cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 

Community Translations

keni_4440091
Esteemed Contributor

Dear supporter

I want to translate the following KBA. Please confirm to my work.

EZ-USB™ FX3 Explorer kit as 16-channel 100 MHz logic analyzer with sigrok PulseView - KBA233652

Regards,

Nino

0 Likes
2 Replies
JennaJo
Moderator
Moderator

Hi, Nino-san

Confirm to work this KBA.

Thanks.

Jenna 

Jenna Jo
0 Likes
keni_4440091
Esteemed Contributor

Dear Jenna

The following shows the translation in Japanese for targeted KBA.

Please confirm and double check.

Regards,

Nino

-----------------------------------------------------------

sigrok PulseViewを備えた16チャネル100MHzロジックアナライザとしてのEZ-USB™ FX3エクスプローラキット - KBA233652

 

Author: Ashwin Nair                 Version: **

 

EZ-USB™ FX3 Explorer kitはsigrok PulseViewを備えた16チャネル100MHz USB 3ロジックアナライザとして使用できます。(以下の手順は、どのFX3デバイスでも利用できることに注意してください。エクスプローラーキットは本KBAで使用され、必要な全てのIOは図1に示すようにこのキットで公開されます。)

keni_4440091_7-1627885734391.png

 

1. ロジックアナライザとしてのFX3エクスプローラキット(CYUSB3KIT-003

このKBAでは、PulseViewを備えたロジックアナライザとしてFX3エクスプローラキットを使用するために必要な手順を示しています。

 

手順:

  1. FX3デバイスのサポートは、pull-request#148を用いてsigrokプロジェクトに追加されます。行われた変更はアップストリームへのマージを待っています。cypress fx3をサポートする公式のPulseViewインストーラーは、プル要求がメインラインにマージされると、sigrok公式ダウンロードページ(link)で利用できるようになります。
  2. WindowsのPulseViewインストーラーは、sigrok-util レポジトリのsigrok-cross-mingw スクリプトを使用してビルドできます。スクリプトは、Cypress FX3でのサポートをテストするために、pull-request#148から変更された libsigrokを使用するように変更する必要があります。
  3. 生成されたインストーラーからPulseViewをインストールします。
  4. 以下に示すように、インストールされたPulseViewバージョンが「cypress-fx3」デバイスをサポートしているかどうかを確認します。
 

keni_4440091_8-1627885790654.png

 

2. サポートされているハードウェアデバイスのリストの中のcypress-fx3

5. USBブートモードを選択するためにジャンパーJ4を接続し、USB 3.0ケーブルを使用してキットをPCに接続します。

6. USBコントロールセンターを開きます。ボードはCypress FX3 USBブートローダーデバイスとして列挙されます。

7. FX3デバイスは、sigrokを用いて動作するためにWinUSB/libusbに紐付けられる必要があります。これは、I2C EEPROMにcypress-fx3-vid-pid-boot.img(FX3.zipフォルダーに添付)をダウンロードすることにより処理されます。 このイメージファイルは、Cypress FX3 USBブートローダーデバイスのVID/PIDを変更し、Zadigツールを使用してWinUSB/libusbに紐付けることができます。

 

keni_4440091_9-1627885819053.png

 

3. オンボードI2C EEPROMにイメージファイルをダウンロード

8. プログラミングが完了したら、ジャンパーJ4を取り外しI2C EEPROMから起動を選択し、「リセット」スイッチSW1を押します。

9. Zagdigツールを開き、Option > Show all devicesを選択します。リストからWestbridgeまたはUnknown Device #1を選択します。VIDおよびPIDが図3に示されているようになっている事を確認したら、ドライバーのインストールを選択します。

keni_4440091_10-1627885845040.png

 

4. WinUSBFX3デバイスを紐付け

 10. cypress-fx3.fw(FX3.zipフォルダに添付)ファイルをPulseViewインストールパスでsigrok-ファームウェアディレクトリにコピーします。例のパ氏としては、C:\Program Files (x86)\sigrok\PulseView\share\sigrok-firmwareです。cypress-fx3イメージファイルを生成するソースコードは、このKBAにcypress-fx3-src.zip(FX3.zipフォルダに添付)として添付されています。

11. PulseViewを開きます。Cypress FX3デバイスは自動的に検出されます。自動的に検出されない場合は、デバイスページに移動し、図5に示されているようにcypress-fx3デバイスをスキャンします。

 

keni_4440091_11-1627885870039.png

 

5. cypress-fx3デバイスをスキャン

12. Cypress FX3デバイスが表示され、PulseViewをキャプチャする準備が整います。

 

keni_4440091_12-1627885889037.png

13. 必要に応じてチャネルを構成し、キャプチャを開始するためにRunをクリックします。ボード上のDQ0 – DQ15ピンは、D0 – D15それぞれのチャネルとして機能することに注意してください。

14. PulseViewはキャプチャするために追加のプロトコルデコーダーもサポートします。キャプチャされたデータでSPIプロトコルアナライザーを使用する例を図6に示します。

keni_4440091_13-1627885933003.png

 

6. キャプチャされた信号をデコードするためにSPIデコーダーを使用

注意:

FX3.zipから以下のファイルをダウンロードします。

 

  • cypress-fx3.fw
  • cypress-fx3-src.zip
  • cypress-fx3-vid-pid-boot.img

 

添付

 

cypress-fx3-fw.zip

cypress-fx3-src.zip

cypress-fx3-vid-pid-boot-img.zip

 

Labels  USB: EZ-PD Type-C USB

Tags: cyusb3kit-003 Explorer kit EZ-USB™ fx3 logic analyzer PulseView sigrok Add tags

0 Likes