1 Reply Latest reply on Jul 2, 2020 12:05 AM by KaKi_1384211

    FL25-L status polling algorithm

    HiKu_1337496

      AN217000 (Programmer’s Guide for Cypress S25FL-L Serial NOR Flash Products) のアプリケーションノート Fig3 Status Polling Algorithmを参照しています。

      このフロー図では、WIP(ステータスレジスタ1のbit0) が1 でなければ、ステータスレジスタ2をReadし、その後の処理が続いています。

       

      一方、データシートの6.6.1.2 Status Register 1 Volatile (SR1V) P30 に以下のようなコメントがあります。

       The status register E_ERR and P_ERR bits are updated while WIP =1.

       When P_ERR or E_ERR bits are set to one, the WIP bit will remain set to one indicating the device remains busy and unable to receive new operation commands.

      ステータスレジスタ2のE_ERRやP_ERRはWIPが1のとき更新され、P_ERRまたはE_ERRが1にセットされた場合、WIPが1の状態のまま(デバイスビジーの状態)

      となります。このとき、アプリケーションノートのフロー図ですと、ステータスレジスタ2に遷移できない状況となります。

       

      もしデータシートの記載に間違いがなければ、消去エラーやプログラムエラーを確認するためのアルゴリズムは、ステータスレジスタ1、2両方をReadする

      アルゴリズムとなりますでしょうか。

       

      以上、よろしくお願いいたします。

        • 1. Re: FL25-L status polling algorithm
          KaKi_1384211

          Hi

           

          SR1VのコマンドとSR2Vのコマンドは異なりますので遷移できなくはないと考えています。

          どちらのリードコマンドシーケンスもReadし続けることにより更新値が出力されます。

          そして、ご存知のようにSR1VのWIPにてProgram / Eraseの成功判定できます。

          消去エラーやプログラムエラーを確認するためのアルゴリズムは、基本的にはSR1VとSR2Vの両方をReadするアルゴリズムを

          推奨された方が良いと考えます。

          Program / Eraseの頻度によっては、まずはSR1Vのみの確認でも良い考え方もあるとは思いますが、

          そこはお客様の考え方やシステム構成を含めて会話された方が良いと考えてます。