2 Replies Latest reply on Jul 7, 2020 11:26 PM by MaMi_1205306

    Community Translation - Troubleshooting PSoC® Creator™ Issues - KBA217546

    MaMi_1205306

      Dear Sirs and Madams,

       

      I would like to translate KBA217546, please confirm to my work.

       

      Regards,
      Masashi

        • 1. Re: Community Translation - Troubleshooting PSoC® Creator™ Issues - KBA217546
          JuyoungJ_06

          Hi, Masashi-san

          Confirm to work this KBA.

           

          Thanks,

          Jenna

          • 2. Re: Community Translation - Troubleshooting PSoC® Creator™ Issues - KBA217546
            MaMi_1205306

            Jenna-san,

             

            I translated KBA217546 into Japanese.

            We would appreciate it if you could confirm.

             

            Regards,

            Masashi

             

            /***************************************************************************/

             

             

            Troubleshooting PSoC® Creator™ Issues - KBA217546

             

            PSoC®Creator™における問題のトラブルシューティング - KBA217546 バージョン 4                    

            version: *A

             

            質問:

            PSoC Creatorソフトウェア関連の問題をトラブルシューティングするにはどうすればよいですか?

             

            回答:

            この記事ではPSoC CreatorおよびPSoC Programmer™のソフトウェア関連の問題について説明します。

             

            トピックス:

             

            I. PSoC Creator のインストールに関する問題

             

            1. インストールプロセスが停止し、「使用しようとしている機能は利用できません」というメッセージが表示される。

            PSoC Creator(CyInstaller)のサイプレスソフトウェアインストーラーはシステムに存在しない以前のバージョンのインストーラー(MSI)ファイルを見つけることができませんでした。

            例:

            KBA217546.png

            この例では、CyInstallerはCDM.769.msiではなくCDM.379.msiを探しています。

            理由:アンインストールが不完全なため、Windowsインストーラーデータベースが破損している可能性があります。
            回避策:必要なファイルを必要なパス(CDM.379.msi)に手動でコピーします。 サイプレスサポートに連絡して必要なファイルを入手してください。

             

            2. Cypress Update manager がインストールされていません

            エラーメッセージ: "Unable to start executable image: (C:\Program Files (x86)\Cypress\Cypress Update Manager\cyliveupdate.exe"

            理由:これはインストールが不完全なために発生します。 PSoC Creatorソフトウェアを再インストールしてください。 問題が解決しない場合、ファイルcyliveupdate.exeがC:\ Program Files(x86)\ Cypress \ Cypress Update Managerフォルダ内に存在するかどうかを確認してください。 このファイルはスタンドアロンで実行できます。 回避策として、EXEファイルを別のインストールから先にリストした場所にコピーします。 別のインストールからファイルを取得できない場合は、サイプレスサポートとテクニカルサポートケースを作成してファイルを取得します。

             

            3. PSoC Programmer COMオブジェクトの開始に失敗しました

            PSoC Creatorを起動すると、PSoC Programmerがシステムにインストールされていないというエラーメッセージが表示されます。

            KBA217546_1.png

            PSoC Programmerを開こうとすると、次のようなエラーメッセージが表示されます。

            KBA217546_2.png

            理由:PSoC Programmer COMオブジェクトが正しく登録されていません。

            回避策:

              1. 管理者モードでコマンドプロンプトを開きます。 (右クリックして「管理者として実行」を選択します)

              2. ディレクトリを「C:\ Program Files(x86)\ Cypress \ Programmer」に変更します。

              3. PSoCProgrammerCOM.exe / unregserverを実行します。

              4. PSoCProgrammerCOM.exe / regserverを実行します。

            KBA217546_3.png

             

              4. PSoC Creatorを正しくアンインストールする方法

            PSoC Creatorはコントロールパネルからアンインストール可能です。

            Control Panel > Programs (Uninstall a program) > PSoC Creatorを選択し、アンインストールをクリックします。

            以下に示すようなエラーメッセージが表示された場合は、次の操作を行います。

            KBA217546_4.png

             1. C:\ Program Files(x86)\ Cypress \ PSoC Creator \ X.X \ UpdaterからPSoCCreatorInstaller.exeを開きます。

             2. インストールの種類としてRemoveを選択し、Nextをクリックします。

             

              5. インストールの問題をデバッグするためのその他のオプション

            • 管理者としてインストールファイルを実行します(ファイルを右クリックして管理者として実行を選択します)。
            • システム構成を確認します。
            • 使用されているシステム構成がPSoC Creatorのインストール要件を満たしていることを確認するには、リリースノートを参照してください。 リリースノートは、PSoC Creatorのランディングページ、Documentationタブの[Check Installation > Operation System section]、またはPSoC Creator リリースノートアーカイブから入手できます。

             

              1. レジストリ修復アプリケーションを使用してPSoC Creatorを再インストールします
                このツールを使用してレジストリエントリをクリーンアップした後、PSoC Creator / Programmerを再インストールしてください。 CyInstallerはいくつかのMSIファイルをインストールします。 各MSIファイルには、独自のレジストリエントリがあります。 MSIパッケージをインストールする前に、Windowsは、インストールされるMSIに関連するレジストリエントリがすでに利用可能かどうかを確認します。 利用可能な場合、インストーラは関連する手順をスキップします。 したがって、不正なレジストリエントリがあると、インストールの問題が発生する可能性があります。
              2. アンチウイルスがこの問題を引き起こしているかどうかを確認します
                一部のウイルス対策ソフトウェアでは、誤った検出が原因で、PSoC Creatorインストールから特定のEXEファイルを削除します。 このような場合は、以下を実行してください。
                1. システムのアンチウイルスを無効にします。
                2. PSoC Creatorを再インストールします。
                3. PSoC Creatorのインストールが完了後、アンチウイルスソフトウェアを再度有効にします。

             

            II. PSoC Creator PSoC Creatorが応答を停止する

             

            1. スクリプトエラー

             エラーメッセージ:'An error has occurred in the script on this page'KBA217546_5.png

            理由:www.cypress.comのスタートページで配信されたコンテンツが原因の可能性があります。

            回避策:PSoC Creatorで、Tools > Optionsを選択します。 表示されるOptionsダイアログで、Environmentセクションを選択し、Show Start Page at start upのチェックボックスをオフにします。

            KBA217546_6.png

             

            2. PSoC Creatorを閉じる際のエラーメッセージ

             エラーメッセージ: "PSoC Creator has encountered a problem and must close"KBA217546_7.png

            理由:一時的なPSoC Creator構成ファイルが破損しています。

            回避策:すべてのPSoC Creator構成ファイルを削除します。 これらは次の場所にあります。

            C:\ Users \ [username] \ AppData \ Local \ Cypress Semiconductor \ PSoC Creator \ X.Y.X.Yフォルダを削除してみてください。

            削除されたファイルはPSoC Creatorによって再生成されます。

             

            3. アサーションの失敗

            エラーメッセージ:' Expression: NextLocalOffset + FileSize +1 > NextLocalOffset && NextLocalOffset + FileSize + 1 <= CurrentLoadedOffset && "Ran out of source location" '

            KBA217546_8.png

            理由:これは仮想マシンでPSoC Creatorを実行し、共有フォルダーからソースファイルにアクセスするときに発生します。 セマンティック解析機能のサポートに使用されるサードパーティツールには既知の問題があります。 詳細については、そのツールのバグレポート(http://llvm.org/bugs/show_bug.cgi?id=21143)を参照してください。

            回避策:Tools > Options > Semantic Parsingを使用して、セマンティック解析を無効にします。

            これにはPSoC Creatorの再起動が必要です。

            KBA217546_9.png

            1. エラーメッセージ: ‘ Expression: BeginFileID == EndFileID ’

                      理由と回避策:http://www.cypress.com/knowledge-base-article/assertion-failed-clang-com...を参照してください。

             

            III. プロジェクトビルド中のエラーメッセージ

             

            1. PSoC Creatorはいくつかのファイル/パスが存在しないとレポートされます。

             例:CONFIG.HEX

              エラーメッセージ:'Unable to read the hex file (.\Generated_Source\PSoC3\config.hex).The path does not exist.'

            理由:PSoC Creatorによって生成された一部のファイルがPSoC Creatorの外部から削除された場合。

            回避策:
            1. Clean and Buildを行う

            KBA217546_11.png

            2: ワークスペースエクスプローラーからGenerated Sourceフォルダを削除します。

             

            2. CYDWRファイルまたはTopDesignのSystemタブの変更でピンエディターが更新されない。

              エラーメッセージ:System > Debug selectがGPIOに設定されているが"Pin Error: (P1[0] has been reserved for debugging in the DWR System settings.)."

            理由:この問題はPSoC Creatorバージョン3.3のGUIで発生します。この問題はアプリケーションには影響しません。これはPSoC Creatorバージョン4.0で修正されています。回避策:ピンがドロップダウンリストに表示されない場合は、以下に示すように手動でピンを入力します。

            KBA217546_13.png

             

            3. 古いバージョンのPSoC Creatorでプロジェクトを開く際のPSoC Creatorエラー

            エラーメッセージ: “PSoC Creator Error prj.M0128 The tool chain management system received a request to look up a GUID never represented a valid toolchain. This indicates a problem within this product. (Invalid GUID: “e9305a93-d091-4da5-bdc7-2813049dcdbf”)

            KBA217546_14.png

            理由:このエラーは、このプロジェクトが新しいバージョンのPSoC Creatorにビルド/移行された後に、以前のバージョンのPSoC Creatorでプロジェクトを開こうとすると発生します。 PSoC Creatorは上位互換性がありません(古いバージョンのPSoC Creatorは通常、新しいバージョンのPSoC Creatorで作成されたデザインを開くことができません)。

            回避策:新しいバージョンでプロジェクトを開くときは必ずアーカイブを用意してください。

             

            4. ネストされた関数がある場合、セマンティックパーサーによってエラーメッセージが表示される

            エラーメッセージ:"function definition is not allowed here"

            KBA217546_15.png

            理由:現在、セマンティックパーサーツールでは、ネストされた関数に対して上記のエラーが表示されます。 このメッセージは無視してかまいません。アプリケーションに影響はありません

            注意:ネストされた関数はC標準の一部ではありません。 これらはGCC固有の拡張です。

             

            5. 名前の抵触によるビルドエラー

            エラーメッセージ:

            • "undefined reference to 'main'"

                   KBA217546_16.png

            • "Internal Error (aborting): An item with the same key has already been added"KBA217546_17.png
            • "There is a naming conflict between component instances and cyfitter. Each generated a file named ""cyfitter.h”

                  KBA217546_18.png

            理由:これらのエラーはTopDesignのコンポーネントに名前を付ける際の名前の競合が原因です。 コンポーネントに名前を付けるときは特に注意してください。 たとえば、プロジェクト、cyfitterなどのPSoC Creator自動生成ファイルの名前は使用しないでください。

             

             

            IV. 一部のPSoC Creator関数が動作しない

            1. math関数(sqrtやpowなど)の使用方法

            エラーメッセージ:"undefined reference to 'sqrt'"

            理由: http://www.cypress.com/knowledge-base-article/using-math-functions-psoc-...

             

            2. sprintfが正しく動作していません

            解決策:

            1. newlib-nano Float Formattingを有効にします。Build Settings > Linker > General > Use new lib nano Float Formatting = TRUE
              KBA217546_19.png

            注意:この手順はPSoC Creator 3.1 SP3以前のバージョンでは機能しません。リンカーコマンドライン Build Settings > Linker > Command line > Custom Flags > -u_printf_floatの-u _printf_floatコマンドを使用する必要があります。これはPSoC Creator 3.2以降で修正されています。

             

             2. ヒープサイズを0x200以上に増やします。 [*.cydwr file -> Systems tab]KBA217546_20.png

            注意:64ビット整数(long long)のsprintはnewlib-nanoではサポートされていません。 newlib-nanoの代わりにnewlibを使用します。これにより、フラッシュの使用量が増加します。

            KBA217546_21.png

             

            V. PSoC Creator のデバッガ

             

            1. ポート設定

            質問:デバッグ用にPSoC Creatorで推奨されるポート構成は何ですか?

             

            デバッガーはPSoC Creator > Tools > Program / Debug > Port Configurationに設定できます。(下図を参照)

             

             ・電源:デバッガでボードに電力を供給していない場合は、このパラメーターを「外部」として設定できます。

              それ以外の場合は適切な電圧を設定してください。

             ・取得モード:適切な取得モードを設定します。 KitProgはリセットモードのみをサポートすることに注意してください。

              MiniProg3は両方のモードをサポートします。

             ・コネクタ:ハードウェア構成に基づいたコネクタを選択します。

             ・クロック速度:システムクロックの3分の1未満になるようにクロックを選択します。

            Port-Settings_22.png

            プログラミング/デバッグの問題の詳細についてはTroubleshooting PSoC 3/4/5LP Programming/Debugging Issues - KBA210619を参照してください。

             

            2. デバッグセッション中にデバイスが切断された
            デバッグ中にデバイスが自動的に切断された時は、以下のについて確認してください。
            • DWR設定のDebug Selectオプションが正しく構成されているかどうかを確認します(下図を参照)。GPIOとして構成されている場合、デバッグは有効になりません。
            Device-is-disconnected-during-debug-sessions_23.png
            • デバッグクロック周波数が速いかどうかを確認します。 デバッグクロック周波数がシステムクロックの3分の1を超える場合、デバッグは正しく実行できません。
            • コードスタートアップセクションのIMO周波数初期化セグメントにソフトウェアブレークポイントがあるかどうかを確認します。 デバッグプロセスではIMOを正しく初期化する必要があります。 IMO初期化セクションでソフトウェアブレークポイントを使用することは推奨していません。
            • コードにWDTまたはソフトウェアリセットステートメントがあるかどうかを確認します。 リセット状態は切断を引き起こします。

             

            3. ブートローダーとブートローダブルプロジェクト

            PSoCブートローダーの実装に従って、ブートローダープロジェクトとブートローダブルプロジェクト間の切り替えはソフトウェアリセットを使用します。 したがって、デバッグオプションはブートローダブルプロジェクトでは無効になっています。 ただし、ランニングターゲットへDebug > Attachを選択するとプロジェクトをデバッグできます。 ブートローダープロジェクトはコードがソフトウェアリセットステートメントに到達するまで、他のプロジェクトと同様にデバッグできます。 ソフトウェアリセットを実行するとデバッガへの接続が失われます。

            4. BLEベースのプロジェクトのデバッグ

            BLEベースのプロジェクトのデバッグに制限はありません。 ただし、殆どのBLEプロジェクトは低電力モードで動作するように構成されています。つまり、CYDWRのDebug SelectオプションがGPIOに設定されています。 デバッグを有効にするには、プロジェクトのCYDWRに移動します(これはPSoC Creator IDEのワークスペースエクスプローラーにあります)。Systemsタブを選択し、Debug SelectをSWDに設定します。 次に、プロジェクトを再ビルドし、デバッグに使用します。

             

            他のデバイスに接続されたBLEデバイスは接続間隔ごとに1回CyBle_ProcessEvents()を実行する必要があります。 この関数はBLEスタックの保留中の操作を更新します。 プロジェクトのデバッグ中にコードの実行が停止すると、CyBle_ProcessEvents()がタイムリーに実行されない可能性があります。 これによりBLE切断イベントが発生します。

             

            VI. サードパーティツールへのエクスポート

             

            1. Eclipse IDEへのエクスポートに関する問題

            6.1.1 新しいCプロジェクトの作成中にPSoC Creatorのツールチェーンが見つからない

            新しいCプロジェクトの作成中に、Cross GCC(PSoC Creator)がツールチェーンオプションに表示されない

             

            例:

             

            Export_to_Eclipse_IDE_Issues_24.png

            回答:PSoC Creator EclipseインポートプラグインのバージョンがPSoC Creatorのバージョンと互換性がないか、Eclipse IDEのインストールが適切でないために発生します。 また、システムにはJava 7以降がインストールされている必要があります。

             

            回避策:PSoC Creator Eclipseインポートプラグインの正しいバージョンを再インストールするか、Eclipse IDEを再インストールします。 Eclipse Luna以降およびJava 7以降がシステムにインストールされていることを確認します。

             

             

            6.1.2 インポートエラー

            エラーメッセージ:"Project cannot be created" Reason: Internal Error. 詳細をクリックすると“java.lang.NullPointerException"が表示されます。

            Import_Error_25.png

            回答:PSoC Creatorの古いバージョンのEclipseインポートプラグインが最新バージョンのPSoC Creatorで使用されています。 例えば、PSoC Creator 4.0にはPSoC Creator Eclipse Import v2.3.1.zip(Luna、Mars)のプラグインが必要です。

             

            回避策:PSoC Creator Eclipseインポートプラグインの正しいバージョンを使用してください。

             

            2. Keil uVision IDEへのエクスポートに関する問題

            6.2.1 ビルドエラー

            axfファイルに関連するビルドエラー

            エラーメッセージ:‘.axf: Error: L6320W: Ignoring --entry command. Cannot find argument 'Reset_Handler'

            .sctファイルに関連するビルドエラー

            エラーメッセージ:“sct(7): error: L6236E: No section matches selector - no section to be FIRST/LAST."

            回答:この問題は(PSoC Creator 4.0より前のバージョンで)間違ったツールチェーンが選択された場合、または不適切なリンカー設定が原因で発生します。

            回避策:PSoC Creator 4.0より前のバージョンでは、プロジェクトをKeil uVisionにエクスポートするときに、ツールチェーンをARM MDK Genericとして選択します。

            Build_Error_26.png

            図のようにリンカ設定を行ってください。

            Build_Error_1_27.png

            エラーメッセージ:“The export has failed. Keil uVision was unable to write to the uVision project target projectName.uvproj. This file may be open in another instance of uVision or marked read only. Close uVision or make the project file writable, then try to export again."

            回答:次のナレッジベースの記事で説明されているように、v5.16とv5.20の間のARM uVisionバージョンの既知の問題です。

             

            PSoC Creatorプロジェクトを一部のバージョンのARM µVisionにエクスポートすると失敗する-KBA215839

             

            回避策:ARM uVisionのバージョンがv5.16とv5.20の間にあるかどうかを確認し、新しいバージョンへ更新してください。

             

             

            3. IAR Embedded Workbenchへのエクスポートに関する問題

            6.3.1 デバッグエラー

            エラーメッセージ:“ELF/DWARF Error: Unsupported .debug_info format version: 4.”

             

            回答:IAR Embedded Workbench IDEで使用されるC-SPYデバッガは、特定のDWARF 4ファイルを読み取ることができますが、他のファイルは読み取ることができません。

             

            回避策:この図に示すように、PSoC Creatorビルド設定のリンカー設定、コンパイラ設定、およびアセンブラ設定で、コマンドライン(カスタムフラグ内)のコマンドgdwarf-2を設定します。

            DebuggingError_28.png

            注意:

            gdwarf-version:(サポートされている場合)デバッグ情報をDWARF形式で生成します。 バージョンは2、3、4、または5です。 殆どのターゲットのデフォルトバージョンは4です。DWARFバージョン5は実験的なものです。

            DWARFバージョン2では、一部のポートがアンワインドテーブルで競合しないDWARF 3拡張機能を必要とし、常に使用することに注意してください。

            バージョン4では、最大の利益を得るためにGDB 7.0と-fvar-tracking-assignmentsが必要になる場合があります。

             

            詳細についてはhttps://gcc.gnu.org/onlinedocs/gcc/Debugging-Options.html を参照してください。