cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 

Knowledge Base Articles

PSoC®4でI 2CピンをLVTTLロジック入力で使用する – KBA223289 - Community Translated (JA)

Employee

PSoC®4でI 2CピンをLVTTLロジック入力で使用する – KBA223289 - Community Translated (JA)

Community Translated by  NoTa_4591161        Version: **

Translation - English: Using I 2C Pin with LVTTL Logic Input in PSoC® 4 – KBA223289

質問:

PSoC 4デバイスで、CMOSロジックの代わりにLVTTLロジックでのI2Cの入力を持たせることは可能でしょうか?

回答:

直接ではありませんが、設定は可能です。これは、コンポーネント設定の変更ではなく、レジスタ書き込みを介して行わなければなりません。CMOSまたはLVTTLでのしきい値を選択するレジスタについては、 PSoC 4 Architecture TRMのセクション「7.3.1 Digital Input Bufferをご参照願います。レジスタ名はGPIO_PRTx_PCになります。PORT_VTRIP_SELビット(GPIO_PRTx_PC [24])でモードを決定します。

この設定はフルポート用であることに注意してください。これは、そのポートのすべてのピンが同じしきい値を持つことを意味します。

I 2 Cポートのこのビットを1に設定して、LVTTLにすることができます。CY_GET_REG32マクロを使用して、そのビットのみを設定できます。

これは、1行の追加コードで実行できます。

CY_SET_REG32 CYREG_GPIO_PRT3_PC CY_GET_REG32 CYREG_GPIO_PRT3_PC | 0x01000000;

これは、ポート3のピンがI2Cに使用されていることを前提としています。ユースケースに応じてレジスタ名を変更する必要があります。

0 Likes
Version history
Revision #:
1 of 1
Last update:
‎Jul 05, 2020 10:05 PM
Updated by:
 
Contributors