2 Replies Latest reply on Aug 31, 2020 12:47 AM by keni_4440091

    Community Translation - Choosing between GPIF and Slave FIFO modes

    keni_4440091

      Hi

       

      I want to translate the following KBA, please confirm to my work.

       

      - Choosing between GPIF and Slave FIFO modes

       

      Regards,

      Nino

        • 1. Re: Community Translation - Choosing between GPIF and Slave FIFO modes
          JuyoungJ_06

          Hi, Nino-san

          Confirm to work this KBA.

           

          Please note that -

          Autumn program will start at Sep 1th.

           

          If you want to submit as Autumn program, please submit it from Sep 1th.

          If you want to submit as Summer program, please submit it by Aug 31th.

           

          Thanks,

          Jenna

          • 2. Re: Community Translation - Choosing between GPIF and Slave FIFO modes
            keni_4440091

            GPIFとスレーブFIFOモード間の選択

             

            バージョン 1

             

            userc_44961 2011/04/03 16:20 に作成。userc_44961 2011/04/03 16:20 に変更。

             

            質問: CY7C68013A GPIFモードとFIFOモードの強み/弱みは何ですか?より良い選択はどちらですか?

             

            回答:

            GPIFとスレーブFIFO間の選択は、実際はアプリケーションの本質に依存します。GPIFは、外部FIFOSRAMHPIポートのような外部デバイスがスレーブデバイスであるアプリケーションで使用されることが多いです。それはスティミュラスなソースのアプリケーションで実際はよく適合します。そして、転送するためのデータがどれくらいあるかの前知識は全てFX2にあります。FX2に配線される外部ペリフェラルはGPIFによって支配されるスレーブデバイスとして動作します。

             

            FX2が純粋に高速データパイプであるシステムでは、スレーブFIFOモードはより適合します。インターフェースは外部マスターとFX2の間で合理化され、実際にはFPGAまたは外部マイクロコントローラがすでにある大きなシステムでは、スレーブFIFOモードは最も理にかなっています。スレーブFIFOモードを使用すると、GPIFの使用方法を理解するために求められる学習曲線も削減されます。FX2がスレーブFIFOモードで動作している場合、FX2に配線される外部ペリフェラルはFX2LP FIFOへのマスターとなります。

             

            パフォーマンスの観点から、ファームウェア(8051)はGPIFアプリケーションの起動を行うため、データ転送が両方向で処理される場合、一部のファームウェアオーバーヘッドが起きる場合があります。スレーブFIFOモードでは、AUTOOUT/AUTOIN=1で、外部マスターはスレーブFIFOインターフェースを介して直接データを転送することができます。一番いいスループットは、スレーブFIFO同期タイミングを使用している時に達成することができます。

             

            268 閲覧 カテゴリ: USB: Low-Full-High speed peripherals タグ: hi-speed usb peripherals