cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 

Community Translations

Esteemed Contributor

Hi,

I'd like to translate KBA216142 into Japanese.

moto

Original KBA: KBA216142

Interfacing PSoC 3/ PSoC 5 to an External Device with Different Voltage Levels - KBA216142

Translated by: MoTa_728816

==============================

タイトル:PSoC 3/ PSoC 5 を電圧レベルの異なる外部デバイスに接続する - KBA216142

ヴァージョン: *B

質問:

電源 5V で動作している PSoC® 3/ PSoC® 5LP を 3.3V デバイス (例えば 3.3V キャラクタ LCD) と一緒に使用するのにはどうしたら良いですか?

回答:

PSoC® 3/5LP デバイスでは、I/O は 4つの領域に分割されています。VDDIO0, VDDIO1, VDDIO2, VDDIO3 はそれぞれの領域の I/O に電源を供給しています。そのため、各領域は他の領域と異なる電圧で I/O を駆動することが可能です。これは例えデバイスが 5V で動作していても、一つ以上の領域を 3.3 V ロジックレベルに設定することが可能です、それによってその領域の I/O は 3.3V で動作している外部のデバイスと接続することが可能です。

I/O のロジック電圧レベルを制御する為に、VDDIO ピンにリファレンス電圧を提供する必要があります。 PSoC 3/5LP では、デバイス内部でこのリファレンス電圧を発生することも可能です。電圧 DAC (VDAC) を使用して必要なリファレンス電圧を生成できます。VDAC の出力はドライブ能力を上げる (その領域全体で 25 mA のソース/シンク) 為にオペアンプバッファに送られます。オペアンプの出力は外部で VDDIOx に接続する必要があります。

この方法の利点は 電圧 DAC がリファレンス電圧に対して 8 bit のプログラムからの可変機能を有することです。これは必要であれば動作時に I/O のロジック電圧レベルを変更することが可能ということです。

図 1 に必要な接続を示します。

図 1

001-pastedImage_2.png

上図は領域 0 を (VDDIO0 を通して) 異なる I/O ロジック電圧レベルで動作させる方法を示しています。オペアンプの出力は 領域 3 に属する P3[6] に配線されます。領域 3 はデバイス電圧 (VDDIO3 をオープンとすることで、VDD = 5V) で駆動されます。上図の青い線は外部での結線を意味しています。

図 2 は 3.3V を生成するための DAC と オペアンプ の設定を示します。

図 2

002-pastedImage_14.png==============================

1-May-2020

moto

0 Likes
Reply
1 Reply
Employee

Hello, Tanaka-san

We receive your translation, it will be published to KBA to Community.

After upload, You will receive the points as the word of KBA.

Due to the current delay of processed work, Please bear with me for the delayed the response.

It could be delayed, but it will be processed soon.

Thanks for your contribution to CDC!

Will keep you update the status.

Thanks,

Jenna Jo

0 Likes
Reply