2 Replies Latest reply on Jun 22, 2020 2:32 PM by NoTa_4591161

    Community Translation - Address Large SRAMs using GPIF2 State Machine – KBA225268

    NoTa_4591161

      Hi,               

       

      I would like to translate KBA225268 into Japanese.

      Please confirm to my work.

       

      Thanks,

      Kenshow

        • 1. Re: Community Translation - Address Large SRAMs using GPIF2 State Machine – KBA225268
          JuyoungJ_06

          Hi, Kenshow-san

           

          Confirm to work this KBA.

          Thanks,

          Jenna

          • 2. Re: Community Translation - Address Large SRAMs using GPIF2 State Machine – KBA225268
            NoTa_4591161

            Hi Jenna-san,

                                            

            Japanese translation was over.
            Please check below.

             

            Original KBA:

            Address Large SRAMs using GPIF2 State Machine – KBA225268

             

            Thanks.

            Kenshow

            ==============================

             

            タイトル: GPIF2ステートマシンを使用した大規模SRAMのアドレス指定 – KBA225268

             

            バージョン:**

             

            質問:cyfxsrammasterファームウェアサンプルのGPIF2ステートマシンを変更して、22本のアドレスラインでSRAMをアドレス指定するにはどうすればよいでしょうか?

             

            回答:FX3SDKに付属するデフォルトのファームウェアサンプルcyfxsrammasterは、最大1KB2 ^ 8 * 32ビット)のメモリしかアドレス指定できません。このファームウェアは、LD_ADDR_COUNTを使用して、ステートマシンによってすでに読み取られたアドレス位置を追跡します。現在のデザインはより少ないメモリ(1KBのみ)を使用しているため、SRAM全体が読み込まれ、FX3バッファに保存されます。

             

            GPIFステートマシンを変更して、22本のアドレスライン(2 ^ 22 * 32ビット= 16 MB)でSRAMをアドレス指定できます。2つのスレッド(TH0TH1)を使用して、1 KBのメモリチャンクを交互に読み取り、コミットします。両方のカウンター(LD_ADDR_COUNTおよびLD_DATA_COUNT)を使用して、アドレスの場所を追跡します。LD_ADDR_COUNT2 ^ 22に設定され、SRAMメモリ全体を追跡しますが、LD_DATA_COUNT255に設定され、1KBメモリを追跡します。1は、SRAMを読み取るためのGPIF2 SMのスニペットを示しています。1は、大きなSRAMを読み取るためのGPIF2 SMのフロー図です。

             

            1. 大規模なSRAMにアクセスするためのGPIFステートマシンのフロー図

               Untitled.png

             

             

            ==============================

            23-June-2020

            Kenshow