直接フィードバックにおけるCCG3PA抵抗分割のネットワーク:設計ガイドライン - KBA31220 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by NoTa_4591161 Expert     Version: **

     

    Translation - English: CCG3PA Resistor Divider Network in Direct Feedback: Design Guidelines - KBA31220

     

     

    ダイレクトフィードバックアプリケーションでは、CCG3PADC-to-DCのフィードバックピンに接続されたIDACを使用して、コンバーターの出力電圧を制御します。VBUS電圧の変更が必要な場合は常に、CCG3PAは必要な電圧変更の量に基づいて、フィードバックノードで比例電流をソースまたはシンクします。電源投入時のVBUSのデフォルト値が5 Vの場合、CCG3PAのフィードバックピンは1.2 Vに近いはずです

    Capture.PNG

    1. 抵抗分圧

     

    1.2 Vの同じデフォルトフィードバックターゲット電圧を持つコンバーターの場合、2つの抵抗分割のネットワークが必要です。PPS電圧ステップは20 mVであるため、R120 mV / 0.1 uA = 200kΩである必要があります。R1が解決されると、R2は式V FB =5V * R2/R1 + R2)から計算できます。R2の推奨値は68kΩです。

     
    Capture.PNG

    2 . 抵抗分圧

     

    TI LM5175TI LM5176TI LM34396などのフィードバックターゲット電圧が低いコンバーターの場合は、3つの抵抗分割器ネットワークが必要です。PPS電圧ステップ要件のため、R1は依然として200 k beである必要があります。DCDCのフィードバックターゲット電圧がV ref場合、R2R3に正しい値を設定して、V FBCCG3PA = 1.2およびV FBDCDC = V ref。これら2つの方程式を解くと、次のようになります。

     

    R2 = 63157.894 – 52631.833 * V ref

    R3 = 52631.833 * V ref

     

    さまざまな基準電圧に基づく抵抗の一般的な使用値を表1に示します。

     

                                                             

    V refVR1R2R3デフォルトのVBUS値(V
    0.620031.631.64.997
    0.720026.136.55.036
    0.82002142.24.99
    0.920015.847.54.989
    120010.552.35.025

    1. クイックリファレンステーブル

    CCG3PA電源アダプタ設計の詳細については、AN218238をご参照願います。