2 Replies Latest reply on Jul 26, 2020 10:06 PM by NoTa_4591161

    Community Translation - Test Firmware for PSoC®/PRoC™ BLE RF Certification – KBA220073

    NoTa_4591161

      Hi,               

       

      I would like to translate KBA220073 into Japanese.

      Please confirm to my work.

       

      Thanks,

      Kenshow

        • 1. Re: Community Translation - Test Firmware for PSoC®/PRoC™ BLE RF Certification – KBA220073
          JuyoungJ_06

          Hi, Kenshow-san

          Confirm to work this KBA.

           

          Thanks

          Jenna

          • 2. Re: Community Translation - Test Firmware for PSoC®/PRoC™ BLE RF Certification – KBA220073
            NoTa_4591161

            Hi Jenna-san,

                                            

            Japanese translation was over.
            Please check below.

             

            Original KBA:

            Test Firmware for PSoC®/PRoC™ BLE RF Certification – KBA220073

             

            Thanks.

            Kenshow

            ==============================

             

            タイトル: PSoC®/ PRoC™ BLE RF認定のテストファームウェア – KBA220073

             

            バージョン:**

             

            質問:

            PSoC / PRoC BLE RF認証用のテストファームウェアはありますでしょうか?

             

            回答:

            この記事に添付されているテストファームウェアは、PSoC4 / PRoC BLEデバイスおよびモジュールのすべての規制試験およびBluetooth認定試験に使用できます。EN 300 328 v2.1.1の受信ブロッキングテストをサポートするために必要な機能と、BLE HCIBLE 2線、およびMTKインターフェイス用の統合APIを備えたPythonスクリプトを提供しています。

            統合テストコードは、次の機能をサポートする単一のファームウェアです。

            1. 単一ボタンインターフェイスによる規制試験サポート
            2. BLE HCIコマンドのサポート
            3. BLE 2線コマンドのサポート
            4. UARTポートを介したMTKコマンド

            詳細については、フォルダ内のドキュメントをご参照願います。

            注: ETSIテストに「RXCMTKコマンドを使用するには、高周波クロックソースをECOに変更します。プロジェクトワークスペースエクスプローラーで、.cydwr > Clocksタブ >  [Edit clock]をクリックし > [High Frequency clocks]タブ >  IMOを無効にして、ECOをソースとして指定します(図1)。これは、レシーバーウィンドウの時間を正確に計るために行われます。ただし、これによりシステムクロック周波数が24 MHzに低下します。

            1ETSIテストのHFCLK設定

              

             

             

            ==============================

            27-July-2020

              Kenshow