3 Replies Latest reply on May 28, 2020 2:56 AM by NoTa_4591161

    Community Translation - Isochronous Bandwidth Allocation of USB HUB - KBA228110

    NoTa_4591161

      Hi,

       

      I would like to translate KBA228110 into Japanese.

      Please confirm to my work.

       

      Thanks,

      Kenshow

        • 1. Re: Community Translation - Isochronous Bandwidth Allocation of USB HUB - KBA228110
          JuyoungJ_06

          Hi, Kenshow-san

           

          Confirm for the work.

          Thanks

           

          Jenna

          • 2. Re: Community Translation - Isochronous Bandwidth Allocation of USB HUB - KBA228110
            JuyoungJ_06

            Hi, Kenshow-san

            Confirm to work.

             

            Thanks,

            Jenna

            • 3. Re: Community Translation - Isochronous Bandwidth Allocation of USB HUB - KBA228110
              NoTa_4591161

              Hi Jenna-san,

               

              Japanese translation was over.
              Please check below.

               

              Original KBA:

              Isochronous Bandwidth Allocation of USB HUB - KBA228110

               

              Thanks.

              Kenshow

              ==============================

               

              タイトル: USBハブのアイソクロナス帯域幅割り当て - KBA228110

               

              バージョン:**

               

              質問:

              USB 2.0ポートに接続されたHX32番目のデバイス用に十分なアイソクロナス帯域幅がないのはなぜでしょうか?

               

              回答:

              HUBトランザクション変換の帯域幅の損失ついての理解

              低速ダウンストリームデバイスを処理する高速アップストリームポートは、帯域幅の損失に終わります。ただし、この問題は(USB SuperSpeedSS)データパスには適用されません。この高速または低速のデバイスには個別の専用データパスがあり(これも電気的に分離されています)、SSアップストリームポートに干渉しません。したがって、 HUB変換帯域幅の損失は、SSトランザクションでは正しくありません。

               

              ホストドライバーの観点からの理解

              • ホストは、先着順でISO帯域幅を割り当てます。
              • 帯域幅不足を処理するために、すべてのISOCデバイスは、ゼロ帯域幅オプションを含む複数の切り替え可能な帯域幅オプションを提供することが期待されています。ホストクライアントドライバーは、システムの帯域幅の可用性に基づいて適切な帯域幅を選択することが期待されています。
                • たとえば、次のインターフェイスを備えたUSB 2.0 Webカメラデバイスについて考えてみます。

              インターフェース0(デフォルトのインターフェース設定:デフォルト設定でゼロ以外のアイソクロナス帯域幅を持つエンドポイントはありません)

              アイソクロナスエンドポイント1:最大パケットサイズ= 0バイト

              アイソクロナスエンドポイント2:最大パケットサイズ= 0バイト

               

              インターフェイス0 Alt設定1

              アイソクロナスエンドポイント1:最大パケットサイズ= 256バイト

              アイソクロナスエンドポイント2:最大パケットサイズ= 256バイト

               

              インターフェイス0 Alt設定2

              アイソクロナスエンドポイント1:最大パケットサイズ= 512バイト

              アイソクロナスエンドポイント2:最大パケットサイズ= 512バイト

              • ほとんどの場合、ホストシステムへの最初の着信デバイスは全帯域幅を受信します(この例ではAlt設定2)。
              • 2番目のデバイスは、デフォルトのゼロ帯域幅で表示されます。そのため、デバイスがエニュミュレートするでしょう。これで、ホストクライアントドライバーは最大帯域幅オプション(Alt設定2)にデバイスを切り替えようとします。USBホストコントローラースタックは、システム帯域幅の可用性に基づいて、この要求を受け入れるか拒否できます。USBホストコントローラースタックがこの要求を拒否した場合、クライアントドライバーは次に低い帯域幅オプション(Alt設定1)を試行します。デバイスが目的の帯域幅をサポートしていない場合、USBホストコントローラースタックはデバイスのエニュミュレートを削除または失敗します。

               

              帯域幅スロットルダウンは、システムUSBスタックの受け入れに基づくホストクライアントドライバーから発生します。USBホストコントローラースタックは、アイソクロナス帯域幅管理で主要な役割を果たします。

               

              ISO帯域幅の調整は、ユーザーの制御を超えています。これは、OS USBソフトウェアスタック(ルートハブドライバー+ホストコントローラードライバー)によって動的に駆動されます。

               

              • Windows 7ベースのシステムのUSB 2.xホストコントローラーは、標準のMicrosoft USBスタックを取得します。ただし、USB 3.xホストコントローラーはサードパーティのUSBスタックを取得します。USB 3.xホストコントローラーのUSB 2.0パスは、サードパーティのUSBスタックを引き続き受信します。ソフトウェアスタックとその動作には明確な違いがあります。

               

              • Windows 10Microsoftスタックは、アイソクロナス帯域幅をより詳細に監視しています。アイソクロナスシステムの帯域幅は、プロセッサ、RAM、またはその他のシステムハードウェアリソースの可用性と、この高帯域幅デバイスの影響を受ける帯域幅にも基づいて決定されます。これは、高帯域幅デバイスの機能を犠牲にすることにより、エンドユーザーエクスペリエンスを向上させる試みです。

               

              詳細については、MicrosoftWebサイトにアクセスしてください。

               

              ==============================

              28-May-2020

              Kenshow