2 Replies Latest reply on Nov 16, 2020 2:10 AM by NoTa_4591161

    Community Translation - Block Protection Configuration on FL-S and FS-S NOR Flash – KBA224451

    NoTa_4591161

      Hi,               

       

      I would like to translate KBA224451 into Japanese.

      Please confirm to my work.

       

      Thanks,

      Kenshow

        • 1. Re: Community Translation - Block Protection Configuration on FL-S and FS-S NOR Flash – KBA224451
          JuyoungJ_06

          Hello, Kenshow-san

          Confirm to work this KBA.

           

          Thanks,

          Jenna

          • 2. Re: Community Translation - Block Protection Configuration on FL-S and FS-S NOR Flash – KBA224451
            NoTa_4591161

            Hi Jenna-san,

                                           

            Japanese translation was over.
            Please check below.

             

            Original KBA:

            Block Protection Configuration on FL-S and FS-S NOR Flash – KBA224451

             

            Thanks.

            Kenshow

            ==============================

             

            タイトル: FL-SおよびFS-SNORフラッシュのブロック保護設定– KBA224451

             

            バージョン:**

             

            質問:

            FL / SSデバイスに基本ブロック保護を実装および設定するにはどうすればよいですか?

             

            回答:

            サイプレスは、FL-SおよびFS-Sデバイスのメモリアレイの全部または一部を書き込み保護するための基本的なブロック保護機能を提供します。選択可能な保護領域を設定でき、場所はフラッシュの上部(上位アドレス)または下部(下位アドレス)のいずれかになります。

             

            1. 上部アレイの保護開始(TBPROT = 0

            ステータスレジスタの内容

            メモリアレイの保護された部分

            保護されたメモリ(KB

            BP2

            BP1

            BP0

            FL/S128S
            128 Mb

            FL/S256S
            256 Mb

            FL/S512S
            512 Mb

            0

            0

            0

            無し

            0

            0

            0

            0

            0

            1

            Upper 64th

            256

            512

            1024

            0

            1

            0

            Upper 32nd

            512

            1024

            2048

            0

            1

            1

            Upper 16th

            1024

            2048

            4096

            1

            0

            0

            Upper 8th

            2048

            4096

            8192

            1

            0

            1

            Upper 4th

            4096

            8192

            16384

            1

            1

            0

            Upper Half

            8192

            16384

            32768

            1

            1

            1

            すべてのセクタ

            16384

            32768

            65536

             

            2. 下部アレイの保護開始(TBPROT = 1

            ステータスレジスタの内容

            メモリアレイの保護された部分

            保護されたメモリ(KB

            BP2

            BP1

            BP0

            FL / S128S
            128 Mb

            FL / S256S
            256 Mb

            FL / S512S
            512 Mb

            0

            0

            0

            無し

            0

            0

            0

            0

            0

            1

            Lower 64th

            256

            512

            1024

            0

            1

            0

            Lower 32nd

            512

            1024

            2048

            0

            1

            1

            Lower 16th

            1024

            2048

            4096

            1

            0

            0

            Lower 8th

            2048

            4096

            8192

            1

            0

            1

            Lower 4th

            4096

            8192

            16384

            1

            1

            0

            Lower Half

            8192

            16384

            32768

            1

            1

            1

            すべてのセクタ

            16384

            32768

            65536

             

            保護は、ステータスレジスタとコンフィグレーションレジスタを設定することで構成できます。ただし、FL-SデバイスとFS-Sデバイスにはいくつかの違いがあります。

             

            FL-Sデバイスの場合、SR1CR1はデバイスのデータシートに従って設定する必要があります。

             

            3. FL-Sステータスレジスタ1SR = 1

            ビット

            フィールド名

            機能

            タイプ

            デフォルトの状態

            説明

            7

            SRWD

            ステータスレジスタ書き込み無効

            不揮発性

            0

            1 = WRRコマンドを無視して、WP#がLOWの場合、SRWDBP、およびコンフィグレーションレジスタビットの状態をロックします。
            0 = WP
            #がLOWの場合でも保護なし

            6

            P_ERR

            ステータスレジスタ書き込み無効

            揮発性、読み取り専用

            0

            1 =エラーが発生しました

            0 =エラーなしr

            5

            E_ERR

            消去エラーの発生

            揮発性、読み取り専用

            0

            1 =エラーが発生しました
            0 =
            エラーなし

            4

            BP2

            ブロック保護

            CR1 [3] = 1の場合は揮発性、

            CR1 [3] = 0の場合は不揮発性

            CR1 [3] = 1の場合は1、サイプレスから出荷された場合は0

            選択した範囲のセクタ(ブロック)をプログラムまたは消去から保護します。

            3

            BP1

            2

            BP0

            1

            WEL

            書き込みイネーブルラッチ

            揮発性

            0

            1 =デバイスは書き込みレジスタ(WRR)、プログラム、または消去コマンドを受け入れます。
            0 =
            デバイスは書き込みレジスタ(WRR)、プログラム、または消去コマンドを無視します。
            このビットはWRRの影響を受けません。WRENおよびWRDIコマンドのみがこのビットに影響します。

            0

            WIP

            進行中の書き込み

            揮発性、読み取り専用

            0

            1 =デバイスビジー、書き込みレジスタ(WRR)、プログラム、消去、またはその他の操作が進行中です。
            0 =
            準備完了デバイスはスタンバイモードであり、コマンドを受け入れることができます

             

            4. FL-Sコンフィグレーションレジスタ1CR = 1

             

            ビット

            フィールド名

            機能

            タイプ

            デフォルトの状態

            説明

            7

            LC1

            レイテンシコード

            不揮発性

            0

            初期読み取り待ち時間サイクルの数を選択します。
            レイテンシコードテーブルを参照してください。

            6

            LC0

            0

            5

            TBPROT

            ブロック保護の開始を設定

            OTP

            0

            1 = BPは下部から始まります(下位アドレス)。
            0 = BP
            は先頭(上位アドレス)から始まります。

            4

            RFU

            RFU

            OTP

            0

            将来の使用のために予約されています。

            3

            BPNV

            ステータスレジスタでBP2-0を設定

            OTP

            0

            1 =揮発性
            0 =
            不揮発性

            2

            TBPARM

            パラメータセクタの場所を設定

            OTP

            0

            1 =上部に4KBの物理セクタ(上位アドレス)。
            0 =
            下部に4KBの物理セクタ(下位アドレス)。
            ユニフォームセクタデバイスのRFU

            1

            QUAD

            デバイスをクアッドI/O操作にする

            不揮発性

            0

            1 =クワッド
            0 =
            デュアルまたはシリアル

            0

            FREEZE

            ステータスレジスタのBP2-0ビット、コンフィグレーションレジスタのTBPROTTBPARM、およびOTP領域の現在の状態をロックする

            揮発性

            0

            1 =ブロック保護とOTPロック。
            0 =
            ブロック保護とOTPのロックが解除されています。

             

            • SR1 [42]BP2-0)は保護範囲を定義します。
            • CR1 [5]TBPROT)は、上部または下部のブロック保護位置を定義します。
            • CR1 [3]BPNV)は、SR1 [42]BP2-0のプロパティを定義します。BPNV= 0の場合、BP2-0は不揮発性であり、構成はPOR後も存続できます。BPNV = 1の場合、BP2-0は揮発性であり、パワーオンリセット(POR)後に値は常に111bにリセットされます。
            • CR1 [0]FREEZE)は、BP2-0TBPROT、およびBPNVビットを予期しない変更から次のPORまでロックできます。これらのビットを変更するとエラーが報告され、FREEZE = 1の場合は失敗します。FREEZEビットは揮発性であり、POR後に0にリセットされます。

            BPNVビットとTBPROTビットはOTPビットであり、「0」から「1」に一度だけ設定でき、それ以上元に戻すことはできないことに注意してください。これらのビットを構成するときは注意してください。SRおよびCRを設定する前に、WRENコマンドを適用してさらにWRRコマンドを有効にする必要があります。

            ブロック保護構成を変更した後は、FREEZEビットを「1」に設定することをお勧めします。FREEZEビットが「1」に書き込まれると、PORまたはハードウェアリセットによってのみ「0」にクリアできます。ソフトウェアリセットは、FREEZEビットの状態には影響しません。これにより、予期しない変更やハッキングを防ぐことができます。

            FS-Sデバイスの場合、SR1NVおよびCR1NVはデバイスのデータシートに従って設定する必要があります。

             

            5. FS-Sステータスレジスタ1の揮発性(SR1V

            ビット

            フィールド名

            機能

            タイプ

            デフォルトの状態

            説明

            7

            SRWD

            ステータスレジスタ書き込み無効

            揮発性読み取り専用

            SR1NV

            SR1NVの揮発性コピー[7]

            6

            P_ERR

            プログラミングエラーの発生

            揮発性読み取り専用

            1 =エラーが発生しました。
            0 =
            エラーなし。

            5

            E_ERR

            消去エラーの発生

            揮発性

            1 =エラーが発生しました。
            0 =
            エラーなし。

            4

            BP2

            ブロック保護揮発性

            揮発性

            BPビットが揮発性(CR1NV [3] = 1)として設定されている場合、選択した範囲のセクタ(ブロック)をプログラムまたは消去から保護します。これは、BPビットが不揮発性として設定されている場合のSR1NV [42]の揮発性コピーです。BPビットが揮発性として設定されている場合、ユーザーは書き込み可能です。

            3

            BP1

            2

            BP0

            1

            WEL

            書き込みイネーブルラッチ

            揮発性

            1 =デバイスは、書き込みレジスタ(WRRおよびWRAR)、プログラム、または消去コマンドを受け入れます。
            0 =
            デバイスは、書き込みレジスタ(WRRおよびWRAR)、プログラム、または消去コマンドを無視します。
            このビットはWRRまたはWRARの影響を受けず、WRENおよびWRDIコマンドのみがこのビットに影響します。

            0

            WIP

            書き込み中

            揮発性読み取り専用

            1 =デバイスビジー、プログラムや消去などの組み込み操作が進行中です。
            0 =
            準備完了デバイスはスタンバイモードであり、コマンドを受け入れることができます。
            このビットはWRRまたはWRARの影響を受けず、WIPステータスのみを提供します。

             

            6. FS-Sステータスレジスタ1の不揮発性(SR1NV

            ビット

            フィールド名

            機能

            タイプ

            デフォルトの状態

            説明

            7

            SRWD_NV

            ステータスレジスタ書き込み無効デフォルト

            不揮発性

            0

            1 = SR1NVSR1VCR1NV、またはCR1Vに影響を与えるWRRまたはWRARコマンドを実行しないことにより、WP#LowのときにSRWDBP、およびコンフィグレーションレジスタ1ビットの状態をロックします。
            0 = WP#
            が低い場合でも、保護はありません。

            6

            P_ERR_D

            プログラミングエラーのデフォルト

            不揮発性
            読み取り専用

            0

            プログラミングエラーステータスのデフォルト状態を提供します。ユーザーがプログラムすることはできません。

            5

            E_ERR_D

            エラーのデフォルトを消去

            不揮発性
            読み取り専用

            0

            消去エラーステータスのデフォルト状態を提供します。ユーザーがプログラムすることはできません。

            4

            BP_NV2

            ブロック保護不揮発性

            不揮発性

            000b

            BPビットが不揮発性(CR1NV [3] = 0)として構成されている場合、選択した範囲のセクタ(ブロック)をプログラムまたは消去から保護します。BPビットが揮発性(CR1NV [3] = 1)に構成されている場合、111bにプログラムされます。その後、これらのビットはユーザーがプログラムできなくなります。

            3

            BP_NV1

            2

            BP_NV0

            1

            WEL_D

            WELのデフォルト

            不揮発性
            読み取り専用

            0

            WELステータスのデフォルト状態を提供します。ユーザーがプログラムすることはできません。

            0

            WIP_D

            WIPのデフォルト

            不揮発性
            読み取り専用

            0

            WIPステータスのデフォルト状態を提供します。ユーザーがプログラムすることはできません。

             

            7. FS-Sコンフィグレーションレジスタ1揮発性(CR1V

            ビット

            フィールド名

            機能

            タイプ

            デフォルトの状態

            説明

            7

            RFU

            将来の使用のために予約

            揮発性

            CR1NV

            1. 予約済み。

            6

            RFU

            5

            TBPROT

            TBPROT_Oの揮発性コピー

            揮発性
            読み取り専用

            ユーザーによる書き込みはできません。
            CR1NV [5] TBPROT_O
            を参照してください。

            4

            RFU

            将来の使用のために予約

            RFU

            1. 予約済み。

            3

            BPNV

            BPNV_Oの揮発性コピー

            揮発性
            読み取り専用

            ユーザーによる書き込みはできません。
            CR1NV [3] BPNV_O
            を参照してください。

            2

            TBPARM

            TBPARM_Oの揮発性コピー

            揮発性
            読み取り専用

            ユーザーによる書き込みできません。
            CR1NV [2] TBPARM_O
            を参照してください。

            1

            QUAD

            クワッドI/Oモード

            揮発性

            1 =クワッド。
            0 =
            デュアルまたはシリアル。

            0

            FREEZE

            次の電源サイクルまでのロックダウンブロック保護

            揮発性

            ブロック保護制御ビットとOTP領域の現在の状態をロックします。
            1 =
            ブロック保護とOTPロック。
            0 =
            ブロック保護とOTPのロックが解除されています。

             

            8. FS-Sコンフィグレーションレジスタ1不揮発性(CR1NV

            ビット

            フィールド名

            機能

            タイプ

            デフォルトの状態

            説明

            7

            RFU

            将来の使用のために予約

            不揮発性

            0

            1. 予約済み。

            6

            RFU

            0

            5

            TBPROT_O

            ブロック保護の開始を設定

            OTP

            0

            1 = BPは下部から始まります(下位アドレス)。
            0 = BP
            は先頭(上位アドレス)から始まります。

            4

            RFURFU

            将来の使用のために予約

            RFU

            0

            1. 予約済み。

            3

            BPNV_O

            ステータスレジスタでBP2-0を設定

            OTP

            0

            1 =揮発性。
            0 =
            不揮発性。

            2

            TBPARM_O

            パラメータセクタの場所を設定

            OTP

            0

            1 =上部に4KBの物理セクタ(上位アドレス)。
            0 =
            下部に4KBの物理セクタ(下位アドレス)。
            均一なセクタ構成のRFU

            1

            QUAD_NV

            クワッド不揮発性

            不揮発性

            0

            QUADビットのデフォルト状態を提供します。

            0

            FREEZE_D

            FREEZEデフォルト

            不揮発性
            読み取り専用

            0

            フリーズビットのデフォルト状態を提供します。ユーザーがプログラムすることはできません。

             

            • SR1V [42]BP2-0)は、揮発性バージョンの保護範囲を定義します。
            • SR1NV [42]BP_NV2-0)は、不揮発性バージョンの保護範囲を定義します。
            • CR1NV [5]TBPROT_O)は、上部または下部のブロック保護位置を定義します。
            • CR1NV [3]BPNV_O)は、デバイスで有効になるBP設定のコピーを定義します。BPNV_O = 0の場合、不揮発性BP_NV2-0が有効になります。BPNV_O = 1の場合、揮発性BP2-0が有効になります。
            • CR1V [0]FREEZE)は、BP2-0 / BP_NV2-0TBPROT_O、およびBPNV_Oビットを予期しない変更から次のPORまでロックできます。これらのビットを変更するとエラーが報告され、FREEZE = 1の場合は失敗します。FREEZEビットは揮発性であり、POR後に「0」にリセットされます。

            BPNV_OビットとTBPROT_Oビットは、「0」から「1」まで設定できるOTPビットであることに注意してください。一度だけで、元に戻すことはできません。これらのビットを構成するときは、必ず注意してください。SRおよびCRを設定する前に、WRENコマンドを適用してさらにWRRおよびWRARコマンドを有効にする必要があります。

            ブロック保護構成を変更した後は、FREEZEビットを「1」に設定することをお勧めします。FREEZEビットが「1」に書き込まれると、PORまたはハードウェアリセットによってのみ「0」にクリアできます。ソフトウェアリセットは、FREEZEビットの状態には影響しません。これにより、予期しない変更やハッキングを防ぐことができます。

             

            FS01GSデバイスに関する注意

            このデバイスは、デュアルダイスタックで構成されています。CS#ピンが1つしかない場合、WRRRDSR1RDCRなど、特定のアドレスサイクルのない一部のコマンドはサポートされません。各FS512Sダイに対応するレジスタの4バイトアドレスを持つWRARおよびRDARコマンドは、ブロック保護構成に使用されます。各ダイのセクタを保護するために、必要に応じて各FS512Sでブロック保護を構成する必要があります。各FS512STBPROT_Oビットは同じように設定する必要があるため、BP保護範囲は両方のFS512Sダイで上または下に向けられていることに注意してください。

            ブロック保護は、サイプレスQSPINORフラッシュデバイスの基本的な保護機能です。個々のセクタで複雑で柔軟な保護を実現するには、高度なセクタ保護(ASP)機能が必要です。ASP機能の詳細については、AN98551-サイプレスクアッドSPI、オクタルSPI、およびハイパーフラッシュデバイスファミリの高度なセクタ保護(ASPを参照してください。

             

             

            ==============================

            16-Nov-2020

            Kenshow