cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 

Knowledge Base Articles

QSPI Semper Flashでの3バイトアドレッシングと4バイトアドレッシングの間のアドレスモードの切り替え-KBA232058 -Community Translated (JA)

JennaJo
Moderator
Moderator

QSPI Semper Flashでの3バイトアドレッシングと4バイトアドレッシングの間のアドレスモードの切り替え-KBA232058 -Community Translated (JA)

Original KBA:
Switching Address Mode between 3-byte Addressing and 4-byte Addressing in QSPI Semper Flash - KBA232...

Translated by: Kenshow

タイトル: QSPI Semper Flashでの3バイトアドレッシングと4バイトアドレッシングの間のアドレスモードの切り替え-KBA232058

 

質問:

QSPISemper ™ Flashでアドレスモードを3バイトアドレッシングと4バイトアドレッシングの間で切り替える方法は?

回答:

QSPIインターフェースを持ったSemper Flashは、3バイトのアドレッシングモードと4バイトのアドレッシングモードの両方をサポートします。アプリケーションソフトウェアは、必要に応じて実行時に2つのアドレスモードを切り替えることができます。

コンフィギュレーションレジスタ-2のADRBYTビット(不揮発性レジスタビット(CFR2N [7])および揮発性レジスタビット(CFR2V [7]))は、アドレスを必要とするすべての命令の期待されるアドレス長を制御し、3バイトまたは4バイトアドレッシングを選択できます。

CFR2V [7]ビットは、現在のフラッシュアドレスモードを決定します。CFR2N [7]ビットを変更すると、CFR2V [7]ビットも自動的に変更されます。CFR2V [7]を変更している間、CFR2N [7]は変更されません。フラッシュパワーオンの初期化中に、CFR2V [7]がCFR2N [7]からロードされます。

CFR2N [7]またはCFR2V [7]のいずれかを逆にすると、アドレスモードを切り替えることができます。ただし、CFR2N [7]を変更することはお勧めしません。不揮発性レジスタのプログラミングは、突然の電力損失に対して脆弱であり、不揮発性レジスタの破損につながる可能性があります。不揮発性レジスタの消去/プログラムのライフサイクルは限られています。

シングルダイデバイスでCFR2V [7]を逆にしてアドレスモードを切り替えることは許容されますが、複数のダイデバイスにはお勧めしません。複数のダイフラッシュデバイスの場合、すべてのダイのCFR2V [7]は同じである必要があり、それぞれ変更する必要があります。3バイトアドレッシングから4バイトアドレッシングに切り替える場合、上位ダイにアクセスするには4バイトアドレッシングが必要なため、上位ダイのCFR2Vにはアクセスできません。

QSPIインターフェースを持ったSemper Flashは、アドレスモードを切り替えるための2つの専用コマンドを提供しており、CFR2V[7]を「1」または「0」に設定する4バイトアドレスモード(B7h)の開始と4バイトアドレスモード(B8h)の終了です。これらの2つのコマンドはアドレスを必要とせず、発行されるとすべてのダイに送信されます。

実行時にフラッシュアドレスモードを切り替えるには、4バイトアドレスモード(B7h)を開始し、4バイトアドレスモード(B8h)を終了することをお勧めします。

 

0 Likes
Version history
Revision #:
1 of 1
Last update:
‎Feb 25, 2021 08:51 PM
Updated by:
 
Contributors