cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 

Knowledge Base Articles

PSoC® 3 / PSoC 5LP の外部メモリインターフェース (EMIF) サポート - KBA88199 - Community Translated (JA)

Employee

PSoC® 3 / PSoC 5LP の外部メモリインターフェース (EMIF) サポート - KBA88199 - Community Translated (JA)

Community Translated by  Motoo Tanaka Expert          Version: *A

Translation - English: External Memory Interface Support in PSoC® 3 / PSoC 5LP – KBA88199

質問:外部メモリインターフェース (EMIF) がサポートする外部メモリはどのようなものがありますか?

回答:

EMIF は4種類の外部メモリをサポートしています:同期 SRAM、非同期 SRAM、セルラ RAM/PSRAM、NOR フラッシュです。EMIF の主な機能を以下に示します:

  • EMIF コンポーネントは PSoC® 3/5LP の外部メモリへ CPU や DMA によるアクセスを可能にします。
  • EMIF メモリは 8-bit/16-bit のデータバスで 8-bit/16-bit/32-bit のアドレスバスが使用可能です。
  • PSoC 3 では、EMIF XDATA データアドレスは 0x800000 から 0xFFFFFF がマップされます; PSoC 5LP では、EMIF メモリアドレスマップの範囲は 0x60000000 から 0x60FFFFFF となります。
  • EMIF は標準の非同期と同期インターフェース以外に独自のインターフェースもサポートします。
  • PSoC 3 では EMIF からコードを実行することは出来ませんが、PSoC 5LP では可能です。しかしながら、外部メモリにあるコードを初期化するのは容易ではありません。一般に、外部メモリに実行コードを置くことは推奨されません。

EMIF コンポーネントを使用したサンプルコードは、PSoC Creator のメニューから File > Open > Example Project を選択して、Keyword #1EMIF を選択することでアクセスすることが可能です。このプロジェクトはプロトタイプ QVGA 基板上の非同期 SRAM を使用して動作します。必要なドキュメントもプロジェクトに含まれています。

0 Likes
Version history
Revision #:
1 of 1
Last update:
‎Jul 06, 2020 09:19 PM
Updated by:
 
Contributors