cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 

Knowledge Base Articles

FX2LPのコミットされたエンドポイントのフラッシュ - KBA222444 - Community Translated (JA)

Employee

FX2LPのコミットされたエンドポイントのフラッシュ - KBA222444 - Community Translated (JA)

Community Translated by NoTa_4591161       Version: **

Translation - English: Flushing the Committed Endpoints of FX2LP - KBA222444

質問:

FX2LPAUTOモードで動作していて、ホストアプリケーションが指定された時間内に同じデータを読み取れなかった場合、どのようにしてコミットされたエンドポイントからデータをクリアまたはフラッシュできますでしょうか?

回答:

FX2LPAUTOモードで動作していて、データが外部インターフェイスからFX2LPデバイスにストリーミングされ、自動的にホストにコミットされますが、ホストアプリケーションがデータを読み取る準備ができていない場合があります。FX2LPは、AUTOモードで動作しているためにファームウェアはエンドポイントFIFOを制御できません。ホストが指定された時間FX2LPデバイスからコミットされたデータを読み取らず、データを破棄する必要がある場合においてエンドポイントFIFOを制御するには、FX2LPを手動モードに切り替える必要があります。同じ様にクリアするには、以下のシーケンスに従ってください:

  1. NAKALLビットを設定する
  2. MANUALモードに切り替え
  3. FIFOをリセットする
  4. AUTOモードに切り替える
  5. NAKALLビットを解放する

コードスニペットの例:

TD_Poll()

… … …

If(FIFO_RESET)

{

// これは、EP6AUTOINとして構成されているEP6 FIFOをリセットするコードセグメントの例です。

// 注:EPxFIFOCFGの他のビットの設定はここでは無視されます

FIFORESET = 0x80; // 競合状態を回避するためにNAK-ALLをアクティブにします

SYNCDELAY;

EP6FIFOCFG = 0x00; // MANUALモードに切り替えます

SYNCDELAY;

FIFORESET = 0x06; // リセットFIFO 6この段階では、NAKALLビットを0に設定する必要があることに注意してください。 1に設定すると、目的の操作は行われません

SYNCDELAY;

EP6FIFOCFG = 0x0C; //AUTOモードに切り替えます

SYNCDELAY;

FIFORESET = 0x00; // NAKALLを解放します

SYNCDELAY;

}

0 Likes
Version history
Revision #:
1 of 1
Last update:
‎Aug 10, 2020 07:18 AM
Updated by:
 
Contributors