2 Replies Latest reply on May 14, 2020 6:26 PM by MaMi_1205306

    Community Translation - Significance of the Write Enable Latch (WEL) Bit in Serial SPI FRAM and the Write Enable (WEN) Bit in Serial SPI nvSRAM - KBA88148

    MaMi_1205306

      Dear Sirs and  Madams,

       

      I would like to translate KBA88148, please confirm to my work.

       

      Regards,

      Masashi

       

      // PS

      Is there a recommended Japanese font?
      You have to select the font when you edit in the image when you modify the English text in the image.

        • 1. Re: Community Translation - Significance of the Write Enable Latch (WEL) Bit in Serial SPI FRAM and the Write Enable (WEN) Bit in Serial SPI nvSRAM - KBA88148
          JuyoungJ_06

          Hello, Masahi-san

          Confirm for your work,

           

          no, I don't have any recommendation for Japanese font.

          Please use the font you want.

           

          FYI, i used Yugotic for upload to Web.

           

          Thanks.

          jenna

          • 2. Re: Community Translation - Significance of the Write Enable Latch (WEL) Bit in Serial SPI FRAM and the Write Enable (WEN) Bit in Serial SPI nvSRAM - KBA88148
            MaMi_1205306

            jenna -san,

             

            I translated KBA88148 into Japanese.

            We would appreciate it if you could confirm.

             

            Regards,

            Masashi

             

            /********************************************************************************************************************************************/

             

            Significance of the Write Enable Latch (WEL) Bit in Serial SPI FRAM and the Write Enable (WEN) Bit in Serial SPI nvSRAM - KBA88148

             

            シリアルSPI FRAMの書き込み有効ラッチ(WEL)ビットとシリアルSPI nvSRAMの書き込み有効(WEN)ビットの重要性-KBA88148

            userc_45255 が 2013/09/12 23:01 に作成。JyothishK_01 モデレータ が 2017/09/03 21:24 に変更。      

            Version: **

             

            質問:

            シリアルSPI FRAMのステータスレジスタの書き込みイネーブルラッチ(WEL)ビットとシリアルSPI nvSRAMのステータスレジスタの書き込みイネーブル(WEN)ビットは何を意味していますか?

             

            回答:

            シリアルSPI FRAMについて考えてみましょう。

            書き込み操作(ステータスレジスタやメモリへの書き込みなど)の前にWRENコマンドを発行する必要があります。

            WRENオペコードを送信すると内部書き込みイネーブルラッチが設定されます。

            これはステータスレジスタのWELフラグで示されます。 WEL = 1は書き込みが許可されていることを示します。

            ステータスレジスタのWELビットに書き込みを試みても、このビットの状態には影響しません。

            WELは書き込み操作の最後の/ CSの立ち上がりエッジで自動的にクリアされます。

            したがって、別のWRENコマンドを使用せずにステータスレジスタ、またはメモリへさらに書き込むことはできません。

            書き込み不可(WRDI)オペコードを発行することによりWELビットを手動でクリアできます。

            加えて、WRENオペコードとWRITEオペコードの間でステータスレジスタ(RDSRオペコード)を読み取っても、

            WELビットはクリアされないことに注意してください。

            したがって、一部のユーザーはWRENの直後にステータスレジスタを読み取り、WELビットが設定されていることを確認します。

            ただし、書き込み操作を完了するためにWELビットを読み取る必要はありません。

            1.png

             

            シリアルSPI nvSRAMも同し説明が提供されます。

            ステータスレジスタのビット1は、シリアルSPI FRAMの場合はWELとして指定され、

            シリアルSPI nvSRAMの場合はWENとして指定されることに注意してください。