2 Replies Latest reply on Jun 8, 2020 12:47 AM by JuyoungJ_06

    Community Translation - PSoC 4 BLE – Migrating from 256 KB V1 (Bluetooth 4.1) to 256 KB V2 (Bluetooth 4.2) Devices – KBA226906

    HiOm_1802421

      Hi,

      I tried to translate this KBA226906 into Japanese.

       

      PSoC 4 BLE – Migrating from 256 KB V1 (Bluetooth 4.1) to 256 KB V2 (Bluetooth 4.2) Devices – KBA226906

      ==========

      タイトル:PSoC 4 BLE - 256KB(Bluetooth 4.1)から256KB V2(Bluetooth 4.2)デバイスへの移行

       

      質問:

      なぜPSoC   4 BLEの256KB(Bluetooth 4.1)から256KB V2(Bluetooth 4.2)デバイスへの移行が必要ですか?

       

      回答:

      2019年1月に、Bluetooth SIGはBluetooth仕様v4.1を正式に廃止しました。Bluetooth仕様v4.1の廃止は新しいBluetoothデザインでは廃止仕様を使用できない事、新しいデザインではアクティブなBluetooth仕様をサポートするシリコンソリューションを使う必要がある事を示しています。そのためサイプレスは、お客様がBluetooth v4.1認定シリコンデバイス(このドキュメントではV1と呼ばれる)からBluetooth v4.2認定シリコンデバイス(V2と呼ばれる)に簡単に移行できるように、このナレッジベースアーティクルを提供しています。サイプレスは、この記事で説明するBluetooth v4.1デバイス毎に互換性のあるドロップインシリコンオプションを提供しています。これらのデバイスのサイプレスの製品終了通知については、PTN191207を参照してください。

       

       

      質問:どうやってPSoC   4 BLEの256KB(Bluetooth 4.1)から256KB V2(Bluetooth 4.2)デバイスへ移行しますか?

       

      回答:サイプレスは、生産中の全てのBluetooth v4.1デバイスにドロップインコンパチブルなBluetooth v4.2シリコンデバイスを提供しています。

      PSoC 4-BLE 256 KB v4.1シリコンデバイスと同等のPSoC 4-BLE 256 KB v4.2デバイスのリストは、表1を参照してください。

      ステップに従って、PSoC 4-BLE 256 KB v1デバイスをV2デバイスへ移行します。

       

      ステップ1:V1デバイスを特定する

       

      表1を使用して、「V1」列から使用しているデバイスを見つけ、「V2」列で同等のv4.2デバイスを見つけます。

      注意:テープとリールのパッケージオプションは表示されていません。(注文部品番号の末尾に「T」が含まれます)

       

      表1. PSoC 4-BLE 256 KB V1とV2デバイス

      デバイス MPN

      シリーズ

      パッケージ

      V1 (Bluetooth 4.1)

      V2 (Bluetooth 4.2)

      CY8C4128FNI-BL443

      CY8C4128FNI-BL543

      PSoC 4100 BLE

      76-WLCSP

      CY8C4128FNI-BL453

      CY8C4128FNI-BL553

      PSoC 4100 BLE

      76-WLCSP

      CY8C4128FNI-BL463

      CY8C4128FNI-BL563

      PSoC 4100 BLE

      76-WLCSP

      CY8C4128FNI-BL473

      CY8C4128FNI-BL573

      PSoC 4100 BLE

      76-WLCSP

      CY8C4128FNI-BL483

      CY8C4128FNI-BL583

      PSoC 4100 BLE

      76-WLCSP

      CY8C4128FNI-BL493

      CY8C4128FNI-BL593

      PSoC 4100 BLE

      76-WLCSP

      CY8C4128LQI-BL443

      CY8C4128LQI-BL543

      PSoC 4100 BLE

      56-QFN

      CY8C4128LQI-BL453

      CY8C4128LQI-BL553

      PSoC 4100 BLE

      56-QFN

      CY8C4128LQI-BL463

      CY8C4128LQI-BL563

      PSoC 4100 BLE

      56-QFN

      CY8C4128LQI-BL473

      CY8C4128LQI-BL573

      PSoC 4100 BLE

      56-QFN

      CY8C4128LQI-BL483

      CY8C4128LQI-BL583

      PSoC 4100 BLE

      56-QFN

      CY8C4128LQI-BL493

      CY8C4128LQI-BL593

      PSoC 4100 BLE

      56-QFN

      CY8C4248FNI-BL443

      CY8C4248FNI-BL543

      PSoC 4200 BLE

      76-WLCSP

      CY8C4248FNI-BL453

      CY8C4248FNI-BL553

      PSoC 4200 BLE

      76-WLCSP

      CY8C4248FNI-BL463

      CY8C4248FNI-BL563

      PSoC 4200 BLE

      76-WLCSP

      CY8C4248FNI-BL473

      CY8C4248FNI-BL573

      PSoC 4200 BLE

      76-WLCSP

      CY8C4248FNI-BL483

      CY8C4248FNI-BL583

      PSoC 4200 BLE

      76-WLCSP

      CY8C4248FNI-BL493

      CY8C4248FNI-BL593

      PSoC 4200 BLE

      76-WLCSP

      CY8C4248FNQ-BL483

      CY8C4248FNQ-BL583

      PSoC 4200 BLE

      56-QFN

      CY8C4248LQI-BL443

      CY8C4248LQI-BL543

      PSoC 4200 BLE

      56-QFN

      CY8C4248LQI-BL453

      CY8C4248LQI-BL553

      PSoC 4200 BLE

      56-QFN

      CY8C4248LQI-BL463

      CY8C4248LQI-BL563

      PSoC 4200 BLE

      56-QFN

      CY8C4248LQI-BL473

      CY8C4248LQI-BL573

      PSoC 4200 BLE

      56-QFN

      CY8C4248LQI-BL483

      CY8C4248LQI-BL583

      PSoC 4200 BLE

      56-QFN

      CY8C4248LQI-BL493

      CY8C4248LQI-BL593

      PSoC 4200 BLE

      56-QFN

      CY8C4248LQQ-BL483

      CY8C4248LQQ-BL583

      PSoC 4200 BLE

      56-QFN

      CY8C4248FLI-BL483

      CY8C4248FLI-BL583

      PSoC 4200 BLE

      76-WLCSP (thin)

      CYBLE-212019-00

      CYBLE-212020-01

      PSoC 4200 BLE Module

      31-SMT

      CYBLE-214009-00

      CYBLE-214015-01

      PSoC 4200 BLE Module

      32-SMT

      CYBLE-222005-00

      CYBLE-222014-01

      PSoC 4200 BLE Module

      22-SMT

      CYBLE-224110-00

      CYBLE-224116-01

      PSoC 4200 BLE Module

      32-SMT

       

      PSoC Creator™プロジェクトがある場合、次の手順を使用して、V1デバイスを使用するかどうか判断できます。

      1. PSoC Creatorの最新バージョンでプロジェクトを開きます。推奨する最小バージョンはPSoC Creator4.2です。
        デバイスによっては、PSoC Creatorが廃止デバイスリストのポップアップウィンドウを表示する場合があります。現在のデバイスとして指定されているデバイスが表1の「V1」列に列挙されている場合、廃止されたV1デバイスを使っています。ステップ2へ進み、適切なV2デバイスを特定します。

        図1.Obsolete Device ポップアップ表示
        Untitled1.png
      2. 「Obsotete Device」ダイアログが表示されなかった場合、PSoC Creator IDEウィンドウでプロジェクトが開きます。図2に示すように、Workspace Explorerパネルでプロジェクト名と一緒に表示されているデバイスの部品番号を見つけます。このデバイスが表1の「V1」列に列挙されている場合、V1デバイスを使っています。ステップ2へ進み、適切なV2デバイスを特定します。

        図2. Workspace Explorerのデバイス名
        Untitled2.png

       

      ステップ2. 適切なV2デバイスを特定する

      表1の「V2」列は、V1デバイスと対応するパッケージとピン互換のV2デバイスを列挙しています。

      表1に示す「V2」デバイスは、同等の「V1」デバイスのフォームフィットファンクション互換のシリコンデバイスです。正確なフォームフィットファンクションの「V2」を置き換えるには、表1の「V2」デバイスをメモしてステップ3へ進みます。

       

      フットプリントが互換性のあるソリューションのみ必要で、機能差に問題がない場合は、同じパッケージタイプが列挙されている任意のデバイスから選択できます。図5に示すようにフィルターのBluetooth = 4.2に設定して、PSoC Creator内のDevice Selectorを使用する事も出来ます。この画面では、全てのV2デバイスを表示し、列を使用して機能を比較して、要件に一致するデバイスを特定できます。フットプリントの互換性のために、「Package」列は現在の「V1」デバイスと一致するパッケージでフィルターする必要がある事に注意してください。

       

      ステップ3. PSoC Creatorプロジェクトを更新する

      このステップは、V1デバイス用のPSoC Creatorプロジェクトがあり、V2デバイスを使用するよう更新する場合に適用します。

       

      1. PSoC Creatorの最新バージョンで現在のプロジェクトを開きます。推奨する最小バージョンはPSoC Creator4.2です。
      2. 図3に示すように「Obsolete Device」ポップアップが表示された場合は、(choose another replacement) をクリックします。これにより、Device Selectorウィンドウが開きます。ステップ4へ進みます。

        図3. Obsolete Device ウィンドウ
        Untitled3.png
      3. 「Obsolete Device」ウィンドウが表示されなかった場合、プロジェクトは引き続きPSoC Creator IDEで開きます。図4に示すように、Workspace Explorerでプロジェクト名を右クリックし、Device Selectorを選択します。

        図4. Device Selectorを開く
        Untitled4.png
      4. 図5で示すようにフィルターを変更してV2デバイスを選択します。
        1. Flash (KB) = 256と、Bluetooth = 4.2 でフィルターを使用します。これによりリストが絞り込まれ、PSoC 4 BLE 256 KB V2 (Bluetooth 4.2デバイス)のみが表示されます。
        2. ステップ2で特定したV2デバイスをリストから選択します。
        3. OKをクリックして選択を適用します。

          図5. V2デバイスを表示するDevice Selectorフィルター
          Untitled5.png
      5. BLEコンポーネントを最新バージョンに更新します。
        1. プロジェクト名を右クリックして、Update Componentsを選択します。

          図6. Update components
          Untitled6.png
        2. BLEコンポーネントのNew Versionドロップダウンリストを使用して、利用可能な最新のBLEコンポーネントバージョンを選択し、Nextをクリックします。

          図7. BLEコンポーネントを利用可能な最新バージョンへ更新
          Untitled7.png
        3. 必要に応じて、Create workspace archive before updating オプションを選択して現在のプロジェクトのバックアップアーカイブを作成します。Finishをクリックしてコンポーネントの更新をプロジェクトに適用します。

          図8. コンポーネント更新完了
          Untitled8.png
      6. Build > Clean and Build <project name> を使用して、プロジェクトをビルドします。Output Consoleでビルドが成功したことを確認します。
        これでプロジェクトがV2デバイスに正常に移行されました。

      ==========

      BR,

      Omoi