PSoC 3/ PSoC 5LPの設計およびプログラミングチェックリスト – KBA208166 - Community Translated (JA)

Version 1

    Community Translated by keni_4440091          Version: **

     

    Translation - English:  Design and Programming Checklist for for PSoC® 3/ PSoC 5LP – KBA208166

     

    質問:

    MiniProg3で適切にプログラムするためのPSoC 3/ PSoC 5LPボードの設計を行うための最少の接続は何ですか?

     

    回答:

    プロジェクトをプログラムする前にPSoC 3/
    PSoC 5LP
    設計で下記を確認して下さい。図1は全ての電圧(VDDVDDDVDDAVDDIO0からVDDIO3まで)およびグランド(VSS)ピンの接続を示しています。

    • PSoC 3/ PSoC 5LPの両方のVCCDピンが、可能な限り最小トレース長でお互い短絡されています。
    • 1に示すように、全ての電圧(VDDIO)ピンが容量に接続されています。そして、容量(0.1 uF)がPSoC 3/ PSoC 5LP VDDIOピンに非常に近くする必要があります。
    • 1-uFの容量はメインの電源供給(VDDDおよびVDDA)の近くに接続されます。
    • VDDDは常にVDDAよりも低いか、または等しくなるようにして下さい。VDDD ≤ VDDA
    • VCCDおよびVCCAPSoC 3/ PSoC 5LPの内部レギュレータの出力です。全てのVDDIOVDDD、およびVDDAピンに電圧を供給します。

    VCCDおよびVDDA電圧が1.80 Vであることを確認して下さい。


    1PSoC 3/ PSoC 5LPデバイスの電圧およびグランド接続

     

    1)  SWDプロトコルを使用してMiniProg3PSoCデバイスをプログラムするためには、下記の接続を確認して下さい。SWDプロトコルはMiniProg3の110-ピンコネクタ同様に5-ピンコネクタで動作します。

    a.   PSoC 3/ PSoC 5LPP1[0]MiniProg3SDWIOピンに接続する必要があります。

    b.   PSoC 3/ PSoC 5LPP1[1]MiniProg3SDWCKピンに接続する必要があります。

    c.    PSoC 3/ PSoC 5LPおよびMiniProg3両方のグランドはお互いに接続する必要があります。

    d.   PSoC 3/ PSoC 5LPデバイスをプログラミングする2つのモードがあります。

    リセットモード:

    I.      外部電源供給を使用するかまたはMiniProg3プログラマーからPSoC 3/ PSoC 5LPに電源供給することができます。

    1.     外部電源供給オプションから電源供給する場合: PSoC 3/PSoC 5LP電源ピンにMiniProg3VTARGピンを接続して下さい。

    2.     MiniProg 3から電源供給する場合: PSoC 3/ PSoC 5LP VDDDVDDA およびVDDIO1ピンにMiniProg3VTARGピンを接続して下さい。他のオプションはMiniProg3を使用して全てのVDDに電源を供給します。

     

    II.     MiniProg3XRESピンをPSoCデバイスのXRESピンに接続して下さい。

    デバイスにXRESピンがない場合、MiniProg3XRESピンをPSoC 3/ PSoC 5LPP1[2](構成可能リセット)ピンに接続し、CYDWRファイルのシステムタブのPSoC Creatorプロジェクトの構成可能なXRESピンオプションを有効にして下さい。

     

    パワーサイクルモード:

     

    I.      このモードはMiniProg3Rev*Bバージョンでだけ動作します。(バージョンはMiniProg3White Stickerで有効です)

    II.     このモードでPSoCデバイスに外部電源供給はしないで下さい。このモードは、MiniProg3PSoCデバイスに電源供給している場合にのみ動作しますIII.    PSoC3/5XRESピンとMiniProg3XRESピンを接続するためのオプションです。

    IV.   VDDDVDDA、およびVDDIO1PSoC3/5VTARGピンを接続して下さい。または、MiniProg3を使用して全てのVDDピンに電源を供給できます。

     

    注意:ここでVDDVDDDVDDAVDDIO0VDDIO1VDDIO2、およびVDDIO3のような全ての電源ピンを意味します。

    2)JTAGプロトコルを使用してMiniProg3でプログラミングをするためには、下記の接続を行って下さい。SWDプロトコルのために指定された全ての点はJTAGプロトコルでも有効です。

    a. MiniProg3TDOピンをPSoC3/5P1[3]と接続して下さい。

    b. MiniProg3TDIピンをPSoC3/5P1[4]と接続して下さい。

     

    詳細な情報は、http://www.cypress.com/documentation/developmentkitsboards/cy8ckit-030-psoc-3-development-kitで利用可能なCY8CKIT-030の回路図を参照して下さい。