2 Replies Latest reply on Oct 29, 2020 1:20 AM by NoTa_4591161

    Community Translation - CCG3PA Hardware and Software FAQs - KBA231523

    NoTa_4591161

      Hi,               

       

      I would like to translate KBA231523 into Japanese.

      Please confirm to my work.

       

      Thanks,

        Kenshow

        • 1. Re: Community Translation - CCG3PA Hardware and Software FAQs - KBA231523
          JuyoungJ_06

          Hi, Kenshow-san

          Confirm to work this KBA.

           

          Thanks,

          Jenna

          • 2. Re: Community Translation - CCG3PA Hardware and Software FAQs - KBA231523
            NoTa_4591161

            Hi Jenna-san,

                                            

            Japanese translation was over.
            Please check below.

             

            Original KBA:

            CCG3PA Hardware and Software FAQs - KBA231523

             

            Thanks.

            Kenshow

            ==============================

             

            タイトル: CCG3PAハードウェアおよびソフトウェアに関するFAQ - KBA231523

             

            バージョン:**

             

            ハードウェア

             

            質問: VBUS_IN_DISCHARGEピンとVBUS_C_MON_DISCHARGEピンはCCG3PAでどのように配線されていますか?

             

            回答: VBUS_IN_DISCHARGEピンには次の機能があります。

            1. チップに電力を供給できる内部LDO
            2. プロバイダFETはこちら側に内部プルアップ
            3. 放電能力

             

            VBUS_C_MON_DISCHARGEピンには次の機能があります。

            1. コンシューマFETはこれにリンクされています。ただし、プルアップオプションがないため、両方向に使用できます。
            2. LDO機能はありません。

             

            電源としてのCCG3PAアプリケーション(プロバイダFETを使用するアプリケーション)では、 VBUS_IN_DISCHARGEVBUSのソースに接続する必要があります。VBUS_C_MON_DISCHARGEType-C VBUSに配線されています。

            プロバイダFETが使用されていない場合、VBUS_IN_DISCHARGEはフローティングのままにすることができます。ただし、この場合、障害が発生した場合にソースを放電する機能が失われます。

             

            バッテリー切れをサポートする設計の場合、LDOType-C側にある必要があります。これには、VBUS_INType-Cインターフェイスに接続し、VBUS_CVBUSソースに接続する必要があります。ただし、VBUS_IN_DISCHARGEVBUS_C_MON_DISCHARGEと反転させると、上記のプルアップのためにFETも交換する必要があります。したがって、PCTRLはコンシューマFETに使用し、CCTRLはプロバイダFETに使用する必要があります。

             

            質問: PDおよびUSB 2.0データでType-Cポートを実装する場合、DpおよびDmラインをどのように接続する必要がありますか?この場合、どのレガシー充電プロトコルがサポートされていますか?

             

            回答: USB 2.0データとともに実装できる唯一のレガシー充電プロトコルは、バッテリー充電BC 1.2 CDP(充電ダウンストリームポート)です。他のすべての充電プロトコルでは、接続期間中、DpおよびDmラインでの特別な終端とシグナリングが継続的に必要です。したがって、USB2.0データと組み合わせて実装することはできません。

             

            BC 1.2CDPおよびUSB2.0データを同時に実装するには、データ機能を処理するために、DpおよびDmラインをCCG3PAおよびハブ/ホスト/組み込みコントローラーにルーティングする必要があります。

             

            従来の充電のみを実装するには、DpおよびDm回線をCCG3PAにルーティングする必要があります。

             

            どちらの機能も実装されていない場合は、DpラインとDmラインをフローティングのままにしておく必要があります

             

            ソフトウェア

             

            質問:アプリケーションファームウェアをCCG3PAデバイスにプログラムするにはどうすればよいですか?

             

            回答:ファームウェアプログラミングには2つの方法があります。

             

            1. SWDプログラミング
            2. CCブートローディング

             

            CCG3PAには、事前にプログラムされたCCブートローダが付属しており、EZ-PDコンフィギュレーション

            ユーティリティを使用してCC回線経由でCCG3PAデバイスのファームウェアをアップグレードまたはプログラミングできます

             

            EZ-PDコンフィギュレーションユーティリティを使用してCCG3PAデバイスにプログラムできるアプリケーションファームウェアが含まれています。CCGx Power SDKプロジェクトを開始するとき、アプリケーション固有の変更を行った後、2つの重要なファイル(.hex.cyacd)が生成されます。 .hexファイルは、ブートローダとアプリケーションファームウェアを組み合わせており、SWDでプログラムできます。 .cyacdファイルには、EZ-PDコンフィギュレーションユーティリティを使用してCCG3PAデバイスにプログラムできるアプリケーションファームウェアが含まれています。

             

            電力プロファイル、過電流しきい値などの小さな変更が必要な場合は、EZ-PDコンフィギュレーションユーティリティを使用してDUTを設定できます。 EZ PDコンフィギュレーションユーティリティを使用して変更を行った後、3つの出力ファイル(.cyacdファイル、.xml、および.cファイル)が生成されます。 .cyacdファイルを使用して、新しい設定データをデバイスにプログラムできます。

             

            質問: CCG3PAでサポートされているレガシー充電プロトコルはどれ ですか?

             

            回答:ソースモードでは、CCG3PAApple Brick ID、バッテリー充電BC 1.2Qualcomm Quick Charge 2.30 / 3.0、およびSamsungAFCレガシー充電プロトコルをサポートします。

            シンクモードでは、CCG3PAはバッテリー充電BC1.2およびAppleBrickIDプロトコルのみをサポートします。

             

            ファームウェアは、他のBC1.2ベースのプロトコルとともにApple2.4Aソース充電プロトコルをサポートするようにカスタマイズできます。

            これには、抵抗を介してポートのD +ラインに接続された専用GPIOが必要です。

             

            詳細については、CCGx Power SDKユーザーガイドを参照してください(https://www.cypress.com/documentation/software-and-drivers/ez-pd-ccgx-power-software-development-kit

             

            質問: CCG3PA設計でVBUSの電圧と電流を測定するには、CCGx Power SDKのどのAPIを使用する必要がありますか?

             

            回答:次のAPIを使用して、VBUSの電圧と電流を測定できます。

             

            uint16_t pd_hal_measure_vbus(uint8_t port)

             

            pd_hal_measure_vbusは、Type-C VBUS供給電圧を測定し、mV単位で値を返します。この関数は、内部ADCを使用して、CCG3PAVBUS_C_MON_DISCHARGEピンの電圧を測定します。

             

            uint16_t pd_hal_measure_vbus_cur(uint8_t port)

             

            pd_hal_measure_vbus_curは、Type-CVBUS電源を介して供給される負荷電流を測定します。この関数は、CSPピンとGNDピン間の電圧を測定することによって電流値を測定します。測定された電圧値が処理され、10mA単位の電流値がこの関数によって返されます。

             

            uint16_t pd_hal_measure_vbus_in(uint8_t port

             

            pd_hal_measure_vbus_inは、CCG3PAVBUS_IN_DISCHARGEピンの電圧を測定します。この関数は、mV単位で電圧値を返します。

             

             

            ==============================

            29-Oct-2020

            Kenshow