0 Replies Latest reply on May 22, 2020 6:36 AM by MoTa_728816

    MCU Tester, a Swiss Army Knife for PSoC (CY8CKIT-062-BLE version)

    MoTa_728816

      More than a couple weeks has passed since I posted CY8CKIT-044 version of this program.

      And what I learned during this period is that PSoC 6 is different from PSoC 4!

      Anyway, here is the first PSoC 6 version of this program.

       

      このプログラムの CY8CKIT-044 版を投稿してから、既に2週間以上が経ってしまいました。

      その間で学んだことは、PSoC 6 は PSoC 4 とは違う!という事でした。

      何はともあれ、このプログラムの PSoC 6 用の初版です。

      IMG_4270.JPG

       

      When you build and program or debug, you will see something like below.

      Basically the same help message is displayed.

      Except the last one and the prompt.

       

      プロジェクトをビルドして書込むかデバッグを開始すると下記のような表示になります。

      基本的に前回のものと同じです、

      最後の命令とプロンプトを除いては。

      000-cm0-startup-teraterm-log.JPG

       

      Assuming that the E-Ink Shield is mounted on your CY8CKIT-062-BLE.

      Enter "i2c" at the prompt.

      Now prompt changes to "CM0P:i2c>"

      Enter "scan" to scan the I2C bus... it finds a device at 0x68, which is the BMI170 on the E-Ink Shield.

      We can read its ID from the register address 0.

      So enter "readreg 0", then expected ID of D1 is returned.

       

      CY8CKIT-062-BLE に付いてくる E-Ink シールドを接続した状態で

      プロンプトに "i2c" と入力します。

      するとプロンプトは "CM0P:i2c>" にかわります。

      更に "scan" と入力すると I2C バス上にあるデバイスを探し始め... 0x68 にデバイスがあることが分かります、

      これは E-Ink シールドに乗っている BMI170 センサーです。

      このセンサはレジスタアドレス 0 を読むと ID を返すことになっています。

      そこで "readreg 0" と入力すると、予定通り ID の  D1 が返されました。

      010-i2c-cm0.JPG

       

      Now let's try the catch of the day!

      Either push "reset" key or Enter "return" to return to the "CM0P:>" prompt.

      Then enter "cm4" to switch the core to the CorTex-M4.

      The splash says that it is "MCU Tester (CM4)..." and the last command is now "cm0".

      Here we can use all commands in the previous mode, except "cm4".

      For example, if you enter "i2c" same set of commands are available.

       

      それでは今回の目玉を実験しましょう!

      基板の RST ボタンを押すか、"return" コマンドを入力して "CM0P:>" プロンプトに戻ってください。

      そこで "cm4" と入力すると、使用コアが CorTex-M4 に変わります。

      オープニングメッセージも "MCU Tester (CM4) ..." となってコマンドリストの最後は  cm0 に変わっています。

      ここで cm0 の時に使えたコマンドは cm4 を除き全て同様に使用できます。

      例えば ”i2c" と入力すると I2C モードで使用できた全てのコマンドがここでも使えます。

      011-i2c-cm4.JPG

       

      To return the root prompt, enter "return".

      Then enter "mem" to test the Memory Mode.

      According to the TRM of PSoC 6/62 SRAM seems to be starting from 0x08000000.

      So please enter "dump 0x08000000" to see what in the memory now.

       

      トップレベルのプロンプトに戻るには、"return" を入力します。

      次にメモリーモードを試したいので、"mem" と入力してください。

      PSoC 6/62 の TRM によると、SRAM は 0x08000000 から始まっているようなので

      "dump 0x08000000" と入力して、今、メモリーの中に何が入っているのか見てください。

      020-mem-cm4.JPG

       

      Enter "return" to go back to the root prompt.

      Then enter "cm0" to switch the core to CorTex-M0+.

      Now we are home.

       

      再度、トップレベルのプロンプトに戻るのに "return" と入力してください。

      その後、"cm0" と入力すると CorTex-M0+ のコアに戻ることができます。

      ただいま!

      030-return-cm0.JPG

       

      To explain all the commands will take some time and energy, so let me cheat by saying that...

      For other commands, please refer to the page of the previous version below.

       

      コマンド全ての説明はかなり長くなってしまいますので、各コマンドについては

      先のヴァージョンの説明がある以下の URL をご参照ください。

       

      MCU Tester, a Swiss Army Knife for PSoC (CY8CKIT-044 version)

       

      moto