ModusToolboxでのカスタムBSPの作成 - KBA230822 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by NoTa_4591161          Version: **

     

    Translation - English: Creating Custom BSPs in ModusToolbox - KBA230822

     

    ModusToolbox™は、ミドルウェアおよびアプリケーションがハードウェアを構成および制御するために使用するボードサポートパッケージ(BSP)を使用します。2種類のBSPPSoC 6WICED® Bluetooth)を現在のModusToolboxはサポートしております。ModusToolboxはデフォルトでさまざまなBSPを提供しますが、BSPが開発された開発キットに限定されます。したがって、ModusToolboxにカスタムハードウェアを追加する前に、そのためのBSPを作成する必要があります。

     

    これを始める前に、ModusToolboxソフトウェアをインストールします。https://www.cypress.com/products/modustoolbox-software-environmentを参照してください。

     

     

    1.   カスタムPSoC 6 BSPを作成する

    カスタムPSoC 6 BSPを作成する最良の方法は、ボード仕様に精密に一致するBSPから始めて、それをカスタマイズすることです。たとえば、ボードに2 MBのフラッシュを備えたPSoC 6 MCUデバイスが含まれている場合、2 MBのフラッシュを備えたPSoC 6を含むCY8CPROTO-062-4343WキットのBSPから始めて、ボードに合うように変更していきます。

    このセクションでは、ModusToolboxPSOC6-GENERIC)のテンプレートBSPに基づいてカスタムBSPを作成する方法を説明します。これらの手順では、ModusToolbox用のEclipse IDEを使用します。

     

    1. File > New > ModusToolbox Application選択します

    1. ModusToolboxアプリケーションを作成する

         

     

    2. PSOC6-GENERICを選択し、[ Next ]をクリックします。

    2. キットを選択する

     

     

    3.表示されるSelect Application dialogダイアログで、[ Empty PSoC6 App ]を選択して[ Create ]をクリックします

    3

     

     

    デフォルトでは、Empty_PSoC6_AppにはCY8CPROTO-062-4343WPSOC6-GENERIC BSPが含まれていることに注意してください。

     

    4.クイックパネルからライブラリマネージャーを開き、Active BSPCY8CPROTO-062-4343Wを選択します。

    4

        

     

    5.(オプション)2つ以外のBSPから独自のBSPを生成する必要がある場合は、「PSoC 6 BSPs」グループから必要なBSPにチェックマークを付けて、「Active BSP」でそれを有効にすることができます。図5 は、CY8CKIT-062-BLEから独自のBSPを生成する方法を示しています。

    5

     

     

    6.次のいずれかを実行して、BSPを生成します。詳細については、ModusToolboxユーザーガイドを参照してください。

    a. CLIで対応するパラメーターを指定してmake bsp コマンドを実行します。LinuxおよびmacOSでは、任意のターミナルアプリケーションを使用できます。Windowsでは、modus-shellディレクトリ{ModusToolboxインストールディレクトリ}/tools_<version>/modus-shellに移動してCygwin.batを実行します

    b. ModusToolbox用のEclipse IDEBuild Targetsを作成します。これはより短いワークフローであり、再利用できます。

     

    たとえば、「CY8C624ABZI-D44MCUをサポートする「MyBSP」という名前のカスタムBSPを作成するには、次のようにします。

    CLIの場合:

    Empty_PSoC6_Appのルートから次のコマンドを実行します。

    make bsp TARGET_GEN = MyBSP DEVICE_GEN = CY8C624ABZI-D44

    ModusToolboxEclipse IDEで:

    1.プロジェクトエクスプローラーで、Empty_PSoC6_Appを右クリックし、[ Build Targets ] > [ Create ] を選択します

    6

       

    2.表示されるCreate Build Target ダイアログで、図7に示すように、[ Target name ]フィールドに次のように入力し、[ OK ]をクリックします。

    bsp TARGET_GEN=MyBSP DEVICE_GEN=CY8C624ABZI-D44

    7

     

     

    これにより、図8に示すように、「Empty_PSoC6_App」の下にリストされているビルドターゲットが作成されます。

    8

        

    make bspコマンドで使用されるパラメーターの詳細については、ModusToolboxユーザーガイドの「BSP Make Variables」セクションを参照してください。通常、表1にリストされている5つのパラメーターを指定します。

    1

       

    7. make bsp コマンドのパラメーターを指定し、対応するビルドターゲットをダブルクリックします。

    ビルドプロセスが実行を開始し、以下に示すようなログを生成します。

    9

        

    これにより、Empty_PSoC6_Appアプリケーションのルートディレクトリの下に作成したBSPがリストされます。ターゲットには、TARGET_GENパラメーターで指定した値を使用して名前が付けられます。この例では、「TARGET_MyBSP」と表示されます。

    10

       

     

    8.TARGET_MyBSP」フォルダ全体をプロジェクトディレクトリ(通常はlibsディレクトリの下)にコピーします。

    11

       

     

    9. プロジェクトのルートディレクトリの下にあるMakefileTARGET 変数を、作成したBSPの名前で更新します。これにより、元のBSPではなく、作成したカスタムBSPを使用してプロジェクトが確実にプログラムをビルドします。

    12

     

     

    10.プロジェクトをリビルドします。

    MyBSP」という名前の新しいディレクトリがビルドディレクトリの下に作成されます。これは、そのディレクトリ内のバイナリファイルがMyBSPを使用してビルドされていることを示します。これにより、カスタムBSPが正常に作成されたことを意味します。

    13

          

     

    11. クイックパネルの[ Documentation ]グループの[ PSOC6-GENERIC BSP]リンクをクリックしてドキュメントを表示し、デフォルト設定と独自のBSPを再構成する方法について学習します。

    14

       

     

     

    15

        

     

    2.カスタムWICED Bluetooth BSPを作成する

    ModusToolboxPSoC 6 MCUプロジェクトのカスタムBSPを作成する場合と同様に、カスタムWICED Bluetooth BSPを作成するには、クローゼットに一致する公式BSPから始めてカスタマイズします。ただし、このケースは2つの点でPSoC 6 BSPと異なります。

    • テンプレートとして使用できる汎用BSPはありません。
    • BSPは、WICED SDK内の1つの場所で管理され、プロジェクトディレクトリ内で個別に管理されません。

    次の例は、事前定義されたBSPCYW920819EVB-02」から「mybsp」という名前のカスタムBSPを作成する方法を示しています。 1. クイックパネルで[ New Application ]をクリックし、[ WICED Bluetooth BSPs ] CYW920819EVB -02選択して、[ Next ]をクリックします。これにより、ワークスペースにWICED SDKがデプロイされます。

     

    16 

      

     

    2. wiced_btsdkを選択し、[ Create ]をクリックしますこれにより、ワークスペースに共有プロジェクトとして「wiced_btsdk」が作成されます。これは一度だけ行う必要があることに注意してください。

    17

     

    3. \wiced_btsdk\dev-kit\bsp\移動し、同じフォルダにTARGET_CYW920819EVB-02コピーを作成して、名前を「TARGET_mybsp」に変更します。

     

    18

     

    4. TARGET_mybspに移動し、CYW920819EVB-02.mkを見つけて、名前をmybsp.mkに変更します

    19    

    5. TARGET_mybsp下にリストされているdesign.modusダブルクリックします。

    20 

      6. Device Configuratorを開いて、ピン構成を変更します。

    21

         これにより、BSPが構成されます。 7.作業プロジェクトディレクトリに移動し、ルートディレクトリの「Makefile」を開いて、変数を次のように変更します。

    • TARGETmybsp設定します
    • SUPPORTED_TARGETSおよびTARGET_DEVICE_MAPに「mybsp」を追加します。

    22

       

     

    8.プロジェクトを再ビルドして、「mybsp」に基づくバイナリファイルを生成します。

    これを確認するには、プロジェクトディレクトリの下の.\build\mybsp\ディレクトリを探しますこれは、そのフォルダ内のバイナリファイルが「mybsp」に基づいて生成されていることを示しています。

    23

       

     

    3.トラブルシューティング

    ModusToolboxユーザーガイド002-29893)を参照してください。