2 Replies Latest reply on Apr 26, 2020 6:34 PM by JuyoungJ_06
      • 1. Re: Community Translation -  How to Change the UART Baud Rate During the Runtime on PSoC - KBA230021
        NoTa_4591161

        Original KBA: KBA230021

        How to Change the UART Baud Rate During the Runtime on PSoC - KBA230021

         

        Translated by Kenshow

        ==============================

         

        タイトル: PSoCの動作中にUARTボーレートを変更する方法 - KBA230021

         

        バージョン:**

         

        1. 1示すように、コンポーネントカタログからUARTコンポーネントを選択し、* TOPDesign.cyschタブに配置します。

        1. UARTコンポーネントをTOPDesign.cyschに配置する

        KBA230021_1.png

         

        2. 図2が示すように、UARTコンポーネントをダブルクリックし、Configure ‘UART’ Clock Terminaを有効にします

        図2. UARTコンポーネントの構成

        KBA230021_2.png

         

        3.   図3示すように、最初に必要なボーレートに従って、外部クロックをUARTコンポーネントに接続し、クロックの周波数を設定ます

        図3. UARTコンポーネントへの外部クロックの追加

        KBA230021_3.png

         

        4. 実行時に、次のコードスニペットに示すように、Clock_SetDivider(uint16 Divider)を使用してUARTのボーレートを変更することにより、クロックディバイダーの値を変更してボーレートを変更します(ボーレートは9600に設定されています。ボーレートは クロック設定の分周値に応じて、および適切な外部クロック周波数を設定することによって変更されます)

        KBA230021_3_5.png

         

        5. 今、実際のボーレートは9607 bpsに設定されています。

        図4.ボーレートの設定

        KBA230021_4.png

         

        ==============================

         

        15-Apr-2020

        Kenshow

        • 2. Re: Community Translation -  How to Change the UART Baud Rate During the Runtime on PSoC - KBA230021
          JuyoungJ_06

          Hello, Kenshow-san

          We receive your translation, it will be published to KBA to Community.

          It will be reviewed internally.

          After upload, You will receive the points as the word of KBA.

           

          Due to the current volume of works (waiting review, etc.), Please bear with me for the delayed the response.

          It could be delayed, but it will be processed soon.

           

          Thanks for your contribution to CDC!

          Will keep you update the status.

           

          Thanks,

          Jenna Jo