cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 

Community Translations

MotooTanaka
Esteemed Contributor

Hi,

I'd like to translate this KBA228784 into Japanese.

moto

Original KBA: KBA228784

Using ModusToolbox Software Behind a Firewall – KBA228784

Translated by: MoTa_728816

=======================

タイトル: ファイヤーウォールのある環境で ModusToolbox ソフトウェアを使用する。

質問:

ModusToolbox IDE、スタンドアロンの Project Creator, Library Manager tool で ModusToolbox  対応の基板が全く表示されないのはなぜでしょうか? また、git が SSLエラーやネットワークエラーで失敗するのはなぜでしょうか?

回答:

種々の ModusToolbox ツール (例えば、Eclipse-based IDE, project-creator, library-manager)はマニフェストデータの取得やプロジェクトの複製を行うために GitHub へのアクセスを必要とします。もしあなたがファイヤーウォールで保護された環境にある場合、その機能を正常に働かせるために、以降の手順にしたがってください。手順はお使いの OS 毎に少しずつ異なっています。

1. Windows

Windowsでは、システム環境変数を設定をして Eclipse でも同様の設定を行います。システム環境変数の設定は Eclipse を起動する前に行う必要があります。

ステップ 1: Windows のプロキシ設定を Automatically detect settings に設定します。

001-pastedImage_0.png002-pastedImage_1.png

ステップ 2: Windows のシステム環境変数で HTTP_PROXY と HTTPS_PROXY を設定します。これは URL とポート番号を含む必要があります。 具体的な情報はIT管理部門に問い合わせてください。

003-pastedImage_2.png

ステップ 3: システム環境変数の設定後、Eclipseベースの IDE を起動してください。そしてメニューの Window > Preferences > General > Network Connections からプロキシの設定を行います。このページで Active Provider を「Manual」に設定し、その後 HTTP と HTTPS の内容にお使いサーバとポート番号を設定する必要があります。

005-pastedImage_4.png

2. MacOS

macOS では、環境変数はターミナルウィンドウで設定する必要があります、その後そのターミナルウィンドウのコマンドラインから Eclipseベースの IDE を起動する必要があります。もし IDE をこの同じウィンドウから起動しないと、IDEプロセスは環境変数を受け継ぐことが無いため、 Library Manager のようなツールは正常に機能しません。

ステップ 1: System Preferences > Network > Advanced > Proxies を更新して、Auto Proxy Discovery を有効にしてください。

006-pastedImage_5.png

ステップ 2: ターミナルを起動して関連する変数 (http_proxy, https_proxy) が設定されているか確認します。(Auto Proxy Discovery が自動的にこれらの変数を設定します)。

$ export | grep proxy

declare -x http_proxy="<URL>:<PORT>/"

declare -x https_proxy="<URL>:<PORT>/"

ステップ 3: そのターミナルから IDE を起動します。

$ /Applications/ModusToolbox/ide_2.0/ModusToolbox.app/Contents/MacOS/ModusToolbox

ステップ 4: EclipseベースのIDEを使用している場合、Application Menu > Preferences > General > Network Connections で プロキシを設定してください。このページで Active Provider を「Manual」に設定し、その後 HTTP と HTTPS の内容にお使いサーバとポート番号を設定する必要があります。(Windows での同様な設定画面を参考にしてください。)

3. Linux

Linux では環境変数はターミナルウィンドウ内で設定する必要があります、その後そのターミナルウィンドウのコマンドラインから Eclipseベースの IDE を起動する必要があります。もし IDE をこの同じウィンドウから起動しないと、IDEプロセスは環境変数を受け継ぐことが無いため、 Library Manager のようなツールは正常に機能しません。

ステップ 1: 手動で Network Proxy を設定します。

007-pastedImage_6.png

ステップ 2:  ターミナルを起動してターミナル内で関連する変数が設定されているか確認します。

user@user-VirtualBox:~$ export | grep proxy

declare -x http_proxy="<URL>:<PORT>/"

declare -x https_proxy="<URL>:<PORT>/"

ステップ 3: ターミナルから IDE を起動します。

$ ~/ModusToolbox/ide_2.0/eclipse/ModusToolbox

ステップ 4: EclipseベースのIDEを使用している場合、Window > Preferences > General > Network Connections で プロキシを設定してください。このページで Active Provider を「Manual」に設定し、その後 HTTP と HTTPS の内容にお使いサーバとポート番号を設定する必要があります。(Windows での同様な設定画面を参考にしてください。)

=======================

26-Mar-2020

moto

0 Likes
2 Replies
JennaJo
Moderator
Moderator

Hello, Tanaka san

We receive your translation, it will be published to KBA to Community.

You will receive the points as the word of KBA.

Thanks for your contribution to CDC!

Will keep you update the status.

Thanks,

Jenna Jo

Jenna Jo
JennaJo
Moderator
Moderator

Hello, Tanaka-san


Your translation work has been published, please let me know - if there is issues.

Thanks for your work and waiting to be published.

You will be rewarded score as the token of appreciation.

Thanks for your continuous contribution.

Regards,

Jenna Jo

Jenna Jo