QDRII+/DDRII+およびQDR IVのODT対応ピンのVtへの外部プルアップ抵抗の削除 - KBA82936 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by NoTa_4591161          Version: **

     

    Translation - English: Removal of External Pull-up Resistor® to Vt on ODT enabled pins for QDRII+/DDRII+ and QDR IV - KBA82936

     

    質問:

    QDRII+DDRII+QDR IV ODTパーツのODT対応ピンのVtへの外部プルアップ抵抗®を削除できますか?

     

    回答:

    はい、ODRQDRII+DDRII+QDR IVODT対応ピンで有効になっているため、外部プルアップ抵抗は不要です。QDRII+およびDDRII+デバイスでは、ODT抵抗の値はRQ抵抗(ZQピンに接続された抵抗)およびODTピンによって制御できます。ODTピンがHIGHの場合、ODT抵抗はRQ / 1.66となり、ODTピンがLOWの場合、ODT抵抗はRQ / 3.33となります。QDR IVデバイスの場合、ODT抵抗値は、ZQ / ZTピンに接続された抵抗の値と、「終端制御レジスタ」および「インピーダンス制御レジスタ」のビット設定に依存します。これらのレジスタの各ビットの設定に関する詳細は、それぞれのQDR IVデータシートで説明されています。

    VTL = Vddq / 2への外部プルアップ抵抗は、高速スイッチング速度でのシグナルインテグリティを向上させるために、HSTL入力の終端方式として通常推奨されます。ただし、ODT対応デバイスでは、ODT機能が有効な入力ピン(クロック、K / K#、データ入力、およびQDRII+ / DDRII+、クロック、アドレス、コマンド、 QDR IVのデータピン)。これらのピンに終端抵抗は必要ありません。詳細については、アプリケーションノートAN42468-On-Die Termination for QDRII + / DDRII + SRAMs and AN84060-QDR®-IVDesign Guide参照願います