cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 

Community Translations

Esteemed Contributor

Hi,

I would like to translate KBA229971 into Japanese.

Please confirm to my work

Thanks,

Kenshow

0 Likes
Reply
2 Replies
Moderator
Moderator

Kenshow-san,

Confirm for KBA translation.

Please work to do.

Thanks,

Jenna

Jenna Jo
0 Likes
Reply
Esteemed Contributor

Jenna-san,

Japanese translation was over.
Please check below.

Thanks.

Kenshow

Original KBA:

UDB-based I2S Component in a PSoC 6 MCU Project (PSoC Creator) – KBA229971

Translated by Kenshow

==============================

タイトル: PSoC 6 MCUプロジェクトでのUDBベースのI2Sコンポーネントのインポート(PSoC Creator)– KBA229971

バージョン:**

PSoC Creatorを使用してPSoC 6 MCUプロジェクトで既存のUDBベースのI2Sコンポーネント(PSoC®4およびPSoC 5LPデバイスで利用可能)を使用するには、以下を実行します

1. ワークスペースエクスプローラーの [ Components ]タブ に移動します。PSoC 6 MCUプロジェクトを右クリックし、[ Import Component ]を選択します

1. ワークスペースエクスプローラーでのコンポーネントのインポート

1.png  

2. [ mport Component ]ダイアログで 、次の選択を更新し、[ OK ]をクリックします。

2. UDBベースのI2Sコンポーネントのインポート

2.png  

インポートされたI2Sコンポーネントに関連付けられているすべてのファイルは、ワークスペースエクスプローラーの [ コンポーネント ]タブに表示されます。

3. 3 示すように「I2S_v_70.cystate」ファイルをダブルクリックし、PSoC 6アーキテクチャで以下の変更を行います。

   <State>Production</State>

   <Severity>None</Severity>

3 .cystateファイルの変更

3.png  

4. ワークスペースエクスプローラーにあるI2S_v2_70コンポーネントを右クリックし、[ Add component Item ]を選択します。で[ Add Component Item ] ダイアログにおいて、Implementationの下にあるSchematic Macro選択します。4示すように、Target generic deviceチェックを外し、Family ドロップダウンリストからPSoC 6を選択します。

4. 回路マクロの追加

4.png  

以下に示すように、新しい回路マクロ(I2S_v2_70_0..cymacro)ファイルがPSoC6フォルダーの下に作成されます。

5. PSoC 6の新しい回路マクロファイル

5.png  

5.ファイルI2S_Rx.cymacroI2S_RxTx.cymacroおよびI2S_Tx.cymacroをクロップし、それらをPSoC6フォルダーの下に追加します。以下に示すように、I2S_v2_70_01.cymacroファイルを削除します。

6. PSoC6フォルダーへの.cymacroファイルの追加

6.png  

注:インポートされたコンポーネントに接続されたピンが選択したデバイスでサポートされていないため、PSoC Creatorはエラーを表示します。

6. I2S_RxTx.cymacroファイルに移動し、sdisdosckwsに接続されている既存のピンを削除し、サポートされている入力ピンとクロックをsdiclock入力に接続します。 I2S_Rx.cymacroファイルとI2S_Tx.cymacroファイルについても同じ手順を繰り返します。

7. 互換性のあるピンとクロックを接続する

7.png  

7. コンポーネントをコンポーネントカタログに表示するには、I2S_RxTx.cymacroファイルを開き、回路図を右クリックして[ Properties ]を選択します。

8. コンポーネントカタログ

7.png  

8. [ Properties ]で、Doc.CatalogVisibilityExpressionDoc.MacroVisibleInCatalogの値をtrueに設定します(9参照)I2S_Rx.cymacroおよびI2S_Tx.cymacroファイルでも同様の変更を行います。

9. 回路図マクロのプロパティ

9.png  

9. I2S_v2_70.cysymファイルを開きます。10示すように、回路図を右クリックして[ Properties ] を選択し、設定をtrue設定します

10. 回路図のプロパティ

10.png  

10. I2S.cファイルで、include <CyLib.h> #include <project.h>に置き換えますI2C_PVT.hファイルで、#include <cytypes.h>を#include <project.h> に置き換えます。

11. I2S.cファイル

11.png  

11. 変更した後に保存し、プロジェクトでUDBベースのI2Sコンポーネントを使用します。

12.ワークスペースエクスプローラー

12.png

  

==============================

14-May-2020

Kenshow

0 Likes
Reply