GPIFとスレーブFIFOモード間の選択 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by keni_4440091          Version: **

     

    Translation - English:  Choosing between GPIF and Slave FIFO modes

     

    質問:
    CY7C68013A GPIFモードとFIFOモードの強み/弱みは何ですか?より良い選択はどちらですか?

     

    回答:

    GPIFとスレーブFIFO間の選択は、実際はアプリケーションの本質に依存します。GPIFは、外部FIFOSRAMHPIポートのような外部デバイスがスレーブデバイスであるアプリケーションで使用されることが多いです。それはスティミュラスなソースのアプリケーションで実際はよく適合します。そして、転送するためのデータがどれくらいあるかの前知識は全てFX2にあります。FX2に配線される外部ペリフェラルはGPIFによって支配されるスレーブデバイスとして動作します。

     

    FX2が純粋に高速データパイプであるシステムでは、スレーブFIFOモードはより適合します。インターフェースは外部マスターとFX2の間で合理化され、実際にはFPGAまたは外部マイクロコントローラがすでにある大きなシステムでは、スレーブFIFOモードは最も理にかなっています。スレーブFIFOモードを使用すると、GPIFの使用方法を理解するために求められる学習曲線も削減されます。FX2がスレーブFIFOモードで動作している場合、FX2に配線される外部ペリフェラルはFX2LP FIFOへのマスターとなります。

     

    パフォーマンスの観点から、ファームウェア(8051)はGPIFアプリケーションの起動を行うため、データ転送が両方向で処理される場合、一部のファームウェアオーバーヘッドが起きる場合があります。スレーブFIFOモードでは、AUTOOUT/AUTOIN=1で、外部マスターはスレーブFIFOインターフェースを介して直接データを転送することができます。一番いいスループットは、スレーブFIFO同期タイミングを使用している時に達成することができます。