2 Replies Latest reply on Sep 30, 2020 2:21 PM by NoTa_4591161

    Community Translation - Migrating from PSoC 6 BSP v1.x to v2.x in ModusToolbox v2.2 – KBA231266

    NoTa_4591161

      Hi,               

       

      I would like to translate KBA231266 into Japanese.

      Please confirm to my work.

       

      Thanks,

      Kenshow

        • 1. Re: Community Translation - Migrating from PSoC 6 BSP v1.x to v2.x in ModusToolbox v2.2 – KBA231266
          MohammedN_41

          Hi, Kenshow-san

          Confirm to work on this KBA.

           

          Thanks,

          Mohammed

          • 2. Re: Community Translation - Migrating from PSoC 6 BSP v1.x to v2.x in ModusToolbox v2.2 – KBA231266
            NoTa_4591161

            Hi Mohammed-san,

                                            

            Japanese translation was over.
            Please check below.

             

            Original KBA:

            Migrating from PSoC 6 BSP v1.x to v2.x in ModusToolbox v2.2 – KBA231266

             

            Thanks.

            Kenshow

            ==============================

             

            タイトル: ModusToolbox v2.2でのPSoC6 BSP v1.xからv2.xへの移行– KBA231266

             

            バージョン:**

             

            このKBAは、BSP v1.x(最新-v1.Xタグ)を使用するModusToolboxアプリケーションに影響を与えるBoard Support PackageBSPv2.xリリースによって導入された変更と新機能について説明し、これらのアプリケーションをBSPv2.x(最新-v2.Xタグ)に移行する方法に関する情報を提供します。

             

            注: BSP v2.xは、KBA231080で説明されている新しい「MTBフロー」と以前の「libフロー」の両方をサポートします。BSP v2.xの新機能を使用するには、KBA231080 - ModusToolbox v2.1からv2.2に移行から、BSP v2.xを使用して、アプリケーションを新しいMTBフローに更新する必要があります。

             

            BSP v2.xTARGET_ <BSP> GitHubリポジトリのrelease.mdファイル)での具体的な詳細の変更については、各BSPのリリースノートとreadmeを参照してください。

             

            次のセクションでは、既存のアプリケーションに影響を与える可能性のあるBSP全体の高レベルの変更を示します。

             

            ピン定義をdesign.modusファイルに移行

             

            変更:CYBSP_USER_LEDなどのピン定義がcybsp_types.hからdesign.modusファイルに移動され

             

            影響:これは、サイプレスが提供するBSPを変更せずにそのまま使用するプロジェクトには影響しません。ただし、カスタムdesign.modusを使用するプロジェクト、またはカスタムBSPを使用するプロジェクトを正しく機能させるには、更新が必要です。

             

            • アプリケーションでカスタムBSPを使用する場合:カスタムBSPを再生成します(v2.x BSPを使用)。ModusToolboxユーザーガイドの「Creating a BSP for your board」セクションを参照してください。
            • アプリケーションでBSPv1.xと共にカスタムdesign.modusファイルを使用する場合:次の手順を実行して、新しいBSPv2.Xライブラリを使用するように移行します。

             

            1. KBA231080の指示に従って、例を新しいMTBフローに更新し、LibraryManagerを介してプロジェクトに最新のv2.xBSPを追加します。
            2. 既存の<app_folder>\COMPONENT_CUSTOM_DESIGN_MODUS\TARGET_<BSP>\design.modusファイルの名前design(1.x) .modusに変更してバックアップを作成し、アプリケーションの外部に移動します。アプリケーションに含めることができる.modusファイルは1つだけであることに注意してください。
            3. design.modusファイルのv2.xバージョンを<app_folder>\..\mtb_shared\TARGET_<BSP>\latest-v2.X\COMPONENT_BSP_DESIGN_MODUSからコピーし、 <app_folder>\COMPONENT_CUSTOM_DESIGN_MODUS\TARGET_<BSP>\.貼り付けます。
            4. ModusToolbox 2.2ツール(Device-Configurator 2.20.0)とともにインストールされたDevice Configuratorを使用して、新しく追加されたdesign.modusファイルを開きます。
            5. devicesupport.xml」を見つけるように求められたら、<app_folder>\..\mtb_shared\mtb-pdl\latest-v2.X\devicesupport.xmlに移動します
            6. アプリケーションに必要な構成をやり直します。場合によっては、design(1.x).modusファイルからパーソナリティ設定をコピーして貼り付けることができます。
              1. Device Configuratorの別のインスタンスを開き、design(1.x).modusファイルを開きます。
              2. ステップ5で行ったようにdevicesupport.xmlファイルに移動します。
              3. Peripheralsを強調表示して、[Copy]をクリックします。
                  
              4. 他のDevice Configuratorウィンドウを開き、対応するペリフェラルに設定を貼り付けます。
                ピン、クロックツリー、およびペリフェラルに必要なその他のリソースを再構成する必要がある場合があります。
            7. Design(1.x).modusファイルを削除します。

             

            更新されたクロック設定 - HFCLK0以外のHFCLKは無効にされる

             

            この変更は、ファームウェアのクロックHALを使用してHFCLKを設定せずに、HFCLK0以外のHFCLKを使用するアプリケーションに影響を与えます。たとえば、USBアプリケーションにはHFCLK4が必要ですが、QSPIアプリケーションにはHFCLK2が必要です。これらのアプリケーションは、クロックを有効にしてカスタムdesign.modusを使用するか、ファームウェアでクロックHALを使用して、それぞれのHFCLKとそのソースを有効/設定する必要があります。

             

            次のスニペットの例は、100MHzで実行するようにFLLを構成して50MHzSMIF / QSPIクロック(HFCLK2)に使用する方法を示します:

             

               cy_rslt_t rslt;

                cyhal_clock_t clock_hf2clock_fllclock_imo;

             

                /* 最初にFLLを初期化します:FLLリソースを取得します */

                rslt = cyhal_clock_get(&clock_fll, &CYHAL_CLOCK_FLL);

                /* FLLインスタンスを初期化し、所有権を取得します */

                rslt = cyhal_clock_init(&clock_fll);

                /* クロックソースをIMOに設定します */

                rslt = cyhal_clock_get(&clock_imo, &CYHAL_CLOCK_IMO);

                rslt = cyhal_clock_set_source&clock_fll, &clock_imo;

                /* FLLクロック周波数を目的のHFCLK2周波数(この場合は50 MHz)に設定します */

                rslt = cyhal_clock_set_frequency(&clock_hf2, 100000000, NULL);

             

                /* FLLがまだ有効になっていない場合は、有効にします */

                if(!cyhal_clock_is_enabled(&clock_fll))

                {

                        rslt = cyhal_clock_set_enabled(&clock_flltruetrue);

                }

             

                /* HFCLK2 – SMIFクロックリソースを取得します */

                rslt = cyhal_clock_get(&clock_hf2, &CYHAL_CLOCK_HF [2]);

                /* HFCLK2インスタンスを初期化し、所有権を取得します */

                rslt = cyhal_clock_init(&clock_hf2);

                /* クロックソースを以前に設定したFLLに設定します */

                rslt = cyhal_clock_set_source(&clock_hf2, &clock_fll);

                /* クロック分周器を2に設定すると、50 MHzSMIFクロックになります */

                rslt = cyhal_clock_set_divider(&clock_hf2, 2;

             

                /* クロックがまだ有効になっていない場合は、有効にします */

                if(!cyhal_clock_is_enabled(&clock_hf2))

                {

                        rslt = cyhal_clock_set_enabled(&clock_hf2truetrue);

                }

             

                /* クロックを直接制御する必要がなくなった場合は、解放できます */

               cyhal_clock_free(&clock_hf2);

               cyhal_clock_free(&clock_fll;

               cyhal_clock_free(&clock_imo;

             

            一部のボードのMPNを廃止されていないパーツに更新した

             

            変更: CY8CPROTO-062-4343WおよびCY8CKIT-062S2-43012に同梱されているPSoC62S2パーツが新しいMPNに更新されました。MPNCY8C624ABZI-D44からCY8C624ABZI-S2D44に変更されました。デバイス自体に機能またはパフォーマンスの変更はありません。これは、更新されたパーツ命名戦略に合わせたMPNの更新にすぎません。

             

            影響:この変更は、標準のdesign.modusを使用した例には影響しません。カスタムdesign.modusを使用した例のみが影響を受けます。通常、BSP 2.xへのカスタムdesign.modus移植手順を使用する場合、この問題は自動的に修正されるはずです。必要な変更は、design.modusファイルの「Devicempn」値をCY8C624ABZI-D44からCY8C624ABZI-S2D44に更新することです。この変更は、BSPv2.xリリースの一部としてBSPdesign.modusファイルにすでに組み込まれているため、そのファイルからカスタムdesign.modusを作成すると、MPNが自動的に更新されます。

             

            psoc6pdlの依存関係を新しいmtb-pdl-cat1に切り替えた

             

            変更: BSP v2.xは、psoc6pdlの代わりに新しいmtb-pdl-cat1psoc6pdlの更新および名前変更されたバージョン)を使用します。この新しい命名スキームにより、PDLHAL、およびMakefileを、同様の基盤となるアーキテクチャを使用するデバイス/ファミリのさまざまなカテゴリ(cat1cat2など)に編成できます。

             

            影響:この変更による影響はありません。パスを更新する必要があるのは、アプリケーションコードが#include “<APP_PATH>/libs/psoc6pdl/drivers/include/cy_gpio.h”などのpsoc6pdlフォルダへの絶対パスまたは相対パスを使用してPDLヘッダーファイルを直接参照する場合のみです。このような場合は、新しい設定を使用します:#include “<APP_PATH>/../mtb_shared/mtb-pdl-cat1/drivers/include/cy_gpio.h”

             

            psoc6halの依存関係を新しいmtb-hal-cat1に切り替えた

             

            変更: BSP v2.xは、psoc6halの代わりに新しいmtb-hal-cat1psoc6halの更新および名前変更されたバージョン)を使用します。この新しい命名スキームにより、PDLHAL、およびMakefileを、同様の基盤となるアーキテクチャを使用するデバイス/ファミリのさまざまなカテゴリ(cat1cat2など)に編成できます。

             

            影響:この変更による影響はありません。パスを更新する必要があるのは、アプリケーションコードが#include “<APP_PATH>/libs/psoc6hal/include/cyhal_gpio.h”などのpsoc6pdlフォルダへの絶対パスまたは相対パスを使用してPDLヘッダーファイルを直接参照している場合のみです。このような場合は、新しい設定を使用します: #include “<APP_PATH>/../mtb_shared/mtb-hal-cat1/include/yhal_gpio.h”

             

            psoc6makeの依存関係を新しいcore-makerecipe-make-cat1aに切り替えた

             

            変更: BSP v2.xは、BSP v1.xで使用されていたpsoc6makeの代わりに、新しいcore-makeおよびreceipe-make-cat1aを使用します。この新しい命名スキームにより、PDLHAL、およびMakefileを、同様の基盤となるアーキテクチャを使用するデバイス/ファミリのさまざまなカテゴリ(cat1cat2など)に編成できます。

             

            影響: KBA231080で説明されているMakefileのマイナーアップデートします。

             

            注:このバージョンには、ModusToolboxツール2.2以降が必要です。このバージョンは、1.xバージョンとの下位互換性がありません。

             

             

            ==============================

            1-Oct-2020

            Kenshow