CCGx Power SDKファームウェアでケーブルの検出を有効にする – KBA231210 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by NoTa_4591161          Version: **

     

    Translation - English: Enabling Cable Discovery in CCGx Power SDK Firmware– KBA231210

     

    質問:
    CCGx Power SDKファームウェアでケーブルの検出を有効にするにはどうすればよいでしょうか?

     

    回答:
    ケーブルの検出には、前提条件としてVCONNサポートが必要です。VCONNサポートを有効にするには、次の手順に従います。

     

    1. VCONN回路をCCGxデザインに追加します。

      1. VCONNソースには3.3 V5.0 V@ 650 mA以上)の電源を供給する必要があります。
      2. VCONN_CTRL_CCxは未使用のGPIOに配線する必要があります。

    VCONN回路のP MOS FETは、小容量(オン状態とオフ状態の両方)(<600 pF)および連続ドレイン電流(3.3 V > 1 W)でなければなりません。

     

     

     

    2. EZ-PDコンフィグレーションでケーブルの検出を有効にし、ファームウェアプロジェクトのconfig.cを更新します。

     

     

     

    3. VCONN制御関数をプロジェクトに追加し、DPMのアプリケーションコールバック関数に登録します。

    a. VCONN_CC1およびVCONN_CC2という名前の2つのピンをVCONNサポートのためにTopDesign.cyschに追加します。

     

     

     

    b. VCONNの制御関数は次のとおりです。

     

    #define VCONN_SUPPORT_ENABLE    (1)

     

    #if VCONN_SUPPORT_ENABLE

    #define VCONN_SWITCH_ON_VALUE (0)

    #define VCONN_SWITCH_OFF_VALUE (1)

     

    void pb_vconn_enable(uint8_t port, uint8_t channel)

    {

        if (channel == CC_CHANNEL_1)

        {

            VCONN_CC1_Write(VCONN_SWITCH_ON_VALUE);

        }

        else

        {

            VCONN_CC2_Write(VCONN_SWITCH_ON_VALUE);

        }

        /* ケーブルのRXプロトコルをリセットします */

    dpm_prot_reset_rx(port, SOP_PRIME);

        dpm_prot_reset_rx(port, SOP_DPRIME);

    }

     

    void pb_vconn_disable(uint8_t port, uint8_t channel)

    {

        if (channel == CC_CHANNEL_1)

        {

            VCONN_CC1_Write(VCONN_SWITCH_OFF_VALUE);

        }

        else

        {

            VCONN_CC2_Write(VCONN_SWITCH_OFF_VALUE);

        }

    }

     

    bool pb_vconn_is_present(uint8_t port)

    {

        bool state;

     

        if (dpm_get_info(port)->rev_pol == 0)

        {

            state = VCONN_CC1_Read();

        }

        else

        {

            state = VCONN_CC2_Read();

        }

     

        if (state == VCONN_SWITCH_ON_VALUE)

        {

            return true;

        }

     

        return false;

    }

    #endif  /* VCONN_SUPPORT_ENABLE */

     

    c. 更新された関数をDPMのアプリケーションコールバック関数に登録します。