2 Replies Latest reply on Sep 30, 2020 2:11 PM by NoTa_4591161

    Community Translation - ModusToolbox Warning: Uncommitted/Untracked Files Detected - KBA231252

    NoTa_4591161

      Hi,               

       

      I would like to translate KBA231252 into Japanese.

      Please confirm to my work.

       

      Thanks,

      Kenshow

        • 1. Re: Community Translation - ModusToolbox Warning: Uncommitted/Untracked Files Detected - KBA231252
          MohammedN_41

          Hi, Kenshow-san

          Confirm to work on this KBA.

           

          Thanks,

          Mohammed

          • 2. Re: Community Translation - ModusToolbox Warning: Uncommitted/Untracked Files Detected - KBA231252
            NoTa_4591161

            Hi Mohammed-san,

                                            

            Japanese translation was over.
            Please check below.

             

            Original KBA:

            ModusToolbox Warning: Uncommitted/Untracked Files Detected - KBA231252

             

            Thanks.

            Kenshow

            ==============================

             

            タイトル: ModusToolbox警告:コミットされていない/追跡されていないファイルが検出されました - KBA231252

             

            バージョン:**

             

            質問:
            ModusToolboxアプリケーションがコミットされていない/追跡されていないファイルに関する警告を報告するのはなぜですか?

             

            回答:
            ModusToolboxアプリケーションにコンパイルされた一部のファームウェアは、コンフィギュレータによって生成されます。ModusToolboxビルドプロセスは、次のような理由でソースコードが古くなった場合、ビルドプロセス中にソースコードを再生成します。

            • コンフィギュレータを開き、変更を保存しました。
            • BSPの「.mk」ファイルで選択したデバイス(DEVICE =)を更新しました。
            • デバイスサポートライブラリを更新しました。
            • ツールをアップグレードまたはパッチを適用して、新しいコンフィギュレータを追加しました。

            ModusToolboxgitを使用してファームウェアを配布および更新します。上記の変更により、これらのリポジトリを更新しようとすると、gitから警告がトリガーされる場合があります(たとえば、Library Managerを使用するか、コマンドラインでgitを使用して直接)。警告は次のようになります。

             

            WARNING: Uncommitted/Untracked files detected in "<path to repository>".

            Save your work in source control before updating this library.

            Skipping current reference...

             

            これは、処理されていない変更されたファイルがあり、それについて何かをする必要があることを通知するgitシステムの方法です。システムは、変更が誤って失われないように注意しています。

             

             


             

            1. デバイスサポートライブラリは、ターゲットデバイスによって異なります。より一般的なオプションは次のとおりです。

            PSoC 6: psoc6pdl or mtb-pdl
            PSoC 4: mtb-psoc4-pdl
            Bluetooth: 20706A2, 20719B2, 20721B2, 20735B1, 20819A1, 20820A1, 20835B1, 43012C0

             

            警告を解決:

            この警告を解決するには、ニーズと、デフォルトのビルドサポートパッケージ(BSP)を使用しているかカスタムBSPを使用しているかに応じて、いくつかの方法があります。

             

            デフォルトのBSP

            サイプレスが提供するデフォルトのBSP1つを(上記のように)変更した場合は、カスタムBSPを作成してから、デフォルトのBSPの変更を元に戻す必要があります。

             

            1. ModusToolboxユーザーガイドBSPの章の指示に従って、現在の(変更された)BSPに基づいてカスタムBSPを作成します。

             

            2.デフォルトのBSPに戻すには、gitを実行するように構成された適切なシェルを使用して次のコマンドを実行します。

            # 注:これにより、存在してはならないファイルがすべて削除されます。

            git -C <警告からリポジトリへのパス> clean -dfx

             

            # 注:これにより、ファイルが元の状態に戻ります。

            git -C <警告からリポジトリへのパス> restore

             

            3.すべてがクリーンされ、準備ができていることを確認します。

            git -C <警告からリポジトリへのパス> status

             

            4.出力に次のテキストが含まれていることを確認します。

            "nothing to commit, working tree clean"

             

            カスタムBSP

            カスタムBSPのいずれかに変更を加えた場合は、その変更を元に戻すか([デフォルトBSP]の手順に従ってください)、変更をコミットすることができます。

            変更を受け入れるには、ソースコード管理システムに変更をコミットまたはチェックインします。たとえば、gitを使用する場合:

             

                 # 注:変更を確認し、それらが正しいことを確認してください。

                 git -C <警告からリポジトリへのパス>ステータス

             

                 # 注:変更が受け入れ可能であることを確認した後、それらをコミットします。

                 git -C <警告からリポジトリへのパス> add

                 git -C <警告からリポジトリへのパス> commit

             

             

            ==============================

            1-Oct-2020

            Kenshow