MoBL SRAMのバイトパワーダウン機能。- Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by KaKi_1384211           Version: **

     

    Translation - English: Byte Power Down feature in MoBL SRAMs

     

    【質問】

    Cypress MoBL SRAMのバイトパワーダウンは機能はどのようなピンコンフィギュレーションで機能しますか?

    または、BHE#BLE#の両方をディアサートするとデバイス選択は解除されますか?

    どのデバイスにバイトパワーダウン機能が搭載されていますか?

     

    【回答】

    特定のMoBL SRAMに搭載されているバイトパワーダウン(BPD)機能はチップイネーブルとしてBHE#BLE#の組合せを使用することにより

    選択されていない状態を作り出すことができます。これはBHE#BLE#を同時にディセーブルにするとI/Oはトライステート状態になることに

    加え、チップがスタンバイモードに切り替わることを意味します。I/Oがトライステート状態になっている時のデバイスの消費電力を削減するため、

    低電力アプリケーションに対して効果的な機能です。

    上記のバイトパワーダウン(BPD) 機能を搭載したMoBL SRAMの製品名はCY621x7xであり、逆にバイトパワーダウン(BPD) 機能を搭載していない

    MoBL SRAMの製品名はCY621x6xです。バイトパワーダウン(BPD)機能を搭載したCY621x7xシリーズのバイトイネーブルアクセス時間は

    tDBE = tACE(BHE#BLE#の組合せはチップイネーブルのような機能として動作) となります。一方、イトパワーダウン(BPD) 機能を搭載していない

    CY621x6xシリーズのバイトイネーブルアクセス時間はtDBE = tDOE(BHE#BLE#の組合せは出力イネーブルのような機能として動作) になります。