cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 

Knowledge Base Articles

F2MC-16LXファミリMCUでのUSBバスリセット検出 - KBA227558 - Community Translated (JA)

Employee

F2MC-16LXファミリMCUでのUSBバスリセット検出 - KBA227558 - Community Translated (JA)

Community Translated by  NoTa_4591161 Expert         Version: **

Translation - English: USB Bus Reset Detection on F2MC-16LX Family MCUs - KBA227558

F2MC-16LXファミリMCUでは、USBバスリセット状態の検出方法は、UDCCレジスタのUSTPビットで指定されたUSB動作クロック停止モードと、次のUDCSレジスタのSUSPビットで指定されたUSBサスペンド検出モードの関係によって決まります。

USB動作クロック停止モードおよびサスペンド検出モードの詳細については、F2MC-16LX MB90330Aシリーズハードウェアマニュアル13章「USB機能」を参照してください。

1. UDCCレジスタのUSTPビット

      pastedImage_0.png

2. UDCSレジスタのSUSPビット

 

次の表は、USBバスリセットがUSBモードで検出できるケースをまとめたものです。

                     UDCC.USTPUDCS.SUSPUSBバスリセット
パターン100検出できる
パターン201検出できる
パターン310検出できません
パターン411検出できません


パターン
3

この場合、アプリケーションはUSBを使用しておらず、USBをオフにする(USB OFF)ことにより低電力モードに入ったと想定しています。
パターン3

パターン3への移行方法とパターン1への戻り方については、F2MC-16LX MB90330Aシリーズハードウェアマニュアル[bit4] USTPUSB動作クロック停止ビット」の注意事項を参照してください。

[bit4] USTPUSB動作クロックストップビット」に関するご注意

USTPビットがストップモードで使用されていない場合は、FULLスピードまたはLOWスピード(HOSTモードでのみサポートされています)で3サイクルまたは43サイクル経過するまで待ちます。これにより、リセット操作が確実に機能するようになります。 RST = 1に設定しました。USTPビットとRSTビットを同時にクリアできます。

USBマクロは、UDCC.RST = 1によってリセットされます。USBのクロックは、UDCC.USTP = 1でゲートできます。これは、UDCC.RST = 1およびUDCC.USTP = 1を設定することによってUSBマクロがストップモード(純粋な低消費電力モード)に入り、CPUが常に実行されていることを意味します。

パターン4

この場合、アプリケーションはUSBを使用しており、USBサスペンドモードでは最小の電力消費が想定されています。パターン4の間、USBマクロのUSBバスは特別な状態に遷移して、USBバスのステータス(バスリセット、ウェイクアップ)を監視します。これは、USBマクロが停止モードに入り、USBバスのステータスを監視し続けることを意味します。

パターン4に移行してパターン1に戻る方法については、F2MC-16LX MB90330AシリーズハードウェアマニュアルUDC制御レジスタ(UDCC)」に関する注記を参照してください。

UDCコントロールレジスタ(UDCC)」に関する注意

UDC制御レジスタ(UDCC)は、bit7RST = 1のときに設定し、USBの動作中には書き換えないでください。ただし、RESUMのビット6USTPのビット4は排他的です。以下のコマンドにより、リモートウェイクアップイネーブルステータスによってのみ、USBのサスペンドステータスでビット6RESUMを設定またはリセットする必要があります。ストップモード状態に入る前に、bit4USTP "1"に設定してください。停止モードの選択を解除するには、UDCSSUSPUDCCUSTPの順序を「0」に設定します。

パターン1に戻るには、バスのリセットまたはウェイクアップによってUSBバスのステータスが変化した場合、UDCS.WKUPを「1」に設定します。

  • バスのウェイクアップがある場合、ウェイクアップフラグ「UDCS.WKUP」が設定されます。これは割り込みを生成します。
  • バスリセットが発生すると、ウェイクアップフラグ「UDCS.WKUP」が設定され、割り込みが生成されます。次に、UDCS.SUSPビットとUDCC.USTPビットがクリアされ、USBクロックが開始されます。USBマクロは、バスリセット時間が経過すると、バスリセットフラグを設定します。
0 Likes
Version history
Revision #:
1 of 1
Last update:
‎Jul 13, 2020 10:08 PM
Updated by:
 
Contributors