ModusToolbox v2.0/2.1からv2.2へのアプリケーションの移行 - KBA231080 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by NoTa_4591161 Expert             Version: **

     

    Note古いバージョンのModusToolbox®v1.1)用に作成されたアプリケーションを移行する場合は、ModusToolbox v1.1からv2.xの移行- KBA229043をご参照願います。

     

    ModusToolbox 2.2は、ツールのv2.0/2.1を使用して作成されたアプリケーションを完全にサポートしています。つまり、既存のアプリケーションをv2.2ツールとコンフィギュレーターで使用でき、アプリケーションを変更する必要はありません。ボードサポートパッケージ(BSP)やライブラリなどのアプリケーションの依存関係も、ModusToolbox 2.2でサポートされる最新の利用可能なバージョンに更新できます。

     

    ModusToolbox 2.2リリース以降、MTBフローと呼ばれる、アプリケーションを構造化する新しい方法が開発されました。このフローを使用すると、アプリケーションはBSPおよびライブラリを共有できます。必要に応じて、異なるアプリケーションが同じBSP /ライブラリの異なるバージョンを使用できます。リソースを共有すると、コンピューター上のファイルの数が減り、その後のアプリケーション作成時間が短縮されます。共有BSP、ライブラリ、バージョンは、デフォルトではアプリケーションディレクトリに隣接する新しいmtb_sharedディレクトリにあります。共有BSPまたはライブラリを簡単に切り替えて、特定のアプリケーションのローカルにしたり、共有に戻したりできます。詳細については、「ライブラリマネージャーユーザーガイド」の「MTBフロー」セクションをご参照願います。

     

    将来的には、ほとんどのサンプルアプリケーションは新しいMTBフローを使用します。以前のフロー(現在はLIBフロー)を使用するアプリケーションは、通常、BSPとライブラリを共有しません。アプリケーションをMTBフローに移行して、ライブラリの共有などの新機能を活用できます。

     

    既存のアプリケーションをMTBフローに移行する最も簡単な方法は、最も近いModusToolbox 2.2アプリケーションから開始し、ソースコードを次のポートに移植することです。

     

    1. Project Creatorv1.2)またはEclipse IDE for ModusToolbox v2.2を使用して、類似のBSPおよびコード例を使用して新しいアプリケーションを作成します。検索フィールドで「mtb-flow」キーワードを使用して、MTBフローと互換性のあるアプリケーションを表示します。

     

    2.ライブラリマネージャー(v1.2)を使用して、必要なライブラリを追加します。

    選択したライブラリを共有フォルダ(チェックされている場合)またはアプリケーションのローカルフォルダ(チェックされていない場合)に配置するために使用できる新しい[ Shared ]チェックボックスが利用可能であることに注意してください。「Shared 」チェックボックスが存在することは、アプリケーションがMTBフローを使用することを示します。

     

    10.png

     

    3. デフォルトが希望どおりでない場合は、ライブラリのバージョンを選択します。MTBフローと互換性のあるバージョンのみが表示されます。すべてのライブラリを選択したら、[Update]ボタンをクリックします。

    Note MTBフローを使用し、PSoC 6 BSPをターゲットとするアプリケーションは、BSPバージョン2.0.0以降(最新の2.Xリリース)を使用する必要があります。PSoC 6 BSP v2.Xv1.Xリリースのメジャーアップデートであり、下位互換性はありません。

     

    4.ソースコードとアプリケーション構成を古いアプリケーションから新しいアプリケーションにコピーします。

     

    これでアプリケーションの移行が完了しました。

    次のセクションでは、理解を深めるために、LIBフローと比較して、MTBフローをサポートするアプリケーションの構造と内容の変更について説明します。上記の手順に従った場合、これらの変更は、MTBフローに既に更新されているコード例からModusToolbox 2.2ツールを使用してプロジェクト作成の一部として既に行われています。

     

    Makefile

     

    1. PSoC 6アプリケーションの場合、以下の変数を削除する必要があります:

     

    # Relative path to the "base" library. It provides the core makefile build infrastructure.

    CY_BASELIB_PATH=libs/psoc6make

     

    アプリケーションがMTBフローを使用していると検出されるには、アプリケーションのmakefileCY_GETLIBS_SHARED_NAMEおよびCY_GETLIBS_SHARED_PATH make変数が含まれている必要があります。これらの変数は、すべてのBSPおよびライブラリのソースコードが配置される共有ディレクトリの名前と場所を定義します。以下に示す値では、デフォルトでライブラリがmtb_sharedフォルダに配置されます。また、デフォルトでは、この共有ディレクトリは同じアプリケーションルートパス内のアプリケーションディレクトリに隣接して配置されます。ModusToolboxビルドシステムとmake変数の詳細については、ModusToolboxユーザーガイドをご参照願います。

     

    # Relative path to the shared repo location.

    CY_GETLIBS_SHARED_PATH=../

     

    # Directory name of the shared repo location.

    CY_GETLIBS_SHARED_NAME=mtb_shared

     

     

    2.複数の依存プロジェクトで構成されるアプリケーション(たとえば、デュアルCPUアプリケーション)の場合、いくつかの追加の変更が必要です。

     

    a. 通常、各依存プロジェクトは、アプリケーションフォルダー内の独自のフォルダー内にあります。CY_GETLIBS_SHARED_PATHの他のアプリケーションとライブラリを共有するために必要なの場合、変数は、依存プロジェクトフォルダに対して最大2つのレベルを指している必要があります:

     

    CY_GETLIBS_SHARED_PATH=../../

     

    b. 次の変数が存在する場合は削除します。

    # Link to the library folder

    CY_EXTAPP_PATH=../shared/libs

     

    # Link to the devicesupport.xml file

    CY_DEVICESUPPORT_PATH=$(CY_EXTAPP_PATH)/psoc6pdl

     

    # Get the absolute address where the Makefile is located

    mkfile_path := $(abspath $(lastword $(MAKEFILE_LIST)))

    mkfile_dir := $(dir $(mkfile_path))

     

    # Set path to the shared folders

    CY_GETLIBS_PATH=$(mkfile_dir)/$(CY_EXTAPP_PATH)

     

    c. 次の行をプライマリプロジェクトのメイクファイルに追加します。これにより、プライマリプロジェクトでmake getlibsを実行して、セカンダリプロジェクトでgetlibsを自動的に呼び出すことができます。<secondary_project_name>をセカンダリプロジェクトのフォルダ名に置き換えます。

     

    getlibs : getlibs_secondary

    getlibs_secondary:

    $(MAKE) -C ../<secondary_project_name>/ $(MAKECMDGOALS)

     

     

    CYIGNOREファイル

     

    アプリケーションは、.cyignoreファイルを使用して、ビルドプロセスからコードファイルまたはディレクトリを除外できます。

     

    既存のアプリケーションにcyignoreファイルの標準ライブラリへのパスが含まれている場合は、これらのパスを対応するSEARCH_ <ライブラリ名>変数に置き換えます。

    たとえば、「libs/psoc6cm0p」を$SEARCH_psoc6cm0p)に置き換えます。

     

    SEARCH_ <ライブラリ名>変数の値は、make getlibsの実行の一部として自動生成され、アプリケーションのlibsフォルダのmtb.mkファイルで利用できます。

     

    Note以下のライブラリ名が変更されました。示された新しい名前を使用してください:

     

    旧名

    新しい名前

    SEARCH変数

    psoc6pdl

    mtb-pdl-cat1

    $SEARCH_mtb-pdl-cat1

    psoc6hal

    mtb-things-cat1

    $SEARCH_mtb-hal-cat1

    psoc6make

    recipe-make-cat1a

    $SEARCH_recipe-make-cat1a

     

     

    .mtbファイル

     

    これらのファイルは、関連するBSP/ライブラリに関する情報を提供します。各.mtbファイルには以下が含まれます。

      • GitHubなど、コンピューターからアクセス可能なgitリポジトリーへのURL
      • 必要なライブラリのバージョンを示すgitコミットハッシュまたはタグ。
      • ライブラリを保存する場所へのパス。

     

     

    .mtb:ファイルには、<URI><COMMIT><LOCATION>というの形式の文字列が含まれています。例えば、

     

    https://github.com/cypresssemiconductorco/TARGET_CY8CPROTO-062-4343W#latest-v2.X#$$ASSET_REPO$$/TARGET_CY8CPROTO-062-4343W/latest-v2.X

     

    変数$$ ASSET_REPO $$CY_GETLIBS_SHARED_PATH / CY_GETLIBS_SHARED_NAMEで定義されたパスを指しているため、デフォルト値は../mtb_sharedです。

     

    ライブラリを共有ではなくアプリケーションに対してローカルにしたい場合は、$$ ASSET_REPO $$の代わりに$$ LOCAL $$を使用します。

     

    https://github.com/cypresssemiconductorco/TARGET_CY8CPROTO-062-4343W#latest-v2.X#$$LOCAL$$/TARGET_CY8CPROTO-062-4343W

     

    .mtbファイルを作成するには、2つの方法があります。

     

    1.ライブラリマネージャーの使用(BSP /ライブラリがサイプレスによって提供されているか、カスタムマニフェストファイルにある場合に該当):

      • ライブラリマネージャーを開き、アプリケーションディレクトリに移動します。
      • Shared列の下のチェックボックスを使用して、BSP /ライブラリを共有するかローカルにするかを指定し、Version 列からバージョンを選択します。
      • [Update ]ボタンをクリックして、変更を適用します。

     

    選択したライブラリの.mtbファイルがアプリケーションのdepsフォルダに作成されます。

     

    2. 既存のアプリケーションのdepsフォルダにある.libファイルを編集して、手動で.mtbファイルを作成します。.mtbファイルのコンテンツが正しい形式に従っていることを確認し、ファイル拡張子を.mtb変更します。

     

    Noteアプリケーションには、依存関係を宣言するために.libファイルまたは.mtbファイルのいずれかを含めることができますが、両方を含めることはできません。.mtbファイルが発見された場合、make getlibsプロセスで.libファイルは無視されます。

     

    Noteライブラリがマニフェストファイルにない場合、ライブラリマネージャーには表示されないため、手動で管理する必要があります。詳細については、ライブラリマネージャーユーザーガイドの手動ライブラリ管理セクションをご参照願います。