1 Reply Latest reply on May 7, 2020 1:43 AM by JuyoungJ_06

    Community Translation - CYW2070x Test Evidence for Erratum 10734 - KBA27962

    RyKi_1693141

      Hello,

       

      I tried to translate this KBA27962 in to Japanese.

      CYW2070x Test Evidence for Erratum 10734 - KBA27962

       

      Regards,

      RyKiRyKi_1693141

       

      ==========================================

      タイトル:Erratum 10734のCYW2070xテストエビデンス

       

      Version: **

       

      質問:

      Cypress CYW2070x チップを使用する製品を掲載する際に、BQTF(Bluetooth Qualified Testing Facility)が追加のテスト証拠の提出を求めてきたのはなぜですか?

       

      回答:

      TCRLs(テストケースリファレンスリスト)は半年ごとに更新されます。一般的に、このような更新ではコンポーネントQDID #s 109399 & 104467 & 115853を組み合わせる際に、お客様が追加のテストエビデンスを提出する必要はありません。しかしながら、TCRL-2018-1で公開されたセキュリティ関連のErratum(Erratum 10734)があり、追加のテストエビデンスを提供することを要求しています。

       

      以前に認証されたコンポーネントに対する追加のテストエビデンスの必要性は、主に特定に機能のフォーマット/シーケンス及び実装状態のPICS(Protocol Implementation Conformance Statement)の変更(例えば、TCRL-2018-2 releas から表1を追加するなとのGATT ICSへの重要な変更)に起因します。セキュリティ関連のErratum10734は典型的/定期的な変更ではありません。

       

      質問:

      どのような追加のテストエビデンスが必要ですか?

       

      回答:

      表1の全てのテストケースをテストする必要があります。これらは、QDID#s 109399 & 104467 & 115853 の実際のICSに基づいた適用可能なテストケースです。

      表 2 のリンクレイヤ(LL)テストケースは、“Yes” “Masked to Peer”と表示されている機能のみに関する合格判定の追加要件であり、現在のコア仕様では、機能セットの bit 27 の feature LL 9/25“Remote Public Key Validation”機能のみが “Masked to Peer”の中で“Yes”と表示されているため、変更したリンクレイヤ(LL)テストケースを実行する必要はありません。QDID#109399 は feature LL 9/25 をサポートしていません。

      表1.Erratum 10734を実装するための追加のテストケース

      Test Case ID

      Test Case Description

      LMP/SP/BI-01-C

      Numeric Comparison - IUT Initiator – Invalid Public Key Failure, P-192

      LMP/SP/BI-02-C

      Numeric Comparison - IUT Responder – Invalid Public Key Failure, P-192

      LMP/SP/BI-05-C

      OOB Protocol - IUT Initiator - IUT with OOB Authentication Data – Invalid Public Key Failure, P-192

      LMP/SP/BI-06-C

      OOB Protocol - IUT Responder - IUT with OOB Authentication Data – Invalid Public Key Failure, P-192

      LMP/SP/BI-07-C

      Numeric Comparison - IUT Initiator – Invalid Public Key Failure, P-256

      LMP/SP/BI-08-C

      Numeric Comparison - IUT Responder – Invalid Public Key Failure, P-256

      LMP/SP/BI-09-C

      Passkey Entry - IUT Initiator – Invalid Public Key Failure, P-256

      LMP/SP/BI-10-C

      Passkey Entry - IUT Responder – Invalid Public Key Failure, P-256

      LMP/SP/BI-11-C

      OOB Protocol - IUT Initiator - IUT with OOB Authentication Data – Invalid Public Key Failure, P-256

      LMP/SP/BI-12-C

      OOB Protocol - IUT Responder - IUT with OOB Authentication Data – Invalid Public Key Failure, P-256

       

      Test Case ID

      Test Case Description

      SM/SLA/KDU/BI-01-C

      LE Secure Connections Pairing, IUT Responder – Lower Tester sends invalid public key

      SM/MAS/KDU/BI-01-C

      LE Secure Connections Pairing, IUT Initiator – Lower Tester sends invalid public key

       

      表2.LLはErratum 10734を実装するためのテストケース(合格判定)を変更しました

      Test Case ID

      Test Case Description

      LL/CON/SLA/BV-14-C

      Feature Setup Response

      LL/CON/SLA/BV-22-C

      Initiate Feature Exchange

      LL/CON/MAS/BV-21-C

      Master Respond Version

      LL/CON/MAS/BV-13-C

      Feature Setup Request

      LL/CON/SLA/BV-14-C

      Feature Setup Response

       

      質問:

      どのような追加のテストエビデンスが必要ですか?

       

      回答:

      Cat A (LL)及びCat B (LMP及びSM)のテストレポートをBQTFに提出する必要があります。LMP及びSMのテストエビデンスは必要であるが、LLテストケースのテストエビデンスは参考のためにリストアップされているが、提出は必須ではありません。

       

      質問:

      このKBAでテストエビデンスを使えるシリコンファミリーは?

       

      回答:

      QDID #s 109399 & 104467 & 115853に関連する全てのCYW2070xデバイスは、このKBAで提供されたテストエビデンスを使用することができます。