2 Replies Latest reply on Feb 28, 2020 2:10 AM by TeMa_2997106

    GPIFのデータ幅変更に伴う挙動の違いについて

    TeMa_2997106

      AN75779をベースにFX3で以前設計した回路をベースに、GPIF側のデータ幅を

      8bitと16bitと双方の構成を検討しています。

      (8bitと16bitのスピードは同等で、結果的にbit幅の拡張により転送レート自体は倍になります)

       

      8bitでは正常に動作していたのですが、16bit入力で動かそうとしているのですが、

      現状うまくいっていません。

       

      パケットを見る限りは、想定よりもパケットが少ないようです。

      またヘッダーのEOFビットが立っているパケットが無いためか、

      PCのビュアーでは1枚もフレームを受け取れていません。

       

      Full HD解像度なので、1フレームのデータは約4MByteあり、

      1パケットは16380Byteなので、1フレームは254パケットで構成されるはず、と考えています。

       

      ところが、ISP側でUSBパケットをキャプチャして数えると、フレームの切り替わり

      (ヘッダー内のBFHバイトのFIDが変わるまで)が安定しておらず、160パケット程度になっているようです。

      また、FID変化の直前のパケットでは、EOHが立つはずですが、立ったり立たなかったりと安定していないようです。

       

      データクロックは74.25MHzで、FHD(1920x1080)です。

      GPIO0:7 に CrCb、 GPIO8:15にYデータが入力されます。

      GPIO28にVS、GPIO29にDEを入力しています。

       

      8bit版からのファームの設定変更箇所は、GPIF2 Designer で入力を8bitから16bitに変更したのみなのですが、

      他に変更しなければいけない箇所はあるでしょうか。

       

      すみませんが、ご回答のほどよろしくお願いします。

        • 1. Re: GPIFのデータ幅変更に伴う挙動の違いについて
          HirotakaT_91

          変更点としては、データ幅の他に、GPIF-II アドレスカウンターとデータカウンターのCounter limit valueの変更が必要です。

          Counter limit valueは16bit幅用に8183に変更されていますか?

           

          ステートマシンは、GPIF II アドレス カウンターADDR とデータ カウンターDATA という 2 個の GPIF II 内部カウンターを使用して DMA バッファのバイト数をカウントします。GPIF II ステート マシンは GPIF スレッドを切り替えるたびに、他の GPIF スレッド用に適切なカウンターを初期化します。

          転送カウンターはクロックサイクル毎に 1 増加します。従って、インターフェースのデータ バス幅に応じてカウンター限界値が変わります。16 ビット インターフェースでは、DMA バッファサイズが 8184 の 16 ビットワードであるため、プログラムされる限界値は 8183 となります。詳細はAN75779「3.5  GPIF II ステート マシン」をご参照ください。

           

           

           

          必要な変更事項はAN75779「3.6.5  GPIF II インターフェースの詳細変更」に書かれております。

          ご確認よろしくお願い致します。

          Hirotaka Takayama

          1 of 1 people found this helpful
          • 2. Re: GPIFのデータ幅変更に伴う挙動の違いについて
            TeMa_2997106

            ご回答ありがとうございます。

             

            確かにデフォルトのままになっておりました。

            変更したところ、フレームが正しく受け取れていることが確認できました。

             

            ご対応ありがとうございました。