cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 

Knowledge Base Articles

PSoC 4 CSD ADC キャリブレーション API の必要性 - KBA228584 - Community Translated (JA)

Employee

PSoC 4 CSD ADC キャリブレーション API の必要性 - KBA228584 - Community Translated (JA)

Community Translated by  MoTa_728816          Version: **

PSoC 4 デバイスにおいて、 CSD ADC SAR ADC 装されていないデバイスでアナログ電を測定するための選肢の一つです。CSD ドウェア ADC コンポネントは CapSense® CSD ドウェアを電測定をするために用します。使用されるデバイスによって CSD ADC コンポネントに2種類のバジョ

があります

PSoC 4000 デバイスでは、CSD ドウェアは電流知回路として機能します。入力に 1-MΩの抵抗を直列に接することで入力電を微小電流に換し、それを CSD ドウェアで測定します。入力電はこの測定された電流から算出されて API 由で報告されます

PSoC 4100s デバイスでは、CapSense システムが電を測定するためのスロ ADC 装しています。ADC ケンサは自動的に入力電のサンプリングと電測定をCPU の介在なしに行します。どのピンの入力電 (VIN) AMUXBUSB 由で部の CREF (CREF1 + CREF2) にサンプリングされます。 IDACB CREF の電を入力電から VREF まで上げたり/下げたりすることに使用されます

PSoC 4000

デバイスがリセットされるに、測定前に簡な開放回路校正(キャリブレション)行する必要があります。この校正では ADC を開始して、アナログマルチプレクサを使用しているすべての入力を切後、API ファンクションコルを一つ行う必要があります。解放回路校正は測定結果を可能な限り正確にするためにいつでも再行することが可能です

PSoC 4000 デバイスの CSD ADC を使用している間は、int32 CSD_ADC_CalibrateNoInput(void) をコルしてデバイスを校正します。この API は校正を行って部電流源モジュレタの値を決定します。校正のアルゴリズムは Cmod に接れた知の 220 KΩ抵抗の電を使用して知の電流を測定し部の電流源を校正します。校正はデバイスのリセット後にのみ必要です。スリプやディプスリプからのウェイクアップ後の校正は必須ではありませんが、推されます

PSoC 4100S

PSoC 4100s デバイスでは、デバイスの校正に cystatus ADC_Calibrate (void) を使用します。この API ファンクションは正確な結果をもたらすために適切なハドウェア設定を特定するために ADC の校正を行います。精度と補正のためにこの校正は定期的 (例えば、10) に行うことが推されます

pastedImage_0.png

1: ス電流とシンク電流間の不整合を測定する。(TRM 23.3.5.2 )

入力電を測定する前に、ADC はコンデンサの充電と放電のサイクルを測定して電流供給源の IDAC (Isource) と電流消費先の IDAC (Isink) との不整合を測定します

 IDAC CREF VSSA から VREF まで充電するのに必要な時間を測定します。これは1中にあるように、TgndToVref と呼ばれます

 CREF VREF から VREF/2 まで放電します (Thalf と呼ばれます) 、そして再び VREF まで充電します (Trecover と呼ばれます)

これらの測定が終了すると、ADC は入力電を測定してより精度を上げるために適切な補正を適用することが可能になります

0 Likes
Version history
Revision #:
1 of 1
Last update:
‎Apr 27, 2020 04:02 AM
Updated by:
 
Contributors