2 Replies Latest reply on Jun 4, 2020 11:36 PM by KaKi_1384211
      • 2. Re: Community Translation - What is the difference between the Ready/Busy (RY/BY#) output pin status and the Data Polling (DQ7) method? - KBA203657
        KaKi_1384211

        Hi Jenna-san,

         

        Thank you for your confirmation

        I have translated KBA203657 to Japanese.

         

        _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

        【タイトル】

        ステータス確認方法のReady/Busy方式(RY/BY#)とデータポーリング方式(DQ7) の違いを教えてください。 - KBA203657

         

        【質問】

        ステータス確認方法のReady/Busy方式(RY/BY#)とデータポーリング方式(DQ7) の違いを教えてください。

         

        【内容】

        Ready/Busy方式のRY/BY#ピンはデバイスの現在のステータスのみを監視し、動作が正常に完了したかどうかの判定は出来ません。

        RY/BY#ピンはオープンドレイン構造の出力ピンであるため、このピンを正常に使用するためには、(4.7K10K程度) プルアップ抵抗を付ける必要があります。

        また、RY/BY#はコマンドによって監視、アクセスするわけではなく、ハード的な判定方法です。RY/BY#を使用しない場合は、フローティング状態(OPEN) で構いません。

        一方、データポーリング方式(DQ7) はいかなる条件も必要とせず、動作が正常に完了したかどうかを判定することができます。

        プログラム、または 消去コマンドシーケンスを実行後、ステータスの読み出しを開始することができます。

        ステータス確認はReady/Busy方式(RY/BY#) とデータポーリング方式(DQ7) の両方を組み合わせて実行することで、最も良い効果を得られます。

        _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

         

        Thanks and regards,

        Kiku