna-san,

                              

Japanese translation was over.
Please check below.

Original KBA:

Analysis of CX3 Video Timing Parameters – KBA226779

Thanks.

Kenshow

==============================

タイトル: CX3ビデオタイミングパラメーターの分析 – KBA226779

バージョン:**

一般に、CX3 MIPIコンフィグレーションツールには、独自の重要性を持つさまざまなビデオタイミングパラメーターがあります。このKBAでは、MIPIブロックのすべてのビデオ関連パラメーターについて説明します。

Untitled.png 

タイミングパラメータを理解するには、仮想パラメーター(ピクセルクロック)を導入する必要があります。ピクセルクロックは、ピクセルがビデオストリームで送信されるクロックレートです。その値は、ビデオの解像度と1秒あたりのフレーム数(FPS)によって異なります。

次のようにピクセルクロックを計算します。

1秒あたりのフレーム数がFPSで、(H-Active x V-Active)がビデオ解像度の場合、H-BlankV-Blankが導入されたブランキング時間です。

1つの完全なフレームの時間(つまり、(H-合計x V-合計)解像度の場合)= 1÷FPS

1つの完全な水平線の時間=1÷FPS÷V-合計(ライン数)

1ピクセルを送信する時間=1÷FPS÷V-合計(ライン数)÷H-合計(ピクセル数)

このとき、ピクセルクロック(MHz=FPS×V合計×H合計) ÷10 ^ 6

H-合計(µs)の計算:ピクセルクロック)×H-合計(ピクセル数)

最小CSIクロックを計算するには:

CSIクロックは、ビデオデータビットがMIPIブロックに入るクロックレートです。データビットはDDRをサポートしているため、クロックの両方の(立ち上がりおよび立ち下がり)エッジで転送されます。1つのクロックエッジで入力されるビット数は、選択したMIPIデータレーンの数と同じです。

CSI仕様の最小値を計算するには、次のように各ビットに必要な最小時間を見つける必要があります。

各水平ラインの総ビット数= H-アクティブ×ピクセル深度

各ビットに必要な時間=H-アクティブ(ピクセル)×ピクセル深度)÷H-合計(μs

すでに述べたように、CSIクロックはDDRなので、時間は半分になります=H-アクティブ(ピクセル単位)×ピクセル深度)÷H-合計(µs単位)÷2

CSIクロックの各エッジで転送されるビット=データレーン

したがって、必要な最小CSIクロック=H-アクティブ(ピクセル)×ピクセル深度)÷H-合計(µs÷2÷データレーン

CSIインターフェースのH-アクティブ時間を計算するには:

MIPIインターフェースが送信する必要のある1つの水平ラインのビットの総数= H-アクティブ(ピクセル単位)×ピクセル深度

CSIクロックの各エッジで転送されるビット=データレーン

CSIクロックにはDDRがあります。したがって、有効なクロックは、2×CSI_Clockになります。

1つの水平ラインでデータビットを転送するのにかかる時間(Hアクティブ時間(µs))= [1÷2×CSI_Clock×データレーン)ピクセル深度×Hアクティブ(ピクセル)

PHY時間遅延値を計算するには:

PHY遅延値は、「THS PREPARE +THS ZERO / 2)」 時間でCSI RXLPßàHSクロックによって取得されるティックのおおよその数です。この遅延値は、LPからHSへの遷移を制御するために使用されます。この値はツールによって計算されます(MIPI Receiver Configurationの右下隅を参照)。CyU3PMipicsiSetPhyTimeDelay()を使用して手動で設定する必要があります。

PHY時間遅延値= {[THS_Preparein ns+THS_Zeroin ns/ 2]÷[CSI RXLPßàHS ClockMHz×1000]} -1

ティック数は小数にはできないので、この値を切り上げます。範囲が0から始まるため、この値から1が差し引かれます。

==============================

10-June-2020

Kenshow

0 Likes
Top labels