3 Replies Latest reply on Nov 7, 2020 5:22 AM by MoTa_728816
      • 1. Re: Community Translation - How to Monitor MBR3 CapSense Signal Through I2C – KBA225809
        NoTa_4591161

        Original KBA:

        How to Monitor MBR3 CapSense Signal Through I2C – KBA225809

         

        Translated by Kenshow

        ==============================

         

        タイトル: I2Cを介してMBR3 CapSense信号を監視する方法– KBA225809

         

        バージョン:**

         

        質問:

        MBR3 CapSense®のrawカウント、ベースライン、および差分カウントを監視するにはどうすればよいですか?

         

        回答:

        PSoC® 4でのCapSenseとは異なり、MBR3デバイスのファームウェア及びそのI2Cレジスタマップが固定されています。この場合、MBR3 CapSenseのrawカウント、ベースライン、および差分カウントを読み取る場合は、MBR3レジスタの操作方法を知っている必要があります。MBR3レジスタの詳細は、 MBR3 レジスタマップに記載されております。

         

        MBR3 CapSenseのrawカウント、ベースライン、および差分カウントを読み取るには、次のレジスタを使用します。

        レジスタ名

        レジスタアドレス

        レジスタの説明

        SENSOR_ID

        0x82

        読み書き可能。センサーのデバッグデータを報告するセンサーのID

        このレジスタの有効な値は、パーツ内のセンサーの数によって異なります。パーツの有効な値は0〜(センサー数 - 1)です。センサーIDは、MBR3データシートに記載されているセンサーインデックスIDです。たとえば、CS0のセンサーID0CS9のセンサーID9です。

        DEBUG_SENSOR_ID

        0xdc

        読み取り専用。このレジスタは、SENSOR_IDレジスタから値を取得します。

        DEBUG_DIFFERENCE_COUNT0

        0xde

        SENSOR_IDで指定されたセンサーの差分カウントをデバッグします。

        DEBUG_BASELINE0

        0xe0

        SENSOR_IDで指定されたセンサーのデバッグベースラインカウント。

        DEBUG_RAW_COUNT0

        0xe2

        SENSOR_IDで指定されたセンサーのrawカウントをデバッグします。

        DEBUG_AVG_RAW_COUNT0

        0xe4

        SENSOR_IDで指定されたセンサーにアドバンスドローパスフィルターが適用されたデバッグ近接センサーの平均フィルターされたrawカウント。アドバンスドローパスフィルターが無効になっている場合、またはSENSOR_IDのセンサー番号が近接センサーまたは無効になっているセンサー以外のセンサーに対応している場合、この値は未定義です。

        例として、I2CマスターとしてBridge Control Panelを取り上げます。MBR3 CS6(有効になっている必要があります)のrawカウント、差分カウント、およびベースラインを読み取るには、次のようなコマンドラインになります。

        “W 37 82 06 P ;センサーIDを指定してください

        “W 37 DC P ;レジスタの読み取り開始を指定

        “R 37 DC XXXXXXXXP ; デバッグセンサーID、差分カウント、ベースライン、およびrawカウントを読み取ります

        「W」「R」または「P」は書き込み、読み取り、或いは停止のコマンドで、「37」はMBR3 I2Cスレーブアドレス、「82」は16進数のSENSOR_IDレジスタアドレス、「06」はCS6のセンサーID、「DC」は DEBUG_SENSOR_IDレジスタのアドレスになります。「XXXXXXXX」は読み込むバイト数です。

        詳細については、community.cypress.comにアクセスするか、サイプレスのテクニカルサポートにお問い合わせください。

         

        参考文献

        CapSense MBR3

        CY8CMBR3xxx CapSense Express Controllers Registers TRM

         

         

        ==============================

        30-Apr-2020

        Kenshow

        • 2. Re: Community Translation - How to Monitor MBR3 CapSense Signal Through I2C – KBA225809
          JuyoungJ_06

          Hello,Kenshow-san

          We receive your translation, it will be published to KBA to Community.

          After upload, You will receive the points as the word of KBA.

           

          Due to the current delay of processed work, Please bear with me for the delayed the response.

          It could be delayed, but it will be processed soon.

           

          Thanks for your contribution to CDC!

          Will keep you update the status.

           

          Thanks,

          Jenna Jo

          • 3. Re: Community Translation - How to Monitor MBR3 CapSense Signal Through I2C – KBA225809
            MoTa_728816

            Dear Jenna-san,

             

            I reviewed this KBA Translation.

            And the following is my suggestions for touch up.

            ================================

            > MBR3デバイスのファームウェア及びそのI2Cレジスタマップが固定されています。

            < MBR3デバイスのファームウェア及びそのI2Cレジスタマップは固定されています。

             

            > SENSOR_IDで指定されたセンサーの差分カウントをデバッグします。

            < SENSOR_IDで指定されたセンサーのデバッグ差分カウント。

             

            > SENSOR_IDで指定されたセンサーのrawカウントをデバッグします。

            < SENSOR_IDで指定されたセンサーのデバッグrawカウント。

             

            > アドバンスドローパスフィルターが無効になっている場合、またはSENSOR_IDのセンサー番号が近接センサーまたは無効になっているセンサー以外のセンサーに対応している場合、この値は未定義です。

             

            < アドバンスドローパスフィルターが無効になっている場合、またはSENSOR_IDのセンサー番号が近接センサー以外のセンサーまたは無効になっているセンサーに対応している場合、この値は未定義です。

             

            > レジスタの読み取り開始を指定

            < 読み取り開始レジスタの指定

             

            > 「37」はMBR3 I2Cスレーブアドレス、「82」は16進数のSENSOR_IDレジスタアドレス、

            < 「37」はMBR3 I2Cスレーブアドレス、「82」はSENSOR_IDレジスタアドレスの16進数表示、

             

            Line separations

            === current ===

            例として、I2CマスターとしてBridge Control Panelを取り上げます。MBR3 CS6(有効になっている必要があります)のrawカウント、差分カウント、およびベースラインを読み取るには、次のようなコマンドラインになります。

            “W 37 82 06 P ;センサーIDを指定してください

            “W 37 DC P ;レジスタの読み取り開始を指定

            “R 37 DC XXXXXXXXP ; デバッグセンサーID、差分カウント、ベースライン、およびrawカウントを読み取ります

            「W」「R」または「P」は書き込み、読み取り、或いは停止のコマンドで、「37」はMBR3 I2Cスレーブアドレス、「82」は16進数のSENSOR_IDレジスタアドレス、「06」はCS6のセンサーID、「DC」は DEBUG_SENSOR_IDレジスタのアドレスになります。「XXXXXXXX」は読み込むバイト数です。

            詳細については、community.cypress.comにアクセスするか、サイプレスのテクニカルサポートにお問い合わせください。

             

            === suggested ===

            例として、I2CマスターとしてBridge Control Panelを取り上げます。MBR3 CS6(有効になっている必要があります)のrawカウント、差分カウント、およびベースラインを読み取るには、次のようなコマンドラインになります。

             

            “W 37 82 06 P ;センサーIDを指定してください

             

            “W 37 DC P ;レジスタの読み取り開始を指定

             

            “R 37 DC XXXXXXXXP ; デバッグセンサーID、差分カウント、ベースライン、およびrawカウントを読み取ります

             

            「W」「R」または「P」は書き込み、読み取り、或いは停止のコマンドで、「37」はMBR3 I2Cスレーブアドレス、「82」は16進数のSENSOR_IDレジスタアドレス、「06」はCS6のセンサーID、「DC」は DEBUG_SENSOR_IDレジスタのアドレスになります。「XXXXXXXX」は読み込むバイト数です。

             

            詳細については、community.cypress.comにアクセスするか、サイプレスのテクニカルサポートにお問い合わせください。

            ================================

             

            Best Regards,

            7-Nov-2020

            Motoo Tanaka