2 Replies Latest reply on Apr 16, 2020 12:01 AM by JuyoungJ_06

    Community Translation - Importing Code Example into ModusToolbox IDE - KBA225201

    MoTa_728816

      Hi,

       

      I'd like to translate this KBA225201 into Japanese.

       

      moto

       

       

      Original KBA: KBA225201

      Importing Code Example into ModusToolbox IDE - KBA225201

       

      Translated by: MoTa_728816

      =======================

      タイトル: ModusToolbox IDE でサンプルコードをインポートする方法 - KBA225201

       

      このドキュメントは ModusToolbox IDE v2.0 を対象しています。 ModusToolbox 1.1 については方法が異なります。このドキュメントの以前の版をご覧になりたい場合にはコミュニティにログインしてください。 そして:

      ・このドキュメントの右上にあるヴァージョン番号表示をクリックしてください。

      ・表示される比較ウィンドウの左側からご希望のヴァージョンを選択してください。右側にあるレンダリングの比較は無視していただいて結構です。

      ・ ModusToolbox 1.1 についてはヴァージョン 7 のドキュメントをご参照ください。

      注意:現在のところ過去ヴァージョンは英語版でのみ参照が可能です。

      Importing Code Example into ModusToolbox IDE - KBA225201

       

      質問:

      ModusToolbox™ IDE にサンプルコードをインポートするのはどうのようにしたら良いですか?

       

      回答:

      サンプルコードは ModusToolbox 統合開発環境(IDE) 用でも、サードパーティ IDE 用にも作成することが可能です。このドキュメントは Cypress GitHub repository で見つけることのできる ModusToolbox 2.0 のサンプルコードを対象にしています。サンプルは一種類あるは多種類のキットをサポートするように設計されています。サンプルは GitHub にあることにご注意ください。サンプルコードを作成するためにはネットワーク接続が必要です。このドキュメントの画面コピーは Windows 版のツールを使用したときのものです。同様のツールが macOS でも Linux でも入手可能です。

       

      ModusToolbox IDE 用

       

      ModusToolbox IDE のQuick Panel 内の New Application をクリックしてください。

      pastedImage_7.png

      メニューから選択する場合 File > New > ModusToolbox IDE Application

       

      キットを選択して Next をクリックしてください。

      作成しようとしているサンプルコードはこのステップで選択したキットをサポートしている必要があります。

      pastedImage_0.png

       

      作成したいスターターアプリケーション(サンプルコード)を選んでください。

      必要であればアプリケーション名の変更も可能です。

      003-pastedImage_6.png

      Next をクリックして選択したもののサマリーを見ます...

       

      Finish をクリックしてアプリケーションを生成します。

       

      Project Explorer にアプリケーションが現れます。

      必要なリソースもソースファイルも GitHub からダウンロードされています、

      そのため多少時間がかる場合があります。

      004-download.png

       

      ダウンロードされたライブラリファイル (例えば、 PDL (Peripheral Driver Library) や CapSense ライブラリ) はプロジェクトの libs フォルダにあります。

      readme.md ファイルにサンプルの説明と使用方法が記載されています。

       

      サードパーティ IDE 用

       

      Project Creator ツールは ModusToolbox IDE の New Application ウィザードと同様の働きをします。

      当該ツールの場所は:

      <ModusToolbox install>/tools_n.n/project-creator.

       

       

      Project Creator ツールを起動してください。

      ツールは入手可能なサンプルを定義するのに必要なマニフェストを取得します。

      Next をクリックします。

      005-pastedImage_0.png

       

      お使いのキットを選択して Next をクリックしてください。

      作成しようとしているサンプルコードはこのステップで選択したキットをサポートしている必要があります。

      006-pastedImage_19.png

       

      作成したいスターターアプリケーション(サンプルコード)を選んでください。

      必要であればアプリケーション名の変更も可能です。

       

      サンプルコードを置きたい場所を指定してください。

      パス名の中にスペース(空白)が入らないように注意してください。

       

      Next をクリックして選択したもののサマリーを見ます...

      007-pastedImage_20.png

       

      アプリケーションを生成するために Create をクリックします。

      008-pastedImage_22.png

       

      アプリケーションに必要とされる全てのコード (必要なライブラリも含む)が、

      先のステップで選択した場所のアプリケーション名のフォルダの中に現れます。

      この処理には多少時間が掛かる場合があります。

      すべての必要なライブラリもローカルにコピーされて libs フォルダに現れます。

      その後、これらのソースファイルをお使いの IDE のプロジェクトに追加していただくことが出来ます。

      009-pastedImage_24.png

      =======================

       

      25-Mar-2020

      moto