cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 

Community Translations

Kenshow
Esteemed Contributor

Hi,

I would like to translate KBA230114 into Japanese.

Please confirm to my work.

Thanks,

Kenshow

0 Likes
Reply
2 Replies
AikoO_51
Employee

Hi Kenshow-san,

Confirm the KBA,

Please work to do.

Thanks,

Aiko

Aiko Ohtaka
Infineon Technologies
0 Likes
Reply
Kenshow
Esteemed Contributor

Hi Aiko-san,

Japanese translation was over.
Please check below.

Original KBA:

Binding the Resistive Touch Component with emWin - KBA230114

  1. Thanks.

Kenshow

==============================

タイトル:抵抗膜式タッチコンポーネントをemWinにバインドする-KBA230114

バージョン:**

PSoC用の抵抗タッチコンポーネントのPSoC® 3/ PSoC 5LPデバイスは、4線式抵抗性タッチスクリーンとインターフェイスするために使用されます。このコンポーネントは、SEGGER emWinグラフィックライブラリのタッチスクリーン機能へのアクセスを提供し、抵抗を画面座標に変換します。詳細については、コンポーネントのデータシートを参照してください。

このKBAでは、使用しているディスプレイにベースとして、プロジェクトにemWinグラフィックライブラリが設定されていることを前提としています。Segger emWin Graphics Libraryのマニュアルを参照してください。

emWinグラフィックライブラリを設定するときにタッチスクリーン機能を許可するには、次の手順を実行します。

1. 1に示すように、RTOSサポートが必要かどうかによって、適切なライブラリフォルダを選択します。どちらもタッチスクリーン(ts)をサポートしますが、1つはRTOSサポート(os)をサポートし、もう1つはサポートしません(nos)。

1. EmWinライブラリ

1.png 

2. 手順1で選択したライブラリによって、パスにnostsまたはostsフォルダのヘッダーファイル(図2に示す)を含めます。

  • PSoC 5LPの場合
  • PSoC 3の場合\emWinGraphics_v5_46\Code\Include\PSoC3

2. インクルードディレクトリ

  2.png 

3.png 

3. GUIConf.hファイルでタッチのサポートを有効にします。以下に示すように、マクロGUI_SUPPORT_TOUCH を「1」に設定します。

/*********************************************************************

*

* Configuration of touch support

*/

#define GUI_SUPPORT_TOUCH (1) // Support a touch screen (req. win-manager)

/*********************************************************************

これでタッチをサポートするようにemWinライブラリを設定できましたので、ResistiveTouchコンポーネントをTopDesign回路図に追加し、アプリケーションをビルドします。

4.png 

5.png 

GeneratedSourceディレクトリのコンポーネントに対して生成されている.c / .hファイルに注意してください。図3に示すようにResistiveTouch.hファイルはemWinライブラリ固有のマクロを含んでいます。

3.抵抗膜式タッチemWinマクロ

  6.png 

以下を実行して、emWinライブラリをResistiveTouchコンポーネントにバインドします。

1. emWinGraphics_v5_46\Code\Source\PSoC3\Graphics LCD Controller\ GUI_X_Touch.cファイルをプロジェクトの.cydsnディレクトリにコピーします。たとえば、PSoC Creatorプロジェクトに「TouchScreen」という名前を付けた場合、図4に示すように、GUI_X_Touch.cファイルをTouchScreen.cydsnディレクトリに配置します。

4. プロジェクトディレクトリ

  7.png 

2. PSoC Creatorで、ソースファイルを右クリックし、図5に示すように、Add > Existing Item を選択します。

5. GUI_X_Touch.cファイルの追加

    8.png

GUI_X_Touch.cファイルには、抵抗膜方式タッチインタフェースを実装するためのハードウェア・ルーチンを提供します。プロジェクトターゲットがPSoC 3デバイスである場合、このファイルを変更する必要はありません。

PSoC 5LPデバイスの場合、このファイルを編集し、#include “device.h” #include “project.h”に変更して、アプリケーションをビルドします。

このファイルのToughルーチンは、図6に示すように、ResistiveTouch.h定義されたマクロを使用していることがわかります。

6. Toughルーチン

9.png 

これで、ResistiveTouchコンポーネントを操作するためのemWinライブラリのセットアップが完了しました。

タッチスクリーンを調整するには、emWinGraphics_v5_46\Documentation\ にあるEmWinユーザーおよびリファレンスガイドのセクション26.4 Touch screen driver 手順に従ってください。

emWinGraphics_v5_46\Resources\Samples\ ディレクトリのPSoC3およびPSoC4_5フォルダは、PSoC 3およびPSoC 5LPデバイスのリファレンスとしてそれぞれ使用できるTOUCH_Sample.cおよびTOUCH_Calibrate.c があります。

==============================

19-May-2020

Kenshow

 

0 Likes
Reply