cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 

Community Translations

keni_4440091
Esteemed Contributor

Dear supporter

I want to translate the following KBA. Please confirm to my work.

Including CMSIS5 Library in a PSoC Creator project – KBA232412

Regards,

Nino

0 Likes
2 Replies
JennaJo
Moderator
Moderator

Hi, Nino-san

Confirm to work this KBA.

Thanks,

 

Jenna Jo
0 Likes
keni_4440091
Esteemed Contributor

Dear Jenna

The following shows the translation version in Japanese for targeted KBA.

Please confirm and double check.

Regards,

Nino

 

PSoC CreatorプロジェクトにCMSIS5ライブラリを組み込む – KBA232412

 

Version: **

 

この記事はCMSIS5用です。以前のCMSISバージョンに関する情報は、KBA90457を参照してください。

 

PSoC® Creator™ プロジェクトにCMSIS5ライブラリを組み込むには以下の手順を実行します。

 

  1. ここ- ARM.CMSIS.5.7.0.packから最新のARM® CMSISパックをダウンロードしてください。
  2. ダウンロードしたファイルの拡張子を.packから.zipに変更します。
  3. アーカイブファイルを展開します。
  4. 展開されたCMSISフォルダにあるCoreフォルダとDSPフォルダをコピーし、PSoC Creatorプロジェクトディレクトリに置きます。
  5. PSoC Creator Workspace Explorerでプロジェクトを右クリックし、Build Settingsを開きます。
  6. 以下に示すように、ARM GCC <version> > Compiler > General の下のAdditional Include Directories.\Core\Includeと .\DSP\Includeを追加します。

 

keni_4440091_2-1626747588280.png

 

注意: PSoC 6 MCUデバイスでは、<ARM_CPU> ARM GCC <version> > Compiler > Generalの下にAdditional Include Directoriesはあります。ここで、<ARM_CPU>は使用するArm CPUを示します。CM0+またはCM4の場合もあります。CMSIS-DSPコードを実行するために必要なCPUにのみ構成を追加してください。

7. ARM_MATH_XXプリプロセッサ定義を追加してください。ここで「XX」はデバイスに対応するArm CPUを表します。Arm CPUを定義するプリプロセッサの一部は、ARM_MATH_CM0, ARM_MATH_CM0PLUS, ARM_MATH_CM3, ARM_MATH_CM4です。

8. 以下のように、Linker > General > Additional Librariesの下にm (math library)を追加します。

 

keni_4440091_3-1626747636650.png

 

9. Additional Link Filesフィールドにある目的のデバイスのArm CPUに対応するDSP\Lib\GCC\ディレクトリにリンクファイルを追加します。例えば、Arm Core M3 デバイスでは、DSP\Lib\GCC\libarm_cortexM3l_math.aを選択します。

 

注意: PSoC6 MCUデバイスのCM4 CPUでは、PSoC Creatorを使用して直接有効にできないhardfpを使用するため、 libarm_cortexM4lf_math.aは直接使用できません。PSoC CreatorでPSoC 6 MCUのhardfpを有効にする方法はKBA222890を参照してください。

 

10. Apply をクリックし、OKをクリックします。

11. Workspace ExplorerSource Filesで右クリックし、Add > Existing Itemを選択し、使用する必要なすべてのソースファイルを追加します。ファイルをまとめるフォルダの追加もできます。

12. プロジェクトをビルドします。

 

0 Likes