cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 

Community Translations

MotooTanaka
Esteemed Contributor

Hi,

I'd like to translate KBA228368 into Japanese.

moto

Original KBA: KBA228368

Using FLL to Generate Clock for USB - KBA228368

Translated by: MoTa_728816

==============================

タイトル: PSoC 6 MCU で FLL を使用して USB 用のクロックを生成する方法 - KBA228368

ヴァージョン: **

質問:

PSoC 6 MCU で FLL を使用して USB オペレーション用の精度 ± 0.25% の 48MHz クロックを生成するのにはどのように設定したら良いでしょうか?

回答:

以下の手順に従ってください:

1. Workspace Explorer で、Design Wide Resources 下の Clock をクリックします。

図 1. ステップ 1 と ステップ 2

001-pastedImage_0.png

2. 図 1 のように、Clocks タブで、Edit Clock をクリックします。 すると Configure System Clocks ウィンドウが現れます。

3. Configure System Clock ウィンドウで、FLL/PLL タブをクリックします。PathMux0 内で、FLL のソースに IMO (8 MHz) を選択し、FLL のチェックボックスをクリックして FLL を有効にします。

図 2. ステップ 3 と ステップ 4

002-pastedImage_6.png

4. FLL を設定するために エリプシス ('...') をクリックします。

5. Configure FLL ダイアログ中で、Manual セクションを有効にして、以下の設定を行います。

図 3. ステップ 5

003-pastedImage_11.png

    • Multiplier (1-262143): 1728
    • Reference (1-8191): 144
    • Clock tolerance (0-511): 2

これらの設定後、FLL の出力は 精度 ± 0.2% の 48MHz クロックになっています。

注意: クロック周波数を 96 MHz (精度 ± 0.2%) に設定する場合には、以降のパラメータを使用してください。

    • Multiplier (10262143): 1728
    • Reference (1-8191): 72
    • Clock tolerance (0-511): 2

6. PSoC 6 MCU では、CLK_HF[3] が USB 通信の元クロックになっています。 High Frequency Clock タブで、 Path0 (48MHz) を選択してください。

これは、図 4 のように、FLL クロックが Clk_HF3 のソースとして設定されたという意味になります。

図 4. ステップ 6

004-pastedImage_24.png

マニュアル設定でのパラメータ計算の詳細については PSoC 6 Architecture TRM “Configure FLL” の節をご参照ください。

==============================

2-May-2020

moto

0 Likes
1 Reply
JennaJo
Moderator
Moderator

Hello, Tanaka-san

We receive your translation, it will be published to KBA to Community.

After upload, You will receive the points as the word of KBA.

Due to the current delay of processed work, Please bear with me for the delayed the response.

It could be delayed, but it will be processed soon.

Thanks for your contribution to CDC!

Will keep you update the status.

Thanks,

Jenna Jo

Jenna Jo