cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 

Community Translations

Kenshow
Esteemed Contributor

Hi,               

I would like to translate KBA232509(IDE) into Japanese.

Please confirm to my work.

Thanks,
Kenshow

0 Likes
3 Replies
JennaJo
Moderator
Moderator

Hi, Kenshow-san

Confirm to work this KBA.

Thanks, 

Jenna Jo
0 Likes
Kenshow
Esteemed Contributor

Hi Jenna-san,

Japanese translation was over.
Please check below.

Original KBA:
Traveo II Automotive Body Controller - FAQ – IDE - KBA232509

 

Thanks,
Kenshow

==============================

 

タイトル: TraveoII自動車ボディコントローラー – FAQ – IDE - KBA232509

 

5.IDE

 

5.1. サンプルドライバーライブラリ(SDL)でTraveo II IARプロジェクトのビルドを開始するにはどうすればよいですか?

SDLでTraveo II IARプロジェクトをビルドするには、次の手順に従ってください:

  • SDLパッケージをインストールします。プロジェクトの実行に使用するフォルダーにSDLファイルをコピーします。
  •  ..\TVII_Sample_Driver_Library_x.x.x\misc\tools\iar\Readme_Patch.txtSDL必要な対応するIARバージョンを確認してください
  • ..\TVII_Sample_Driver_Library_x.xx\misc\tools\iar\Readme_Patch.txtの手順に従って、IAR用のTraveoIIフラッシュローダーパッチをインストールします。
  • ..\TVII_Sample_Driver_Library_x.xx\[TraveoIIデバイスシリーズ]\tools \ iar\flashからIARワークスペースを選択して開きます  
  • IARでプロジェクトを開き、ビルドします。
5.2. SDL GHSプロジェクトでテスト中のデバイスのMPNを変更するにはどうすればよいですか?

SDLのReadme.txtファイルに記載されているサポートされているデバイスとリビジョンを確認してください。テストするデバイスが、そのSDLバージョンでサポートされているデバイスとリビジョンの下にリストされていることを確認します。必要なMPNとリビジョンを選択します。

GHSプロジェクトでは、tviixxx_common.gpjファイルにマクロDEVICE = MPNが含まれています。必要なデバイスの部品番号でMPNを更新します。

例:1Mデバイスの場合、tviibe1m_common.gpjファイルのDEVICEマクロをCYT2B78CAEに更新します。

デバイスのリビジョンを区別するために、SDLでサポートされている各リビジョンに対応するtviixxx_rev_x_template.gpjファイルがありますtviixxx_rev_x_template.gpjxリビジョンを示します。

例:1Mデバイスの場合、使用可能なテンプレートはtviibe1m_rev_b_template.gpj、   tviibe1m_rev_c_template.gpj、およびtviibe1m_rev_d_template.gpjテンプレートです。

5.3. Miniprog4AutoFlash Utilityを使用してデバイス上で操作を行うにはどうすればよいですか?

Miniprog4とAutoFlash Utilityを使用してデバイスで操作を実行するには、次のことを確認してください:

  • デバイスに電力が供給されています。
  • 他のデバッグインターフェイスはアクティブまたは接続されていません。
  • Miniprog4はボードとPCに接続されています。
  • Auto Flash Utilityがインストールされています。

目的を達成するため、以下のコマンドを使用します。パスC:\Program Files (x86)\Cypress\Cypress Auto Flash Utility 1.0からコマンドを実行します。

これらのコマンドは、CYTVII-BH-8M-320-CPU-REVCEVKの8Mデバイスでテストされました。これらは、他のデバイスファミリ(1M、2Mなど)で使用できます。cfgtraveo2_8m.cfg)ファイル、セクタインデックス、フラッシュアドレス、フラッシュサイズなどのパラメータに適切な変更を加えます。

サンプルコマンド:

            すべて消去

bin\openocd.exe -s scripts -f interface/kitprog3.cfg -f target/traveo2_8m.cfg -c "kitprog3 acquire_config on 3 0 1" -c "init;reset init;erase_all;shutdown"

 アドレスを指定してWorkFlashを消去:

bin\openocd.exe -s scripts -f interface/kitprog3.cfg -f target/traveo2_8m.cfg -c "kitprog3 acquire_config on 3 0 1" -c "init;reset init;flash erase_address 0x14000000 262144; shutdown"

次のアドレスでCodeFlashを消去:

bin\openocd.exe -s scripts -f interface/kitprog3.cfg -f target/traveo2_8m.cfg -c "kitprog3 acquire_config on 3 0 1" -c "init;reset init;flash erase_address 0x10000000 8585216; shutdown"

アドレス付きのフルチップ消去:

bin\openocd.exe -s scripts -f interface/kitprog3.cfg -f target/traveo2_8m.cfg -c "kitprog3 acquire_config on 3 0 1" -c "init;reset init;flash erase_address 0x14000000 262144; flash erase_address 0x10000000 8585216; shutdown"

セクタ参照で WorkFlash を消去:(CodeFlash WorkFlash の両方がシングルバンクモードの場合、バンク-0 CodeFlash、バンク-1 WorkFlash を示します)

bin\openocd.exe -s scripts -f interface/kitprog3.cfg -f target/traveo2_8m.cfg -c "kitprog3 acquire_config on 3 0 1" -c "init;reset init;flash erase_sector 1 0 last; shutdown"

セクタ参照でCodeFlashを消去:(CodeFlaskhWorkFlashの両方がシングルバンクモードの場合、バンク-0CodeFlash、バンク-1WorkFlashを示します)

bin\openocd.exe -s scripts -f interface/kitprog3.cfg -f target/traveo2_8m.cfg -c "kitprog3 acquire_config on 3 0 1" -c "init;reset init;flash erase_sector 0 0 last; shutdown"

セクタ参照を使用したフルチップ消去:

bin\openocd.exe -s scripts -f interface/kitprog3.cfg -f target/traveo2_8m.cfg -c "kitprog3 acquire_config on 3 0 1" -c "init;reset init;flash erase_sector 1 0 last; flash erase_sector 0 0 last; shutdown"

メモリ位置の読み取りWorkFlash

bin\openocd.exe -s scripts -f interface/kitprog3.cfg -f target/traveo2_8m.cfg -c "kitprog3 acquire_config on 3 0 1" -c "init;reset init;dump_image M:/dump_work.bin 0x14000000 262144; shutdown"

メモリ位置の読み取りCodeFlash

bin\openocd.exe -s scripts -f interface/kitprog3.cfg -f target/traveo2_8m.cfg -c "kitprog3 acquire_config on 3 0 1" -c "init;reset init;dump_image M:/dump_code.bin 0x10000000 8585216; shutdown"

メモリ位置の読み取りWorkFlashおよびCodeFlash

bin\openocd.exe -s scripts -f interface/kitprog3.cfg -f target/traveo2_8m.cfg -c "kitprog3 acquire_config on 3 0 1" -c "init;reset init;dump_image M:/dump_work.bin 0x14000000 262144; dump_image M:/dump_code.bin 0x10000000 8585216; shutdown"

CM0+ コアをプログラム:

bin\openocd.exe -s scripts -f interface/kitprog3.cfg -f target/traveo2_8m.cfg -c "program c:/cm0plus.elf.srec verify reset; exit”

CM7コアをプログラム:

bin\openocd.exe -s scripts -f interface/kitprog3.cfg -f target/traveo2_8m.cfg -c "program c:/cm7_0.elf.srec verify reset; exit”

デバイスをプログラム:

bin\openocd.exe -s scripts -f interface/kitprog3.cfg -f target/traveo2_8m.cfg -c "program c:/cm0plus.elf.srec verify" -c "program c:/cm7_0.elf.srec verify reset; exit"

5.4. フラッシュと消去のほかに、デバッグにMiniProg4ツールを使用できますか?

はい、IDEとしてIAR Embedded Workbenchを使用すると、MiniProg4を使用してデバッグとフラッシュを行うことができます。IARで、Project > Options > Debugger > Driverに移動しCMSIS-DAPを選択します。CategoryでCMSIS-DAPを選択しInterfaceSWDを選択します。JTAGはMiniProg4ではサポートされていないことに注意してください。もう一つのオプションは、Miniprog4とAutoFlashユーティリティを使ってGDBサーバーをセットアップし、デバッグに使用することです。

5.5. Traveo IIGDBを使用することは可能ですか?はいの場合、どうすれば設定できますか?

はい、Traveo IIデバイスをJlinkまたはMiniProg4ツールに接続し、自動フラッシュユーティリティに移動して、次のコマンドを発行できます:

openocd -s ../scripts -f interface/jlink.cfg -f target/traveo2_1m_a0.cfg

上記のコマンドでは、"traveo2_1m_a0.cfg "はTraveo II 1Mデバイス用です。他の Traveo II デバイスの場合は、それに合わせて置き換えてください。同様に、jlink ツールの代わりに Miniprog4 を使用している場合は、jlink.cfg を kitprog3.cfg に置き換えてください。]

このコマンドは、GDBサーバーをセットアップし、コンソールにポート番号を表示します(通常は3333です)。IPはローカルホスト(127.0.0.1)です。このTCP / IPアドレスはGDBベースのデバッガーツールに提供できるため、Traveo IIデバイスのデバッグに使用できます。GDBサーバーは稼働し続ける必要があることに注意してください。そうでない場合は、デバッグセッションが終了します。

5.6. サイプレスサンプルドライバーライブラリ(SDL)をインストールしましたが、ビルドが成功した後でも、サンプルプロジェクトをフラッシュまたはデバッグできません。理由は何でしょうか?

原因として考えられるのは、ターゲットデバイス用の適切なフラッシュローダ(IAR)または.odbファイル(GHS)がないか、最新のものではないことです。SDLには、IARおよびGHSツール用のパッチが付属しており、..\TVII_Sample_Driver_Library_x.x.x.x.misc\toolsフォルダにあります。対応するフォルダ(IARとGHS用)のreadme.txtファイルを参照して、パッチが適用されていることを確認してください。

 

==============================

5-Mar-2021
Kenshow

 

0 Likes
JennaJo
Moderator
Moderator

Hi, Kenshow-san

https://community.cypress.com/t5/Knowledge-Base-Articles/TraveoII%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E3%83%9...

 

Well receive your translation, and it is now published to web.

Thank you for your contribution.

You will be rewarded as a point.

Best regards,

Jenna Jo
0 Likes