2 Replies Latest reply on Aug 9, 2020 7:43 PM by NoTa_4591161

    Community Translation - EPXFIFOBCH/L Registers of FX2LP – KBA219002

    NoTa_4591161

      Hi,               

       

      I would like to translate KBA219002 into Japanese.

      Please confirm to my work.

       

      Thanks,

      Kenshow

        • 1. Re: Community Translation - EPXFIFOBCH/L Registers of FX2LP – KBA219002
          JuyoungJ_06

          Hi, Kenshow-san

          Confirm to work this KBA.

           

          Thanks

          Jenna

          • 2. Re: Community Translation - EPXFIFOBCH/L Registers of FX2LP – KBA219002
            NoTa_4591161

            Hi Jenna-san,

                                            

            Japanese translation was over.
            Please check below.

             

            Original KBA:

            EPXFIFOBCH/L Registers of FX2LP – KBA219002

             

            Thanks.

            Kenshow

            ==============================

             

            タイトル: FX2LPのEPXFIFOBCH/Lレジスタ – KBA219002

             

            バージョン:**

             

            質問:

            EPXFIFOBCHおよびEPXFIFOBCLレジスタには何が含まれており、どのように使用できますか?

             

            回答:

            EPXFIFOBCHおよびEPXFIFOBCLレジスタには、インターフェースドメインから受信したバイト数が含まれています。これを使用する1つの方法は、長い転送の最後に外部マスターから送信される短いパケットをコミットすることです。これを行うには、スレーブファームウェアのTD_Pollで次のコードスニペットを使用します。

            if( (( EPXFIFOBCH<<8) | (EPXFIFOBCL)) < 0x200) //if the packet is short(here x is the IN endpoint which //receives data from external master)

            {

            SYNCDELAY;

            EPXFIFOCFG = 0x00; //change from Auto mode to Manual mode

            SYNCDELAY;

            INPKTEND = 0x0X; //commit the short packet

            SYNCDELAY;

            EPXFIFOCFG = 0x0C; //back to Auto mode

            SYNCDELAY;

            }

            ここでは、ショートパケットをコミットするために、FIFO構成が自動モードから手動モードに変更されます。その後、マスターが長時間の転送を続行すると、自動モードに変換されます。

             

             

            ==============================

            10-August-2020

              Kenshow