[Windowsのみ] KitProg3 v2.10にアップグレードした後、デバッグ/プログラミングツールが機能しない - KBA231027 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by  NoTa_4591161 Expert           Version: **

     

    Translation - English: [Windows Only] Debug/Programming Tools Do Not Work After Upgrading to KitProg3 v2.10 - KBA231027

     

    問題:

    Windowsにおいて、更新後のKitProg3v2.10PSoC® Creator™PSoC ProgrammerCapSense® Tunerおよびブリッジコントロールパネルは、デバイスに接続することはできません。この動作の症例は、KitProg3デバイスが使用可能であるが、ツールで選択できないことです。

     

    バックグラウンド:

    KitProg3の以前のバージョンは、 HIDエンドポイントを使用してI2C/SPIブリッジを実装しています。バージョン2.10以降では、ブリッジングはバルクエンドポイントに実装され、パフォーマンスが向上させています。更新後、Windowsは、バルクエンドポイント用の適切なドライバー「winusb」の代わりに、I2C/SPIブリッジ用の古いドライバー「hidusb」を引き続き使用します。

     

    解決:

    USBドライバーを手動で削除するには、次の手順を実行します。

    1. デバイスマネージャーで、 KitProg3デバイスのための複合デバイスを見つけます。
      1.1
      コンテナごとにビューをデバイスに変更します。
      1.2 KitProg3 CMSIS-DAP
      またはMiniProg4 CMSIS-DAPを見つけてコンテナを開きます
            
    2. [ USB Composite Device ]を右クリックし、[ デバイスのアンインストール ] を選択します
    3. [ ハードウェア変更のスキャン]をクリックします。