cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 

Community Translations

Esteemed Contributor

Hi,

I'd like to translate KBA230047 into Japanese.

Note: To make the story easier to understand, I added a few screen shots.

moto

Original KBA: KBA230047

Passing a parameter from Custom component to an Internal Component – KBA230047

Translated by:  MoTa_728816

==============================

タイトル:パラメータをカスタムコンポーネントから内部コンポーネントにわたす方法 - KBA230047

ヴァージョン:**

質問:

カスタムコンポーネントから既存の内部コンポーネントにパラメータをわたすのに、どのように component expression view を使用するのですか?

回答:

以下の手順でカスタムコンポーネント ("custom_clock") から内部のコンポーネント (この例では clock) にパラメータ ("my_parameter") をわたす方法を示します:

1. プロジェクトを作成して、workspace explorer の component タブへ移動してください。

2. カスタムコンポーネントの回路図 (schematic) ファイルを作成するために:component タブへ移動して、workspace explorer 内のプロジェクトを右クリックし、表示されるポップアップメニューから Add Component Item... を選択します。Add Component Item ダイアログボックスで Implementation の下にある schematic を選択して、コンポーネント名 (custom_clock) を入力してから Create New をクリックしてください。

図 1. ステップ 2

001-pastedImage_8.png

3. 図 2 のように回路図ファイル上に clock コンポーネントをドラッグ&ドロップしてください。今回はデジタル出力端子 (Digital Terminal Out) を clock コンポーネントに接続します。端子名を Terminal_out と変更してください。必要に応じて好きなコンポーネントを追加することが可能です。

図 2. ステップ 3

002-Figer2_step3.JPG

4. コンポーネントのシンボルを作成するために、回路図 (.cysch file) の空白部分で右クリックして表示されるポップアップメニューから Generate Symbol を選択してください。これで図 4 のようにカスタムコンポーネントのシンボルが生成されます。

図 3. ステップ 4

003-pastedImage_30.png

図 4. 生成されたカスタムコンポーネントのシンボル

004-pastedImage_35.png

5.1. このコンポーネントにパラメータ ("my_parameter") を追加するために、シンボルファイルの空白部分で右クリックをして Symbol parameters を選択します。

図 5.1 .ステップ 5

004-Figure3-symbol_parameters.JPG

5.2 表示される Parameters Definition ダイアログの右上のプラス( + ) サインをクリックします。

図 5.2. ステップ 5

005-Parameters_Definitions.JPG

5.3 表示された Create Parameter Definition ボックスの Param name に my_parameter を入力して OK をクリックします。

図 5.3. ステップ 5

005-pastedImage_49.png

図 6. 新規に追加されたパラメータを表示している Parameter Definition box

006-pastedImage_51.png

本例では 'my_parameter’ の値が内部のコンポーネント (clock) にクロックの周波数設定としてわたされます。

6. Tools > Options へ移動してください。Design Entry > Component CatalogEnable Param Edit View box を有効にします。その後 OK をクリックしてください。

図 7.  ステップ 6

007-pastedImage_61.png

7. コンポーネントダイアログボックスを開くためにコンポーネント (clock) をダブルクリックしてください。Basic タブを右クリックして表示されるドロップダウンメニューから Show Expression View を選択してください。

図 8. ステップ 7

008-pastedImage_72.png

図 9 のようにコンフィグレーションボックスが表示されます。

図 9. show expression view を選択して表示されるコンフィグレーションボックス

009-pastedImage_82.png

8. “my_parameter” の値をわたすのに使用される desired_freq の値を “$” で始まるパラメータ名に変更します。例えば “$my_parameter” となります。

図 10. ステップ 8

010-pastedImage_93.png 

9. これで作業は終了です。“custom clock” コンポーネントの “my_parameter” の値を変更すると自動的にコンポーネント内にある clock コンポーネントの周波数が変更されます。

==============================

6-May-2020

moto

0 Likes
Reply
1 Reply
Employee

Hello, Tanaka-san

We receive your translation, it will be published to KBA to Community.

After upload, You will receive the points as the word of KBA.

Due to the current delay of processed work, Please bear with me for the delayed the response.

It could be delayed, but it will be processed soon.

Thanks for your contribution to CDC!

Will keep you update the status.

Thanks,

Jenna Jo

Jenna Jo
0 Likes
Reply